旅先での図書館巡り|おすすめの図書館をいくつか紹介!

おぶせまちじゅう図書館

図書館巡りをするのが趣味です。

最近は全国あちこちに出かけることが増えてきて、時間が出来ると図書館を探しては寄ることが多いです。

どの町の図書館も似ているようでいて微妙に違います。

それぞれ違った良さがあるのですが、立ち寄った中で特徴がある図書館のいくつかをピックアップしてみましたので、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

おすすめする図書館

国立国会図書館(東京都港区)

日本を代表する図書館と言えば、まずは国立国会図書館を紹介しないといけませんね。

入館出来るのは18歳以上からと、年齢制限があるのですが、図書館好きにはぜひ一度は訪れてみていただきたい図書館です。

館内はパソコン持ち込み可能で、食堂も併設されています。

時間とお金に余裕があれば、近場のホテルに泊まって1週間ぐらい通いつめたい図書館です。

 

国立国会図書館で本を借りる方法などを紹介した記事はこちらからどうぞ。

国立国会図書館で本を借りてみた!利用方法のまとめ

 

 

おぶせまちじゅう図書館(長野県小布施町)

小布施町は長野県で一番小さな町になります。

小布施町は昔から観光に力を入れていて、町を訪れる旅人達も気軽に立ち寄れる図書館が町の中に17箇所ほど点在しています。

おぶせまちじゅう図書館と言って、小布施町の街の一般のご家庭やカフェ、味噌蔵や郵便局などが提供している図書館です。

 

まちじゅう図書館の一例

 

小布施町は観光客のおもてなしのため、フラワーガーデンと言って、一般家庭の方がお庭を公開していますので、街中にこうした図書館が図書館が設置してあるのも、小布施らしいと思います。

 
町歩きをしながら、気軽に立ち寄ることが出来る図書館には、お茶のセルフサービスもあったりといたせりつくせりです。

駐車場は併設していませんので、町の公共の駐車場か有料の駐車場を利用することになります。

 

おぶせまちじゅう図書館へのアクセス

まちじゅう図書館のうちのひとつ、カネイチくつろぎサロンのマップを載せておきます。

 

 

 

国際教養大学図書館(秋田県)

これまで見た図書館の中で、美しい図書館と行ったら、こちらの図書館がダントツでした。

秋田に旅行に出かけた際に、近くに行かれたら、国際教養大学の図書館にぜひ寄られてみて下さい。

在学生のための図書館ですが、一般の方も利用することが出来ます。

 

国際教養大学の図書館についての記事はこちらからどうぞ

秋田の国際教養大学の図書館でゆっくり読書や勉強ができる

 

 

天童市立図書館(山形県天童市)

山形県の天童市にある市立図書館です。

天童市という市は将棋のコマで有名な市です。

天童市を歩いていると将棋の駒が書かれた看板をはじめ、マンホールや消火栓の蓋はもちろん、郵便ポストにも王将の駒がちょこんと乗っています。

また市内では将棋が出来る場所が複数箇所あります。

さて、図書館の話に戻りますが、天童市立図書館にはユニークなところがあります。

それは図書館に歴史相談室というコーナーが設けられているところです。

天童市立図書館の歴史相談室

 

歴史相談室では、毎日ボランティアの先生が交代で常駐しています。

図書館の受付の方に聞いたところ、部屋が開いて入れば、ノックして入ってもOKということでしたので、早速中に入ってみました。

在席していた先生に、天童市の将棋ゴマ作りの歴史について教えていただきました。

またせっかくなので、ついでに山形県の出羽三山や立石寺の参拝、東北地方のこけしについてもお聞きしたところ、色々教えていただけました。

全国には観光ボランティアガイドの方が案内して下さる市町村が数多くあります。

図書館をそのボランティアの方の詰所として利用することで、その地域について詳しい先生やガイドの方が集まる場所になれば良いのになと思います。

旅行者だけでなく、その地域に住んでいる人もその土地の歴史について知りたい人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

天童市立図書館へのアクセス

天童市は山形駅から車で30分ほどの距離にあります。

 

天童市周辺のホテル・旅館

天童の宿泊施設(じゃらん)

 

図書館巡りまとめ

いかがでしたか?

基本的に図書館は公共の建物がほとんどで、市町村が合併したり建物の老朽化などで建て替えられ新しくピカピカの図書館も使い勝手が良いですが、個人的には古い図書館も大好きです。

何箇所かお気に入りの図書館の建物が写真を撮らずにいたら消滅してしまった経験があるので、なるべく図書館の写真もとっておこうかな……。

上記の図書館以外にも、どんどん追加していく予定ですので、お楽しみに。