温泉の数ベスト3ランキング

旅の楽しみのひとつが温泉です。

長野県に住んでいる私にとっても、温泉はごくあたりまえの存在。

今度はどの温泉に行こうかな?と候補がすぐに5つは浮かんできます。

そもそも温泉って、日本にはいくつあるのでしょうか?

この記事では日本の温泉の数と、どの県に一番温泉が多いのか紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

温泉大国、ニッポン

都道府県すべてに温泉がある日本

火山の国の日本には、温泉の無い県はないんだそうです。

日本には自然に湧き出る温泉だけでなく、動力装置を使ってお湯を汲み上げている温泉もあります。

昔と比べて、地面の下1000メートルを超えるところまで掘れるようになったお陰で、全国各地に温泉が出るようになりました。

それにあわせて温泉施設も数多くつくられています。

 

 

 

実際のところ、温泉って日本にいくつあるの?

 

日本の温泉地は3,088箇所、
温泉施設は21,161箇所あります。

日本温泉総合研究所HP (2016年度データ)

 

温泉施設が21,161箇所って、ちょっと想像がつかない数字ですね。

日本には市町村の数が1,741ありますので、単純に割るとひとつの市町村あたりおよそ12箇所の温泉入浴施設があるという計算になります。

 

温泉の全国ベスト3ランキング

温泉が多い都道府県トップ3は何県でしょうか?

温泉地の数

  1. 北海道(246箇所)
  2. 長野県(221箇所)
  3. 新潟県(151箇所)

 

温泉施設の数

  1. 静岡県(2,368箇所)
  2. 長野県(1,911箇所)
  3. 北海道(1,165箇所)

 

涌出量が多い順

  1. 大分県    (278,934リットル/分)
  2. 北海道    (255,624リットル/分)
  3. 鹿児島県   (156,539リットル/分)

 

日本温泉総合研究所

 

北海道はどれもベスト3入りですね。

温泉地、温泉施設のどちらでも、全国の1割を北海道が占めています。

長野県も市町村の数が77ありますので、1つの自治体あたり24箇所以上の温泉施設が存在していることになります。

 

スポンサーリンク

温泉の数まとめ

いかがでしたか?全国の温泉の数、結構な数がありますよね。

また過去30年間の傾向をみると、温泉がある宿泊施設の数は減っていますが、日帰りの温泉施設の数は徐々に増えているそうです。

確かに日帰り施設は、料金も手頃で気軽に入りやすく、毎日のお風呂がわりに通う人もいらっしゃるかと思います。

ただ休日などは温泉施設は混雑しやすいんですよね。

そういう時は、旅館やホテルが提供している食事付きの日帰り入浴プランなどを利用するとゆっくり出来るかと思います。

 

全国の温泉検索サイト

 

 

全国の温泉の記事はこちらもどうぞ!

 

 

 

温泉手帳 増補改訂版

温泉手帳 増補改訂版

松田 忠徳
1,728円(10/18 18:20時点)
発売日: 2017/09/01
Amazonの情報を掲載しています

 

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】