長野県のおすすめ日帰り温泉|気軽に入れる立ち寄り湯がたくさん!

諏訪の片倉館

この記事では長野県を旅行中に立ち寄ったおすすめの日帰り温泉をご紹介しています。

長野県にもたくさんの日帰り温泉施設があって、どれを選んで良いか迷うほどです。

 

スポンサーリンク

長野県のおすすめ日帰り温泉

1. 片倉館(諏訪)

片倉館は、諏訪湖の目の前にある日帰り温泉施設です。

こちらのお風呂は、仙人風呂と言って、立ったまま入浴することが出来る西洋風の大きな内風呂が特徴です。

片倉館は今から90年前の昭和3年に建てられ、国の重要文化材になっています。

 

片倉館のモダンな千人風呂

内風呂のある大浴室の内装は、白い大理石と石のタイルの壁にステンドグラスがはめこまれています。

また所々に白い西洋彫刻が飾られています。

建築費はかなりかかっていそうですが、華美すぎずシンプルなデザインで素敵な内装です。

浴室の真ん中に大理石の千人風呂があって、浴槽の足の下には黒い砂利が敷いてあります。

プールほどは大きくありませんが、100人一度に入浴できるそうです。

砂利がツボ押しになって、自然と足が動いて端から端まで歩いてみたくなります。

内風呂の深さは1メートルとちょっと。

胸の位置まである深さの湯船です。

昔の人の身長は今よりも平均すると10センチぐらい低かったそうですので、人によっては肩ぐらいの深さになるかもしれません。

内風呂から上がると床にはタイルが敷いてあるので、滑らないように少しだけ注意が必要です。

洗い場にはボディソープ、リンスインシャンプー、脱衣所にはドライヤー、100円が戻って来るコインロッカーが完備されています。

 

眺めの良い片倉館の2階と屋上フロア

片倉館の2階は休憩室となっています。

食堂もあって、ラーメンや定食、諏訪湖のワカサギの唐揚げや、おやき、野沢菜などのおつまみも揃っています。

休憩室を通り抜けて屋上フロアに上がると、諏訪湖を一望できる景色が目の前に広がっています。

この片倉館は大正時代、製紙業を営んでいた片倉兼太郎という実業家が80万円(現在のお金で数十億円)の基金を集めて文化福祉施設として温泉施設を建設したそうです。

その当時の建物が綺麗に維持されていて、今でも立ち寄り湯やお食事を楽しむことが出来ます。

 

片倉館の営業案内

入館料:大人650円(小人450円)

こちらの片倉館のサイトから割引クーポンが入手可能です。

営業時間:10時から21時(休館第2、4火曜日)

泉質:単純温泉

 

片倉館へのアクセス

片倉館へはJR上諏訪駅から徒歩で7分になります。

また諏訪インターチェンジからは、車で12分の距離になります。

敷地内には100台が停められる無料駐車場があります。

 

 

 

2. コトリの湯(長野市)

コトリの湯は長野市の中心部から少し外れた場所にある、大きな日帰り温泉施設です。

広々とした露天風呂に、レストランや休憩施設など色々揃った施設になります。

無料のマッサージチェアやデッキチェアも多く、漫画や雑誌、パソコンに無料のコーヒーサービスなどいたせりつくせりで、一日中巣ごもりしても大丈夫です。

温泉のお湯はぬるめでゆっくり入りたい人にはちょうどいいかもしれません。

 

コトリの湯へのアクセス

JR長野駅から車で30分、長野インターチェンジからは車で12分の距離になります。

 

 

3. 万葉超音波温泉(戸倉上山田温泉、千曲市)

千曲市の温泉地として有名な戸倉上山田温泉にある、日帰り入浴施設です。

万葉超音波温泉は、地元の方に愛されている温泉で、一見銭湯のような佇まいですが、内湯と風情ある露天がついています。

営業時間が長く、朝は4時から夜は23時までやっています。

大人料金は350円と良心的で、シャンプー、ボディソープ等あり、ドライヤーは20円入れて使います。

お湯は少し熱めですが、パッと一風呂、源泉掛け流しの温泉に気軽に入るにはとても良い施設です。

 

万葉超音波温泉へのアクセス

姨捨スマートインターチェンジや、坂城インターチェンジから車で14分ほどで到着します。

しなの鉄道の戸倉駅から車で5分です。

 

いかがでしたか?

また順次長野でおすすめの温泉を追加していきます。