マグロで有名な大間の岬と海の幸の料理が人気の民宿みやの

本州最先端の大間崎

本州で一番北にある大間崎にやってきました。

縦に長い本州の最北端まで来てみると、やはり達成感があります。

この記事では、小さな漁師町といった風情のある大間崎の様子と近くの民宿に宿泊した時の様子を記事にしています。

 

 

スポンサーリンク

大間崎とは?

大間崎(おおまさき)は青森県の下北半島にある本州の最北端にある岬です。

北海道の一番南にあたる松前町よりも北に位置し、函館からも17.5キロメートルしか離れていない距離にあります。

大間崎は天然の大間のマグロで有名な場所です。

 

 

大間崎へのアクセス

大間崎へは青森駅から車で4時間ほどかかります。

 

 

大間崎周辺を散策

大間崎にある公共の駐車場から岬までの通りには、お土産物屋や写真のように店先に干しダコがつるされている食堂や移動販売車などが並んでいます。

お店の前を通り過ぎるとお店の人が気さくに話しかけてくれます。

あけみちゃん号

 

干しダコの足は大きすぎて食べられそうになかったので、マグロの串焼き(500円)を注文してみました。

 

大間のマグロ串焼き

 

脂がのっているのか、ジューシーな味わいでした。

 

岬に到着すると、「ここは本州最北端の地」という碑と、大間のマグロ一本釣りのモニュメントが建てられています。

 

本州最北端の碑

 

右奥に見える大間崎灯台がたっている島は、弁天島といいます。

こちらから弁天島に観光客が渡る手段はないようです。

目の前にはうっすらですが、北海道をみることができます。

ここ大間から函館まではフェリーが1日2便運行していて、90分ほどで着いてしまいます。

そのため大間の人がちょっと買い出しに行く時は、青森市に行くよりも、函館に出かける事の方が多いんだそうです。

 

大間崎の目の前にあるお土産物屋では、大間のマグロの加工食品が売られていました。

自動販売機も大間のマグロ仕様となっています。

大間観光土産センターの自動販売き

 

 

 

 

民宿みやのに宿泊

さて、この日は大間崎から車で30分ほどの場所にある、「民宿みやの」に宿泊しました。

直前の予約だったので素泊まりを覚悟していたのにもかかわらず、お食事を用意していただき、助かりました。

夕飯は小皿でホタテの浜焼き、タコのカルパッチョ、新鮮なお刺身(マグロも出して頂きました!)やトマトのお浸し、なすの煮つけや煮魚、酢の物など、どんどん運ばれてきました。

色々な種類のお料理がどれも美味しくて、ついたくさん食べ過ぎてしまいました。

またこの写真にはありませんが、新鮮なウニも出してくれましたので、ウニ丼にして食べました。

民宿みやのの夕食

 

 

次の日の朝食です。

お魚や温泉卵に野菜、あらめという海藻のお味噌汁、山芋の千切りなどバランスがよい食事です。

朝から皿数が多くて、ごはんをおかわりしてしまいました。

民宿みやのの朝食

 

 

民宿みやのへのアクセス

民宿みやのは、大間崎と仏ヶ浦のちょうど中間あたりの海沿いの佐井村という場所にあります。

仏ヶ浦は民宿みやのから車で30分の距離にあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大間崎を見学した後で宿泊した民宿みやののご飯が充実していて、大満足でした。

下北半島に観光で出かけた際は、またこちらへ宿泊したいと思います。

 

 

 

大間崎周辺のホテル・旅館

民宿やホテルの宿泊情報が紹介されています。

下北半島の宿泊施設(じゃらん)

 

周辺の観光スポット

大間崎まできたら、仏ヶ浦と恐山にはぜひ寄って行かれて下さい。

 

仏ヶ浦|下北半島のブルーの海と白い岩の絶景が見られる観光スポット

 

 

スポンサーリンク