国会議事堂のガイド付き無料見学ツアー|東京の社会科見学

国会議事堂正面

 

小学生の修学旅行以来、何十年かぶりに国会議事堂の建物の中に入ってみました。

東京の永田町にある国会議事堂は、平日に一般公開をおこなっています。そして参議院(さんぎいん)の中を見学できる、無料のガイドツアーも開催されています。

 

 

この記事では、国会議事堂の見学ツアーを体験した時の様子を紹介しています。

 

 

 

スポンサーリンク

国会議事堂(こっかいぎじどう)について

国会議事堂は東京都千代田区にある、国の政治が話し合われる国の中枢機関です。

 

国会議事堂はいつ建てられたの?

 

着工1920年 (大正9年)
完成1936年 (昭和11年)
総工費2600万円

(今の金額で約690億円)

 

国会議事堂の建物は、太平洋戦争より前の1936年に完成していたんですね。

 

 

 

国会議事堂へのアクセス

国会議事堂は東京駅からも地下鉄で3駅と近く、国会議事堂前駅を出てすぐ目の前にあります。

永田町駅からは、歩いて3分の場所にあります。

 

 

 

国会議事堂の無料見学ツアー

見学ツアーの開始時刻と所要時間

参議院内部を見学するツアーは午前の9時から午後4時までの間、毎正時にスタートします。

所要時間が1時間のツアーになります。

 

まずは入口で受付をすませ、荷物検査とボディスキャンのセキュリティチェックをします。

チェックが済んだら、入り口奥のエスカレーターを下ります。

 

国会議事堂の中をエレベータから見た景色

 

 

降りてすぐ参観ロビーがあり、本会議場で使われている椅子などが展示されています。

 

 

 

 

写真撮影がOKなのは、ここまでです。

開始時間にロビーに集まったツアーの参加者は、10人ほどでした。

 

議事堂の中の警務を受け持っている衛視(えいし)さんが、ガイド役をつとめ、丁寧に館内を案内して下さいます。

 

 

議事堂の中の豪華な内装

国会議事堂の見学ツアーでは、2階にある

 

  • 参議院の本会議場
  • 天皇陛下の御休所
  • 中央広間

と順番に見ていきます。

 

国会議事堂内部には、今では貴重な国産の建材がふんだんに使われています。

建物自体が繊細な美術品のようでした。

 

 

47都道府県の木

見学コースの最後は、建物から国会議事堂の前庭に出て遊歩道を歩きます。

 

国会議事堂の前庭には、全国から寄贈された「47都道府県の木」が植えられています。

 

都道府県の木の案内図

 

綺麗に手入れされた木々を、ひとつひとつ順番に鑑賞したあとで、国会議事堂の正面玄関に到着です。

ここで見学ツアーが終了となります。

 

正面玄関では国会議事堂の全体像を背景に、記念写真を撮影することができます。

 

 

 

 

 

国会議事堂まとめ

いかがでしたか?

国会議事堂には、子供の頃に行かれた方も多くいらっしゃるかと思います。

大人になってからもう一度見学してみると、また新しい発見があるかもしれません。

 

レッドカーペットが敷かれた参議院の廊下を歩きながら、国会職員の衛視さんにガイドして頂く機会もなかなかないですよね。

東京駅からも近く、オススメの観光スポットです。

 

特に事前予約は必要ありませんので、当日ふらっと国会議事堂に立ち寄っても申し込みすることができます。

 

 

その他の社会科見学ツアー

その他の社会科見学できるスポットについては、こちらの記事もどうぞ。

 

銚子港のマグロのセリと醤油工場の無料見学ツアーに参加してみた

2018.10.25

まんぷくの安藤百福について学べるカップヌードルミュージアム横浜

2018.06.19

 

 

国会議事堂周辺のホテル・宿泊施設

 

 

 

国会議事堂周辺の観光スポット

国会議事堂のある永田町には

  • 最高裁判所
  • 首相官邸
  • 国立国会図書館

があります。

国立国会図書館は国会議事堂のすぐ隣にあります。

目一杯本を読んでみたい方は、ぜひ寄られてみてください。

 

国立国会図書館で本を借りてみた!利用方法のまとめ

2018.05.15

 

また無料ではありませんが、東京駅から出発して国会議事堂や東京スカイツリーを周遊する「はとバス」のバスツアーも出ています。

 

 

国会議事堂から2キロメートル離れた所にある、迎賓館赤坂離宮も現在一般公開をしています。

 


 

 

 

 

 

スポンサーリンク