ツルの渡来地として有名な鹿児島県の出水市

出水市ツル観察センター

長生きのシンボルで縁起のよい鳥として知られているツルは、普段は水のある湿地や湖で生活しています。

ナベヅルやマナヅルなど、暖かい季節にはロシアや中国で生息しているツルたちは、寒い季節になると、日本にやってきます。

そして冬の間、鹿児島県や山口県などの比較的暖かい場所で過ごします。

鹿児島県の出水市には現在、ツルの保護区が指定されています。

この保護区には、毎年1万羽以上と日本一の数のツルが飛んできます。

そのため冬の時期に出水市を訪れると、ツルの大群が生活している様子を見ることができます。

この記事ではツルの渡来地である出水市について紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

ツルの渡来地である鹿児島県の出水市

鹿児島県の北西部にある出水市には10月中旬から3月までの間、たくさんのツルが冬を越すためにやってきます。

出水市に渡来するツルの数は平成28年度で11872羽となっています。

出水市にはツルのねぐらや餌場のすぐ近くにツル観察センターがあり、数多くのツルを見ることができます。

 

 

 

 

ツル観察センター

ツルの観察センターは2階建の建物になっていて、2階が展望台と展示室となっています。

入館料は大人が210円です。

展望室からはツルの大群が田んぼに集まっている様子を観察することができます。

 

展望台からみたツルの大群

 

望遠カメラではなく携帯のカメラで撮影しているので、小さいですが、こちらの写真に写っている鳥はすべてツルです。

こんなにたくさんのツルを一度に見たのは初めてです。

 

また観察センターでは、日本で見られるツルの種類やツルが越冬する様子などを紹介する資料が展示されています。

ナベツルの展示

 

渡来するツルについて

出水市に飛んでくるツルは

  • マナヅル
  • ナベヅル
  • アネハヅル
  • クロヅル

などです。

ツルは田んぼの二番穂、麦の実、イナゴやタニシ、ミミズなどを食べます。

出水市ではツルを保護する目的で、人工的な環境を作りツルが出水市で安全に冬を越せるようにしています。

 

渡り鳥の世界―渡りの科学入門 (山日ライブラリー)

渡り鳥の世界―渡りの科学入門 (山日ライブラリー)

中村 司
1,296円(10/15 15:18時点)
発売日: 2012/01/25
Amazonの情報を掲載しています

 

 

出水市ツル観察センターまでのアクセス

 

出水市のツルまとめ

昔は日本のあちこちで見ることができたツルですが、現在は生息できる場所が限られているため、見かける機会はあっても数羽程度とそれほど多くありません。

鹿児島県の出水市でこれだけの数のツルが見られるとは思いませんでした。

ツルについて学べる良い施設だと思います。

 

 

出水市周辺のホテル・旅館

 

 

周辺の観光スポット