無料レンタサイクルで巡る信州上田・真田の郷の観光スポット

真田御屋敷

 

 

旅先で自転車をレンタルされることってありますか?

観光地に限らず、宿泊先のホテルでも、自転車の貸し出しサービスをしているところをよく見かけます。

私もたまに借りることがあります。最近は電動自転車をレンタルで取扱う所が増えてきましたが、電動自転車って一度乗ると快適すぎてやみつきになりますよね。

坂道で立ち漕ぎしなくてもすむところが、本当に助かるんです。

 

ところで、長野県の上田市には、「まちなかレンタサイクル」というサービスがあって、無料で自転車を借りることができるんです。

 

この記事では、電動自転車をレンタルして上田市にある真田の郷を観光した時の様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

真田の郷(さなだのさと)について

1583年、戦国時代の武将であった真田昌幸(さなだまさゆき)が上田城を築城する前に、真田氏は10キロほど離れた北東の山のふもとに、本城を構えていました。

この一帯は真田の郷(さなだのさと)と呼ばれていて、真田氏が当時住んでいた館の跡や本城跡、菩提寺があります。

 

上田市ゆきむら夢工房のレンタサイクル

真田の郷には「ゆきむら夢工房」という上田市の観光案内所があります。

まずはこちらを目指します。

さなだ夢工房

 

ゆきむら夢工房は、お正月の期間を除き、年中無休で朝8時30分から夕方5時まで営業していています。

営業時間中には、無料で電動アシスト自転車を借りることができます。

真田の郷は徒歩でもまわることはできますが、山あいの場所で坂道が多く、電動自転車があると観光スポット巡りがだいぶ楽になります。

 

ゆきむら夢工房へのアクセス

ゆきむら夢工房へは、北陸新幹線の上田駅からタクシーで20分、市営バスで30分ほどで到着します。

 

 

レンタル自転車で行く真田の郷の観光ルートの説明

まずはゆきむら夢工房の観光案内所の受付で、自転車を借りたい旨を告げます。

するとスタッフの方が、裏から電動自転車を正面入口まで持ってきてくださいます。

またその際、真田の郷でおすすめの観光スポットや自転車でまわる際のルートについて地図を渡して説明してくれます。

 

もし3時間近く観光に時間がとれるようであれば、次のコースをサイクリングするのがおすすめとのことでした。

 

  • ゆきむら夢工房を出発
  •       ↓  (2.4キロ、登り20分)
  • お屋敷公園と真田氏館跡
  •       ↓  (3分)
  • 真田氏歴史館
  •       ↓  (1.5キロ、登り15分)
  • 真田氏本城跡
  •       ↓  (2.7キロ、下り登り15分)
  • 長谷寺
  •       ↓  (1キロ、下り5分)
  • 山家神社
  •       ↓  (2.3キロ、下り10分)
  • ゆきむら夢工房へ到着

 

このルートを自転車で移動する時にかかる所要時間は、神社への参拝の時間も入れて、2時間から2時間半ぐらいとのことです。

 

今回はおすすめのコースをそのまま巡ることにします。

 

レンタサイクルの旅スタート!

それでは早速、自転車でゆきむら夢工房を出発します。

まず最初の目的地、お屋敷公園までは、2.4キロメートルの坂道を登っていきます。

途中りんご畑やブルーベリー畑を通り過ぎながら、自転車を漕いでいきます。

自転車はスポーツタイプではなく、パナソニックのママチャリです。

電動レンタル自転車

三段階のモード切り替えがついています。

その中で一番アシスト力のある「パワーモード」にしてみると漕ぎ始めがだいぶ楽になりました。

電動アシストのパワーのお陰で、坂道を一度も立ち漕ぎすることなく進んでいけます。

 

 

 

 

御屋敷公園(おやしきこうえん)

20分ほどで、お屋敷公園に到着しました。

お屋敷公園は、真田昌幸(さなだまさゆき)が上田城をたてる前に住んでいた館跡を整備した公園です。

現在は屋敷があった跡地に、皇大神宮が建てられています。

真田昌幸が上田城へ移転するにあたり、館を神社として保存することになりました。

 

 

真田氏歴史館(さなだれきしかん)

真田氏歴史館は、御屋敷公園の隣にある歴史資料館です。

真田氏歴史館

 

真田昌幸、信繁、幸村の武具甲冑や古文書などが展示されていて、真田一族について詳しく紹介しています。

なお歴史館にいる語り部のガイドさんに質問すると、真田家の歴史や真田の郷について色々と詳しく説明してくださいます。

 

 

真田庵(さなだあん)

真田庵は歴史舘の隣にある茶店です。

手作りのくるみとごまのおはぎが人気で、そばすいとんなどの郷土料理が食べられます。

真田庵のメニュー

こちらは土日祝日のみ営業しています。

 

 

真田氏本城跡(さなだしほんじょうあと)

さてここから次の観光スポットの真田氏本城跡までは、ゆるやかな坂道を登っていきます。

途中少しだけきつい傾斜のところがあるので、これをクリアできれば、その後は下り道がほとんどですので、頑張ってみてください。

真田氏本城跡は、上田城が築城される前に真田氏の城があった場所で、当時の土塁が残っています。

 

真田氏本城跡からの眺め

標高900メートルの小高い山の上にある城の敷地からは、上田の市街地を一望することができます。

 

 

長谷寺(ちょうこくじ)

真田の本城跡からは長い下り道が続き、長谷寺の近くで登り道に変わります。

長谷寺は、真田昌幸の父親である真田幸隆が真田家の菩提寺(ぼだいじ)として1547年に建てた寺院です。

長谷寺

 

本堂に入る手前に、写真のように藁(わら)で作られた馬が立っています。

かなり大きな馬で、「大わら馬」と呼ばれています。

一年の初めに新しい大わら馬が作られ、願い事がかかれた絵馬が結ばれ、そして年末にお焚き上げされるそうです。

長谷寺の本堂の裏手の墓地には、真田幸隆夫妻と真田昌幸のお墓があります。

また春の季節は、樹齢150年のしだれ桜が見頃を迎えます。

 

 

山家神社(やまがじんじゃ)

山家神社は、第一次上田合戦の戦場の舞台となった神川(かんがわ)の水源である四阿山(あずまやさん)を奥社とする神社です。

ちょうど今年(2018年)は、四阿山の開山1300年にあたる年になり、限定の御朱印がいただけます。

 

途中にある手打ちそば屋でランチ

今回の周遊コース沿いには、手打ちそば屋が何軒かありますので、途中でランチ休憩をとることができます。

2軒ご紹介しておきます。

 

そば処 真田へのアクセス

 

そば処 いたこ庵へのアクセス

 

 

ゆきむら夢工房でお土産を買う

山家神社を参拝した後は、ゆきむら夢工房に戻りました。

山家神社や皇大神社の参拝をすませて、急ぎ足で正味2時間ほどかかりました。

 

ゆきむら夢工房に戻り、自転車を返却した後、お土産物コーナーをのぞいてみます。

お土産物コーナーでは、真田氏関連グッズや、地元の特産品のお蕎麦やお菓子などが並べられています。

また真田昌幸・真田幸村親子が生計をたてるためつくっていた真田紐(さなだひも)や、真田氏をはじめ戦国武将をモチーフにしたクリアファイルなども売られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農産品直売所「新鮮市真田」

またお時間ありましたら、ゆきむら夢工房の隣の直売所をのぞいてみてください。

私が出かけた9月の時は、しいたけやヒラタケ、大粒のなめこやトウモロコシをお安く買うことができました。

 

レンタルサイクルの観光まとめ

いかがでしたか?

真田の郷のように、訪問する場所が複数あり、1キロ以上離れている時は徒歩よりも自転車でまわるほうが効率的だと思います。

気軽に自転車を借りられるのが(それも無料で!)、ありがたかったです。

 

上田市では3月から11月の間、レンタサイクルのサービスを提供しています。

真田の郷以外の貸し出し場所は、こちらにリンクをご確認ください。

まちなかレンタサイクル(上田市)

 

 

真田の郷周辺の観光スポット

真田の郷には、信綱寺(しんこうじ)や砥石城(といしじょう)など、今回のサイクリングの旅で出かけていない観光スポットがあります。

信綱寺は、長篠の戦いで亡くなった真田昌幸の兄二人(信綱、昌輝)のお墓があるお寺です。信綱と昌輝の墓碑は山梨県の新府城址にも建てられています。

砥石城は、武田信玄が落城に苦戦した城で、後に真田幸隆が村上義清から奪い取りました。

砥石城は連結式の山城で第一次・第二次上田合戦で真田が待機する場所としても使われました。

 

 

 

 

 

レンタサイクルが利用できる観光スポット

自転車でまわれるおすすめの観光スポットはこちらの記事をどうぞ。

 

直島|かぼちゃがシンボルのアートな島をバスと徒歩で観光してみた

塩田平|安楽寺や前山寺など信州の鎌倉の見どころ

 

 

 

 

スポンサーリンク