御朱印帳をどこで買うか決めるのも旅の楽しみのひとつ

戸隠神社の御朱印帳 観光ガイド・コラム

御朱印帳は、神社やお寺で御朱印を押していただくときに使う台紙帳です。

御朱印帳って、どこで買うか迷ってしまいませんか?旅の思い出として長くとっておくものなので、お気に入りの御朱印帳を見つけたいですよね。

この記事では、私が持っている御朱印帳や、通販で買えるものをご紹介しています。あなたが御朱印帳を選ぶときの、参考にしていただければ幸いです。

 

御朱印帳をどこで買うか

御朱印帳はお寺や神社で買うケースが多い

御朱印帳って、お寺や神社で販売されているものを買うケースが一番多いのではないかと思います。

たくさんの参拝客が訪れる神社や寺院などでは、オリジナルの御朱印を、一冊だけではなく、数種類取り扱っているところもあります。

 

お寺や神社で買える御朱印帳

私が現在持っている御朱印手帳は、全部で3冊です。

 

  • 伊勢神宮の御朱印帳(三重県)
  • 立石寺の御朱印帳(山形県)
  • 真田神社の御朱印帳(長野県)

 

伊勢神宮の朱印帳(三重県)

伊勢神宮の御朱印帳

 

神社やお寺で御朱印待ちをしていると、他の方が持っている御朱印帳を見る機会ってありますよね。私が御朱印待ちのときに一番よく見かけるのが、伊勢神宮の朱印帳です。

伊勢神宮の朱印帳は、シンプルで美しい、紫色の御朱印帳です。こちらの小サイズの朱印帳は、内宮と外宮どちらの神楽殿でも購入することができます。

 

お伊勢さん参りの記事はこちらから

伊勢神宮へのお参り|外宮と内宮の順番で御朱印を頂く
「お伊勢さん」の愛称で親しまれる伊勢神宮は、三重県を代表する観光名所です。一度はお伊勢さんにお参りしたいと、毎年800万人以上の人が伊勢神宮に訪れています。この記事では、伊勢神宮の2つの本宮(正宮)へ参拝したときの様子を紹介しています。伊勢

 

立石寺の御朱印帳(山形県)

山寺の御朱印帳

 

次にご紹介するのは、山形県の立石寺(山寺)の御朱印帳です。このように、お寺や神社の建物のデザインが表紙に使われた御朱印帳もよく見かけますよね。

ちなみに立石寺の御朱印帳の裏には、松尾芭蕉の可愛いイラストが書かれています。立石寺には、松尾芭蕉の銅像が建てられているんですよ。

 

立石寺の観光|山寺からの絶景を楽しむ
山形県にある立石寺(りっしゃくじ)は、出羽三山とともに、人気の参拝スポットです。 立石寺は山寺の愛称で知られていて、東北を代表する霊場のひとつです。 ...

 

真田神社の御朱印帳(長野県)

真田神社の御朱印帳

 

次は、真田神社の御朱印帳です。

真田昌幸が築城した、長野県の上田城内にある真田神社の御朱印帳を買うと、御朱印が押した状態で渡していただけます。

 

上田城の所要時間と見どころを紹介
今日は長野県の上田市にある上田城についてお話しします。上田城は戦国時代の後期に、戦国時代の武将、真田昌幸(さなだまさゆき)によって建てられた城です。 上田...

 

 

通販やネットで買える御朱印帳

最近は、御朱印の専門店ができたり、通販でもおしゃれな御朱印帳が買えるようになってきました。

 

デザインも派手すぎず、飽きのこないものが多いですよね。

 

こちらは、通販で買える御朱印帳の一例です。

 

御朱印帳の使い分け

御朱印帳をどのように使い分けているのか

先ほどご紹介したとおり、私は御朱印帳を3冊持っています。そして神社とお寺、それと戦国武将ゆかりの社寺で、御朱印帳を別に使い分けています。

本当はきちんと、ルール決めをした方がよいのかもしれませんが、そこまで厳密にはわけていません。宗派によって、専用の御朱印帳が必要になる場合は、授与所の方が教えてくださるかと思います。

また旅先に3冊とも持って行かれないこともよくありますので、その場合は、御朱印を押した半紙だけをいただいて帰ることもあります。

 

御朱印帳まとめ

いかがでしたか?今回お見せしたのはほんの一部で、他にも御朱印帳はたくさんあります。

 

個性あふれるオリジナルの御朱印帳ばかりで、集めはじめると、キリがないと思いながらも、いろいろ目移りしてしまいますね。

 

たくさんある御朱印帳の中で、あなたのお気に入りの一冊が見つかるといいですね。

 

御朱印集めについては、こちらの記事でも紹介しています。

 

御朱印|お寺や神社の参拝の記念にいただくオリジナルの印
神社やお寺への参拝の記念に、御朱印をもらう方が増えてきましたよね。 インスタグラムやツイッター、ブログでも、御朱印の投稿写真をよく見かけるようになりました...