国立国会図書館|利用方法や営業時間などまとめ

国立国会図書館 観光ガイド・コラム

さて、今回ご紹介する「国立国会図書館」は、日本を代表する一番大きな図書館です。

国会図書館は閉架式の図書館で、本は一般の人が入れない、奥の倉庫に納められています。そのため「本棚から読みたい本を手にとって見る」、という使いかたはできませんが、

 

  • 読みたい本が最初から決まっている
  • お目当の本が絶版などで入手が難しい
  • 特定テーマについて深く調べ物がしたい

 

といった場合には、かなり役に立つ図書館です。

この記事では国立国会図書館とその利用方法について、簡単にご案内しています。

 

国立国会図書館について

国会図書館の蔵書数

国立国会図書館が保管している本の数は、日本一です。

2018年の時点で国会図書館には、4千2百万点以上の蔵書があります

 

都道府県立図書館の1館あたりの平均蔵書数が、およそ100万冊ということを考えると、国会図書館がすごい数の本を保管していることがわかります。

 

国立国会図書館の蔵書検索をする方法

図書館に行く前に読みたい本があるかどうか確認できる

前もって国立国会図書館にどのような本があるか、公式サイトで、簡単に確認することができます。

 

まずはこちらの公式サイト

 

にアクセスして、入力画面に本の名前を入力してみてください。

 

タイトルが不明の場合は、キーワードを入れるだけでもかまいません。

 

国立国会図書館オンライン画面

 

例えば、画面に「王家の紋章」と言葉を入れて、検索ボタンを押したとします。

 

オンライン検索結果画面

 

すると、92件の検索結果が表示されました。

このように読みたい本があるかどうか、国会図書館に出かける前に確認しておくことができます。

 

あなたの探している本のキーワードを入力して、どんな本があるかチェックしてみてくださいね。

 

国会図書館の行き方と利用方法

国会図書館へのアクセス

国会図書館は、東京都の千代田区にあります。地下鉄の永田町駅から歩いて3分の距離です。

 

 

永田町駅を出て、皇居の方へ向かって歩いていくと、右手に国会議事堂、左手に国会図書館の建物が見えてきます。

 

図書館の前に国会議事堂が見える

 

こちらの写真は国会図書館から、国会議事堂方面を見た光景です。

 

国会図書館の入館方法

さて、国会図書館の入館方法について説明します。国会図書館の利用資格は18歳以上です。図書館は日曜をのぞき、月曜日から土曜日まで開館しています。

利用時間は、こちらの写真の利用案内をご覧ください。

 

国会図書館の利用案内

 

基本的には日曜日と祝日、第3水曜日が休日ですが、年始年末などは、休館日になることもあります。

 

休館日は、国立国会図書館のサイトからも確認することができます。

 

本館と新館

国会図書館には本館と新館があり、2つの建物は連絡通路でつながっています。

  • 本館=図書
  • 新館=雑誌や新聞

を取り扱っています。

 

初めて入館する時は、利用者カードを発行してもらう

初めて入館する場合、新館で「利用者カード」を作る必要があります。

 

利用者カードの作成には、運転免許書や保険書、パスポートなどの本人確認用の書類の提示が求められます。

 

 

国立国会図書館への荷物の持ち込み

国立国会図書館には、貴重品をはじめ自分のパソコンを持ちこむことができます。

持ち込む荷物は、配布されている透明のビニール袋に入れて中身がわかる状態にしておく必要があります。

ビニール袋に入れて持ち込まない荷物は、入口のロッカーに入れておきます。

 

100円を入れて後で返却するタイプの、コイン式ロッカーです。

 

 

国会図書館で本を借りる

国立国会図書館オンラインで閲覧予約

国会図書館で借りた本を、館外へ持ち出すことはできませんが、図書館内で読んだり、コピーを頼むことはできます。

 

まず本館1階で、館内に備え付けのパソコン、または自分のスマートフォンを使って、

 

 

にログインします。

 

借りたい本を検索して画面に表示させたあと、カートに入れて閲覧予約をします。

 

予約をすると画面に「砂時計のマークが表示されます。

 

本の準備ができたら貸出カウンターで受け取る

本の準備ができて借りられる状態になると、砂時計のマークが「チェックマークに変わります。

チェックマークに変わったら、1階の貸し出しカウンターに行くと、図書を受け取ることが出来ます。

 

一度に借りられるのは、3冊までです。

 

読んだら返却し、また新しい本を借りられます。

 

国会図書館で漫画や本を、たくさん読みたいときの借りかたのコツ

漫画のシリーズものなど、何冊も続けて読みたい場合、次の方法で借りると、待ち時間なしで、効率よく読みすすめることができます。

 

  • はじめに3冊借りておく
        ↓
  • 2冊目まで読み終わったらその2冊を先に返す
        ↓
  • 3冊目を読みはじめる前にオンラインで次の2冊の閲覧申し込みをしておく
        ↓
  • 3冊目を読み終わるころには次の2冊が到着
        ↓
  • 手順の2から4までくりかえし

 

 

喫茶店などの付帯施設やその他補足

国会図書館には、食堂や喫茶店も併設されています。またコンセントがついた部屋もありますので、自分のパソコンを持ち込んで調べ物に利用することもできます。

また一度図書館の利用者カードを作っておくと、先ほどの国会図書館のオンラインシステムに、館外からもログインすることができます。

自宅や外出先で借りたい本を、思いついたときに都度、オンラインサイトのマイリストに登録しておくことができます。

 

国立国会図書館まとめ

時間があっという間に過ぎる場所

いかがでしたか?

蔵書数の多い国立国会図書館では、調べ物をしたり、本を読んだりしていると、あっという間に1日が過ぎてしまいます。

遠方から出かける場合は、周辺のホテルに宿泊して、国会図書館に通うという手もありますが、あらかじめ検索して借りる本を決めておくのが、一番効率的かもしれません。

 

どちらにしても、一度国会図書館に出かけてみると楽しい発見があるかもしれません。おすすめの図書館です。

 

 

全国各地のおすすめ図書館

その他の日本全国のおすすめの図書館を、こちらの記事でも御紹介しています。

 

 

 

 

国会図書館周辺のホテル・宿泊施設

 

 

 

国会議事堂周辺の観光スポット

隣の国会議事堂は平日見学ツアーが開催されているので、時間があったらぜひ参加してみて下さい。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
観光ガイド・コラム
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
スポンサーリンク
  data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"
スポンサーリンク
ガイドメモ