国産ワインと日本のワイナリー

私が住んでいる信州は、年間降水量の少なさで、全国トップ1、2位を争う県です。

雨が少なく、乾燥した場所というのは、葡萄の生育には向いています。

そのせいか、長野にはワイナリーが多く、近所のスーパーにも地元産のワインがたくさん置いてあります。

さて、日本でワインの生産地と聞くと、山梨県や長野県ぐらいしか思い浮かびませんでしたが、実際日本には、今ワイナリーはいくつあるのでしょうか?

 

この記事では日本でワイナリーが多い都道府県と、日本ワインについて紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

日本のワイナリー数

日本には現在283箇所のワイナリーがあります。

ワイナリーが一番多い都道府県はどこ?

ワイナリーの数を、都道府県順で並べると、次のようになります。

  1. 山梨県   81
  2. 長野県   34
  3. 北海道   34
  4. 山形県   14
  5. 新潟県   10
  6. 大阪府  7
  7. 栃木県  7

 

国内製造ワインの概況(平成29年3月31日現在)国税庁

 

ワイナリーの数ではトップの山梨県、同列2位の北海道も、長野県と同じく、年間降水量が少ない都道府県です。

降水量が多いと、樹木自体が育ちすぎてしまい、果実の方に栄養が行き渡りづらいそうです。

 

日本のワイナリーに行こう2018 (イカロス・ムック)

日本のワイナリーに行こう2018 (イカロス・ムック)

石井 もと子
2,592円(12/10 13:46時点)
発売日: 2017/03/31
Amazonの情報を掲載しています

 

 

国内で作られているワイン

国産ワインと日本ワインの違い

一口に日本でつくられた国産ワインといっても、輸入原料を元につくられた国内製造のワインとは違って、日本国内で栽培されたブドウを100%使っているワインは、

「日本ワイン」

と呼ばれています。

日本ワインは、国内流通分の3.7%を占めていて、ラベルに「日本ワイン」と表記がされています。

 

平成15年(2003年)から開催されている国産ワインコンクール(現:日本ワインコンクール)は、全国各地のワイン製造者に大きな刺激を与え、また、消費者の皆様からの日本ワインが大きく注目されるきっかけとなりました。

審査員からは回を重ねるごとに品質の向上がはっきりと見られるとのコメントもあり、日本ワインの中には海外のコンクールで金賞を受賞できる品質のものが出てきました。

ここ数年の動きとしては、新規ワイナリーの設立ラッシュのような状況が続き、新規就農でぶどう栽培を始めて、将来的にワイナリー設立を目指す農業者の方が増えています。

 

日本ワインの基礎知識(日本ワイナリー協会)

 

国内のワイナリーも増えているので、これからどんどん日本ワインを楽しむ機会が増えてきそうですね。

 

ワイナリー検索サイト

全国のワイナリーを紹介するサイトのリンクを貼っておきます。

 

庭園やカフェレストランも併設されているワイナリーもあります。

ヴィラデストガーデンファームワイナリーでお茶と庭園めぐりを楽しむ

 

私は普段、赤ワインが好きで良く買いますが、長野県産ナイアガラ品種の白ワインも飲みやすくて、人気なんですよね。

日本でよく栽培されているぶどう品種は甲州ブドウとマスカット・ベーリーAですが、ナイアガラぶどうのジュースも香りが良くておすすめです。

 

アルプス ナイアガラストレートジュース 160g×16本

アルプス ナイアガラストレートジュース 160g×16本

2,579円(12/10 13:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

「旅」をテーマにした通販サイト JTBショッピング

 

スポンサーリンク