オオムラサキ自然公園|国蝶の生息地で里山ウォーキングをする

スポンサーリンク
オオムラサキ自然公園の風車小屋 中部(北陸・甲信)の旅

「オオムラサキ」って、ご存知ですか?オオムラサキは、日本の国蝶で、名前のとおり羽が青紫色をしている蝶になります。

 

 

正確にいうと、青紫色をしているのは雄だけなんです。

 

さて、山梨県の北杜市には、「オオムラサキ自然公園」という、オオムラサキが生息できる環境を整えている公園があります。

 

この記事では、オオムラサキ自然公園を散策してきたときの様子をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

オオムラサキ自然公園について

オオムラサキセンターの周囲にある自然公園

オオムラサキ自然公園は、オオムラサキセンターの周辺にある、6ヘクタールの大きさの公園です。

オオムラサキセンターは、日本の国蝶であるオオムラサキの生態が観察できる施設です。そしてオオムラサキセンターの周辺には、オオムラサキが自然に生息できるよう、雑木林や里山が維持整備されています。

 

オオムラサキ自然公園を散策する

1周40分の里山ウォーキング

オオムラサキセンターガイドマップ

 

オオムラサキ自然公園に出かけたのは、11月の初旬でした。公園は年中無休ですが、オオムラサキが蝶になった姿を見ることができるのは、毎年6月末から8月の間だけです。

それ以外の期間は、実際に飛んでいる姿を見ることはできませんが、公園の中の散策を楽しむことができます。

公園の散策路を1周に必要な所要時間は、およそ40分ぐらいかかると考えておけばよろしいかと思います。

 

駐車場からオオムラサキセンターへ歩く

オオムラサキセンター

 

まずは駐車場に車をとめて、オオムラサキセンターまでの道を歩いていきます。

こちらは、オオムラサキセンターの正面玄関の写真です。

オオムラサキセンターは、オオムラサキの巨大な模型や、標本を展示している施設です。夏の期間中は、奥の「びばりうむ長坂」のネット網に囲まれた雑木林で、羽化したオオムラサキが実際に飛んでいる姿を見ることができます。

 

自然観察林を通り抜けて水車小屋へ向かう

自然観察林

 

オオムラサキセンターの左奥には、ヤギ小屋や、ハンモックのある広場があります。その広場からさらに奥へ進んでいくと、自然観察林へ進む遊歩道が見つかります。

自然観察林の遊歩道には、10月の台風の影響か、小枝が少し散らばっていました。落ち葉も多くふかふかの道をテクテクと、歩いていきます。

 

風車小屋の絵になる光景

オオムラサキ自然公園の風車小屋

 

途中川にかかる橋を渡って、逆方向に折り返すと、視界がひらけて、田んぼの風景が目の前に広がってきます。雑器林の中を歩いていた遊歩道の幅も広がり、だいぶ歩きやすくなります。

ここにある田んぼは、体験農業にも利用されていて、オオムラサキ自然公園の一部です。水車小屋もあり、里山らしい絵になる光景です。

最後にもう一度反対側の橋を渡って、登り坂を歩きます。車を停めてあった駐車場に到着し、40分の散策が終了しました。

 

オオムラサキ自然公園のまとめ

歩きやすく汚れてもよい靴で歩くのがおすすめ

いかがでしたか?蝶の生息地であるオオムラサキ自然公園は、自然豊かで、適度に登り・下りがある散策路がある公園です。秋のシーズンは、道沿いに栗やくるみが落ちていました。

風車小屋のある、川沿いの道は、昔の風景を想い出させます。

なお、オオムラサキ自然公園の散策は、田んぼのあぜみちや、草の生い茂った道、ふかふかの落ち葉の上を歩きます。そのため歩きやすく、汚れても大丈夫な靴で行かれた方が良いかと思います。

 

オオムラサキ自然公園のアクセス・駐車場・入場料

オオムラサキ自然公園の入園料は無料ですが、オオムラサキセンターの入館料のみ、大人420円となります。

 
アクセス中央自動車道の須玉インターから車で11分。
住所
営業時間9:00~16:00(オオムラサキセンター)
駐車場有り(無料)

 

 

周辺の観光スポット

オオムラサキ自然公園周辺の観光スポットは、北杜市の観光スポットの記事をお読みください。

 

北杜市|八ヶ岳の麓の公園にレジャー施設など観光スポットまとめ
山梨県の北端にある北杜市は、人口4万5千人の市です。 北杜市には、清里や小渕沢などのリゾート地があり、ウォーキングが楽しめる公園がたくさんあります。 ...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中部(北陸・甲信)の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ