指宿の唐船峡で「そうめん流し」が一年中楽しめる!

スポンサーリンク
食べ歩き旅行

指宿市は、鹿児島県の南、薩摩半島にある市です。指宿といえば「そうめん流し」の日本発祥の地として知られています。

そうめんと聞けば夏のイメージですが、ここ指宿市では一年中「そうめん流し」が楽しめるのです。

 

 

この記事では、開聞岳のふもとで、指宿市が運営する「唐船峡」に訪問して、回転そうめん流しを体験したときの様子をレポートしています。

 

スポンサーリンク

開聞岳のふもとの指宿でランチ

開聞岳を見ながらドライブ

開聞岳と海

 

この日は指宿駅の近くで、砂蒸し風呂を体験したあと、国道226号を通って開聞岳のふもとまでやってきました。

薩摩富士とも呼ばれる開聞岳(かいもんだけ)は、標高が924メートルの独立峰です。

 

晴れた日の開聞岳

 

どの方向から見ても、綺麗な円錐型(コーン型)をしていますね。天気の良い日で、開聞岳の形がはっきり見えました。

いつか登って、開聞岳山頂からの景色を見てみたいと思います。

 

指宿の「唐船峡」

そうめん流し発祥の唐船峡

さて、今日のお昼はこの開聞岳のふもとにある「唐船峡」でそうめん流しを食べることにします。

唐船峡は「そうめん流し」発祥の場所で、指宿市が運営している公共の施設になります。

 

唐船峡の入り口

唐船峡の入り口

 

こちらが唐船峡の入り口です。この奥の橋を渡ったところに、そうめん会場に降りる地下の階段があります。

 

唐船峡の食事メニュー

唐船峡のメニュー看板

 

唐船峡の回転そうめん流しは、年中無休で営業しています。

階段を降りると、途中でお店の看板メニューが設置されていました。そうめんがメインの定食が4つと、ニジマスの塩焼きや、鯉こくなどの単品も選べるようになっていました。

 

 

黒豚丼やマス釜飯など、季節限定のメニューもあるようです。

 

そうめん流しには地元の名水百選の湧き水を使用

そうめん流しに使われている地下水

 

そうめん流しの水には、湧き水が使われています。

唐船峡から2キロメートル離れたところにある、池田湖の地下水「京田湧水」を引いて、飲料水としても提供しているようです。

また、この京田湧水は、名水百選にも選ばれています。

 

唐船峡の回転そうめん流しを楽しむ

唐船峡の回転そうめん流しの会場

地下に降りると、広く開放的なそうめん流しの会場に到着します。屋根がついているテラスの一角の、空いている席を選びます。

 

 

受付で注文する時に、自分のテーブル番号を伝えると、食事を座っているテーブルまで運んできてくれます。

 

そうめん流しの回転スピードのはやさ

 

そうめんを注文してみました。

テーブルに備え付けられた、そうめん流しの台を動画に撮ってみましたので、回転スピードをご覧ください。

水が流れるスピードが早くて、ビックリしますよね。

お子さんを連れてきたら、喜びそうです。大人でも楽しい!

 

 

水の回転スピードの速さには驚きましたが、これぐらい高速の方が、麺を箸でつかみやすいです。

 

九州のめんつゆは甘い!

また、そうめんと一緒に出されためんつゆにも驚きました。本州のめんつゆとは、まったく違った甘いつゆです。

 

 

九州のめんつゆは、この甘さが特徴なのでしょうか?くせになりそうな味で、そうめんがたくさん食べられます。

 

指宿の唐船峡まとめ

テラスで楽しむ回転そうめん流し

くるくる回るそうめん流し、いかがでしたか?唐船峡で出されるそうめんの量は一人分でも多く、十分に楽しめます。

地下にある会場も涼しく、アトラクションを体験しているようで何人かとグループで再訪したいと思いました。

 

指宿「唐船峡」のアクセス・駐車場・営業時間

 

 
アクセス唐船峡までは、指宿駅から開聞岳を経由して、車で23分ほどかかります。
住所
営業時間10:00~17:30(季節によって閉店時間が変更)年中無休
駐車場有り(無料)

 

指宿周辺の観光スポット

出水市ツル観察センターで冬を越す鶴の大群を見る
日本では長生きのシンボルで、縁起のよい鳥として知られている鶴(ツル)。 暖かい季節はロシアや中国で生息しているナベヅルやマナヅルは、寒い季節になると日本に...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ歩き旅行
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ