アサヒビール茨城工場|日本最大級のビール製造工程の見学に参加する

アサヒビール茨城工場学ぶ・体験する

茨城県の守谷市に、「アサヒビール 茨城工場」があります。

ビールやソフトドリンクを製造するアサヒグループの飲料工場は、どなたでも予約をすれば、無料で見学することができます。

 

 

この記事では、茨城県にあるアサヒビールの工場見学に出かけてきたときの様子を紹介しています。

 

アサヒビール 茨城工場について

日本全国にぜんぶで14箇所ある飲料工場

アサヒグループの飲料工場は、全国に14箇所あります。

その内訳は、

  • ビール工場 8箇所
  • ウォーター・ソフトドリンク工場 3箇所
  • 蒸留所 2箇所
  • ワイナリー 1箇所

になります。

それぞれのアサヒグループの工場は、事前に直接電話やネット経由で予約することで、どなたでも見学することができます。

 

アサヒビール工場の中で一番大きな茨城工場

今回見学するアサヒビール茨城工場は、アサヒグループの飲料工場の中で、一番大きな工場になります。

茨城工場では、スーパードライに十六茶、三ツ矢サイダーなどのドリンクを製造しています。

 

アサヒビール茨城の工場見学

茨城工場の見学の流れと所要時間

アサヒビール工場見学のパンフレット

 

工場の見学当日は、施設前の来客用駐車場に車を停めたあと、入口にあるゲストハウスで受付をして、パンフレットを受けとります。

茨城工場の見学所要時間は、90分です。まずはじめにオリエンテーションシアターで、アサヒビールの紹介映像を視聴します。

視聴が終わったあと、スタッフの方の案内で、工場の中を見学します。

 

アサヒビール茨城工場見学の見どころ

ビールの作り方と原料の試食

ビールをつくるには、まず麦芽と米、コーン、スターチをお湯で煮て、麦のジュースをつくります。それからそのジュースに、苦味のもとになるホップを入れます。それから数十日熟成させたあとで、ろ過してビールが完成です。

アサヒビール茨城工場には原料の麦芽と、ホップを実際に手にとって、試食できるコーナーがありました。

 

迫力ある缶・ビン詰の製造ライン

ビールやソフトドリンクの缶・ビン詰めライン

 

屋外にある巨大なビール濾過タンクを見学したあとは、完成したビールやソフトドリンクを、缶やビンに詰める製造ラインの前に到着します。

週末だったため、工場は稼働していませんでしたが、規模が大きい製造ラインの設備を見るだけでも迫力があります。この場所から私たちのよく知るスーパードライに十六茶、三ツ矢サイダーが、関東全域へと出荷されているそうです。

 

リサイクル展示

ペットボトルから制服へのリサイクル

 

最後に、茨城工場のリサイクル展示コーナーを見学しました。アサヒビールでは、原料から容器まで、再資源化100%を達成しています。

例えば、

  • 麦芽の殻や皮は、家畜の飼料に
  • 余剰酵母は、食品や薬品の原料に
  • ガラスくずは、再生ビン、建材に
  • アルミくずは、アルミ缶、電気製品に
  • ペットボトルは制服へ

それぞれリサイクルをしています。

 

最上階の会場で、アサヒビールの試飲

ビールやソフトドリンクの試飲

 

工場見学が終わったあとは、長いエスカレーターとエレベーターに乗って最上階の試飲会場まで進んでいきます。

こちらの会場で、茨城工場で生産している生ビールやソフトドリンクの試飲をすることができます。

試飲時間は30分で、クリームチーズのおかき付きでした。ビールが飲みたい人は、スーパードライ、スーパドライブラック、ドライプレミアム、エクストラコールドなど好きな銘柄の生ビールを選ぶことができます。

私はあまり飲めないので、グラス半分の量をついでいただき、3杯ほど試飲しましたが、その中でも氷点下のエクストラコールドの生ビールが一番のお気に入りになりました。

アルコールが飲めない人やドライバーの方は、バヤリースのオレンジに、十六茶、三ツ矢サイダー、ノンアルコールビールから好きなドリンクを選ぶことができます。

つくられたばかりの三ツ矢サイダーも、炭酸がいい感じにきいていて美味しかったです。

 

アサヒビール 茨城工場見学のまとめ

丁寧な説明と試飲で満足度高めの工場見学

アサヒビールの茨城工場を訪問したのは日曜日で、ツアーバスが次から次へと到着していました。1回の見学にも30人以上の人が参加していましたが、見学者には専用のレーンが設けられていて、スタッフの方たちも慣れているのか、とてもスムーズで丁寧な対応でした。

試飲ができるビールやソフトドリンクも、思ったより種類が多く、できたばかりの新鮮なドリンクをその場で楽しむことができます。

今回茨城工場を訪問して、製造から出荷、再資源化の取り組みなど、アサヒグループという会社を知ることができました。満足度の高い工場見学ツアーでした。

 

アサヒビール茨城工場のアクセス・駐車場・見学時間

 
アクセスつくばエクスプレス「守谷駅」から車で10分(無料送迎バス有り、予約制)、常磐自動車道「谷和原インター」から車で10分。
住所
見学時間9:3015:00
参加料無料(予約制)
駐車場有り(無料)

 

周辺の観光スポット

茨城県の守谷市は、つくば市にも近く車で30分ほどの距離になります。

 

つくば植物園で図鑑並みの3000種類の草木花に親しもう!
茨城県のつくば市に、国立科学博物館の研究施設である、筑波実験植物園(通称:つくば植物園)があります。 つくば植物園には、クレマチスや洋蘭など世界中の300...
つくば温泉喜楽里(きらり)別邸でのんびり日帰り入浴
学園都市の茨城県つくば市には、「つくば温泉 喜楽里(きらり) 別邸」という日帰り入浴施設があります。この日帰り温泉は、2018年4月にオープンしてばかりの、新し...
銚子の醤油工場(ヤマサ・ヒゲタ)の見学ツアーに参加してみた
千葉県の銚子では、江戸時代からしょうゆづくりが盛んです。 銚子には、ヤマサ醤油やヒゲタ醤油をはじめ、小倉醤油や宝醤油など、300年以上続いている大きな醤油...