民宿みやの|雲丹に大間のマグロなど海の幸に大満足の青森の宿

民宿みやのの朝食 食べ歩き旅行

先日、本州最北端の青森県の大間崎に出かけてきました。そのときの記事は、こちらをご覧ください。

 

大間崎|マグロで有名な本州最北端の岬に出かけてみよう!
本州で一番北にある青森県の大間崎(おおまさき)に、やってきました。縦に長い本州の最北端まで来てみると、達成感がありました。 この記...

 

大間崎の観光を終えて、その日の宿泊先に選んだのは、大間崎から車で30分の場所にある、海の近くにある「民宿みやの」です。

 

 

この記事では、青森県の下北半島にある民宿みやので、雲丹やマグロなど、海の幸たっぷりの夕食と朝食を堪能したときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

青森県下北半島で人気の民宿みやの

グーグルマップで急遽大間近くの宿を探す

さて、この日は下北半島の大間崎から車で30分ほどの場所にある、「民宿みやの」に宿泊しました。

直前の予約だったので、素泊まりを覚悟していたのにもかかわらず、夕食と朝食を用意していただき、助かりました。

これまで民宿に泊まった経験は少ないですが、一般のご家庭にお邪魔するような感じですね。民宿みやので宿泊した部屋は2階で、お風呂とトイレは共同で利用します。

 

 

民宿みやのの海鮮づくしの食事

夕飯は食べきれないほどの豪華な海の幸が並ぶ

民宿みやのの夕食

 

そして、上の写真は、民宿みやので提供された夕食の一部です。

ホタテの浜焼きに、タコのカルパッチョ、新鮮なお刺身(大間のマグロも出して頂きました!)にトマトのお浸し、なすの煮つけや煮魚、酢の物など、席に着いたとたん、目の前にお皿がどんどん運ばれてきました。

魚介類をはじめ、新鮮な野菜のお料理の、どれをとってもとても美味しく、ついたくさん食べ過ぎてしまいました。

またこの写真にはありませんが、途中で雲丹も出してくださったので、お茶碗にご飯をお代わりして、ウニ丼にして食べました。

 

朝食もごはんをお代わり

民宿みやのの朝食

 

次の日の朝食も豪華です。お座敷のテーブルには、お魚や温泉卵に野菜、あらめという海藻のお味噌汁、山芋の千切りなどバランスがよい食事が並びました。

朝から皿数が多くて、ごはんをおかわりしてしまいました。

民宿みやのでは、夕食も朝食も、1階のお座敷で他のお客さん達と一緒にいただきました。隣に座っていたのは、青森市から船で旅行に来られたご家族の皆さんで、青森県のおすすめ観光スポットをたくさん教えていただきました。

 

 

民宿みやの宿泊記まとめ

海の幸に大満足の下北半島のおすすめの宿

今回青森県の大間崎を見学したあとに宿泊した、民宿みやのは、ご飯がかなり充実している宿でした。手頃な価格で、お腹いっぱい海鮮料理を堪能して、大満足の一泊を過ごすことができました。

素泊まりではもったいないので、下北半島に観光で出かけた際は、今度は事前にちゃんと予約して、また民宿みやのへ宿泊したいと思います。

 

民宿みやののアクセス・駐車場

 
アクセス民宿みやのは、大間崎と仏ヶ浦のちょうど中間あたりの海沿いの佐井村という場所にあります。
住所
駐車場有り(無料)

 

民宿みやの周辺の観光スポット

民宿みやのは、本州最北端の大間崎と、下北半島の景勝地「仏ヶ浦」のちょうど中間にあります。それぞれの観光スポットへは、車で30分ほどの距離になります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

大間崎|マグロで有名な本州最北端の岬に出かけてみよう!
本州で一番北にある青森県の大間崎(おおまさき)に、やってきました。縦に長い本州の最北端まで来てみると、達成感がありました。 この記...
仏ヶ浦の観光|長い階段を降りてブルーの海に映える白い巨岩を見に行く
青森県は本州の一番北にある県です。青森県の北は陸奥湾(むつわん)をはさんで、下北半島と津軽半島にわかれています。 そしてマサカリの形をした下北半島の西の端...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ歩き旅行
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ