長寿のシンボル|ツルの大群が冬を越す鹿児島の出水市

出水市ツル観察センター

 

 

日本では長生きのシンボルで、縁起のよい鳥として知られている鶴(ツル)

鶴は普段、水のある湿地や湖で生活しています。

暖かい季節はロシアや中国で生息しているナベヅルやマナヅルは、寒い季節になると日本にやってきます。

そして冬の間、鹿児島県や山口県などの比較的暖かい場所で過ごしています。

鹿児島県の出水市(いずみし)には、冬の間に毎年一万羽以上のツルが飛んできます。これは日本一の飛来数になるそうです。

 

この記事では、冬のあいだツルの大群が生活している鹿児島県の出水市について紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

鶴(ツル)の渡来地|鹿児島県出水市(いずみし)

昔は日本のあちこちで、鶴(ツル)を見ることができたそうです。

けれども現在では、限られた場所でしか冬を過ごす鶴を見ることができなくなっています。

鹿児島県の北西部にある出水市には、鶴が安心して生活できるよう鶴の保護区が指定されています。

10月中旬から3月までの間、たくさんの鶴が出水市に冬を越すためにやってきます。

平成28年度に出水市に渡来してきた鶴の数は、11872羽でした。

また出水市には「ツル観察センター」が建てられていて、センターの展望室から、ねぐらや餌場で生活する数多くの鶴を見ることができます。

 

 

ツル観察センター

ツル観察センターは2階建の建物で、2階が展望台と鶴の展示室となっています。

入館料は大人が210円です。

2階の展望室からは、鶴の大群が田んぼで生活する様子を観察することができます。

 

こちらの写真にうつっている鳥はすべて鶴です。

展望台からみたツルの大群

 

望遠カメラではなく、スマホカメラで撮影しているので、少しぼやけてしまっていますが、大きなサイズの鳥が群れで写っているのが見えるかと思います。

こんなにたくさんの鶴を一度に見たのは初めてです。

 

また観察センターには、日本で見られる鶴の種類や、鶴が越冬する様子などを紹介する資料が展示されています。

ナベツルの展示

 

出水市に飛んでくる鶴の種類と食べ物について

出水市に飛んでくる鶴は

  • マナヅル
  • ナベヅル
  • アネハヅル
  • クロヅル

などです。

鶴は田んぼの二番穂や、麦の実、イナゴやタニシ、ミミズなどを食べます。

出水市では鶴を保護する目的で、人工的な環境を作り鶴が出水市で安全に冬を越せるようにしています。

 

 

渡り鳥の世界―渡りの科学入門 (山日ライブラリー)

渡り鳥の世界―渡りの科学入門 (山日ライブラリー)

中村 司
1,296円(12/11 18:32時点)
発売日: 2012/01/25
Amazonの情報を掲載しています

 

 

出水市ツル観察センターまでのアクセス

 

 

出水市の鶴(ツル)まとめ

鶴は木にとまることができない鳥で、生活をするのにある程度動きまわれる広さが必要です。そのため冬の間ねぐらや餌場になる場所が限られています。

鶴は寒い場所にいる鳥だと思っていたので、北海道や東北地方ではなく、鹿児島県の出水市で、これだけの数の鶴を見られるとは思いませんでした。

ツル観察センターは、越冬する鶴の生態について学べる良い施設だと思います。

 

 

鹿児島県出水市周辺のホテル・旅館

 

 

鹿児島県の観光スポット

鹿児島県には、桜島を間近で見れる世界遺産に登録された仙巌園などの観光名所を訪れたり、指宿のそうめん流しや砂蒸し風呂などを体験することができます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク