ウォーキングに最適な観光スポット

上高地の散策路

旅に出ると気づくと普段よりも長く歩いていることが多いですよね。

がっつりウォーキングをしようと意識しなくても、観光をするだけでいつのまにか運動になってしまっているそんなお得な観光地を今回はとりあげてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

春から秋にかけて散策が楽しい観光スポット

上高地(長野県松本市)

上高地は長野県を代表する観光スポットで、澄んだ水と綺麗な景色が楽しめる、散策路の歩きやすさなどバランスがとれた観光地です。

 

上高地についての記事はこちらをどうぞ

 

八千穂高原(長野県南佐久郡)

八千穂高原は北八ヶ岳の麓にあり、日本一の白樺の群生地が見れる観光スポットです。

 

八千穂高原についての記事はこちらから

 

白駒池(長野県南佐久郡)

白駒池は上記の八千穂高原からも近く、標高が2115メートル地点の池のまわりを一周しながら苔の森をウォーキングする散策路が整備されている観光スポットです。

 

白駒池についての記事はこちらから

 

栗林公園(香川県)

栗林公園は広大な日本庭園を鑑賞しながら、適度に傾斜がついた道を散策できる観光スポットです。

 

栗林公園についての記事はこちらから

 

 

戸隠奥社(長野県長野市)

戸隠奥社入り口か奥社まで片道2キロメートルの道のりを歩きます。

途中の杉並木の巨木が立ち並ぶ道が見事です。

 

戸隠についての記事はこちらから

 

 

 

 

登り降りの傾斜があり少し負荷がかかる場所でも大丈夫な方向け

羽黒山(山形県)

羽黒山の入口の随神門から爺杉、五重の塔あたりまでは下りとゆるやかな道が続くので、五重の塔で引き返す場合はそれほど傾斜はありませんが、五重の塔から三神合祭殿までの石段の上り坂が結構きついので、ご自分のペースで登られると良いかと思います。

登り切ると達成感があります。

 

羽黒山についての記事はこちらから

 

 

立石寺(山形県)

山寺の愛称で知られている立石寺は石段の登り降りがありますが、羽黒山ほど傾斜が急ではないため、比較的登りやすいお寺かと思います。

五大堂から見る眺めは最高です。

 

立石寺についての記事はこちらから

 

 

仏ヶ浦(青森県)※車で出かける場合

仏ヶ浦に観光フェリーで行く場合は、歩く範囲は限られますが、車で仏ヶ浦に出かける場合は、駐車場から仏ヶ浦の海岸までは傾斜がある階段を下っていきます。

そのため夏の天気の良い日は、帰りの登りが少しきついかもしれません。

 

仏ヶ浦についての記事はこちらから

 

 

スポンサーリンク

雨の日でも大丈夫な観光スポット

天候に左右されないアウトレットや建物の中が広めの美術館・博物館などがおすすめです。

 

軽井沢・プリンスショッピングプラザ(長野県軽井沢町)

敷地面積26万平方メートルの軽井沢のアウトレットは芝生や木陰のエリアも多く、雨の日でも広い軒下の下を歩くことができます。

 

軽井沢プリンスショッピングプラザついての記事はこちらから

 

大塚国際美術館(徳島県鳴門市)

大塚国際美術館は、地下3階から地上2階まである建物の中に1000点以上の作品が飾られています。

ゆっくり見て歩くだけでも3時間以上はかかります。

 

大塚国際美術館についての記事はこちらから

 

 

福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)

福井県立恐竜博物館は地下1階から地上3階まである恐竜展示で人気の広い博物館です。

4万点ある展示内容を見て歩くだけでも数時間見ておかれた方がよろしいかと思います。

 

福井県立恐竜博物館についての記事はこちらから

 

 

御殿場プレミアム・アウトレット(静岡県御殿場市)

日本最大規模の御殿場プレミアム・アウトレットの敷地面積は広大で、ウィンドウショッピングをするだけでも1時間ほど歩くことになります。

2つのショッピングゾーンの間に橋があるので、橋を渡る時には傘が必要です。

 

御殿場プレミアム・アウトレットについての記事はこちらから