沼津港|ずうのアジフライ定食と活気ある市場の散策

スポンサーリンク
沼津のひもの屋 東海・関西の旅

静岡県にある、沼津港にやってきました。沼津港は、伊豆半島の入口にある港です。

沼津港の市場では、毎日伊豆の近海や駿河湾で水揚げされた鮮度のよい魚がとり扱われています。

また沼津港はアジの干物の生産量で日本一の港です。そのため干物や、水産加工品を取り扱うショップも数多く並んでいます。

 

この記事では、沼津港で「鮮魚食堂ずう」のアジフライ定食を食べて、港市場を散策した時の様子をお伝えしています。

 

スポンサーリンク

沼津港の市場で食堂探し

まずは沼津港でランチのお店探し

風の少し強い日の沼津港

 

こちらが沼津港の海です。沼津港に出かけた日は風が強く、波が少し荒れていましたが、空の色が青く曇りない良い天気でした。漁師船がたくさん停泊していました。

 

回転寿司に海鮮丼のお店

沼津港の回転寿司屋

 

沼津港に到着したのがお昼時だったので、どんなお店があるのかまずは偵察してみることにしました。

沼津港市場の周辺には、「駿河さば」など地魚をあつかう回転寿司屋があったり、ウニやイクラの海鮮丼専門店があったりと、食欲をそそるお店ばかりで迷います。

 

沼津港の海鮮丼ランチの看板

 

 

沼津みなと新鮮館

また沼津港には「沼津みなと新鮮館」という、新鮮な魚介類やレストランが軒を連ねる物産館があります。物産館の正面には大型車の駐車場があり、バスツアーの観光客など、団体のお客さんでいつも賑わっている雰囲気です。

 

水槽で泳ぐ烏賊

 

みなと新鮮館内を歩いていると、魚屋の前で発泡スチロールの中を泳いでいる烏賊(いか)を発見。なぜか一匹だけ。

 

メニューが豊富な丼物屋

 

そしてテナントとして入っている、こちらの丼物屋は、しらす丼や桜エビ丼、あぶりカニ丼など、提供している海鮮丼の種類が豊富でした。値段を見ても、思ったほど高くありませんね。

 

沼津港の「鮮魚食堂ずう」で食事

魚仲買直営店の食堂

鮮魚食堂ずうの入り口

 

さて、あれこれとお店をまわった末、ふと目に留まったのがこちらの食堂。のれんに「魚仲買直営店」と書いてあり、地元の方御用達のお店っぽい外観を醸し出しています。

今回は、こちらの「鮮魚食堂ずう」に入ってみることにしました。

 

鮮魚食堂ずうへのアクセス

 
アクセス鮮魚食堂ずうは、先ほどの沼津みなと新鮮館から、歩いて2分の場所にあります。
住所
駐車場沼津港の駐車場を利用

 

ずうのアジフライと鯵の刺身定食

店内に入るとテーブル席は満席で、カウンター席が少し空いていました。見渡すと「あじフライとあじの刺身定食(1100円)」を食べている人が一番多かったので、同じものを注文してみました。

 

ずうのアジフライとアジの刺身定食

 

こちらがアジフライとお刺身の定食の写真です。量はそれほど多くはありませんが、鯵のお刺身は甘くて新鮮、アジフライはふわっとサクサクしていました。

アジフライは普段食べているものと比べるとくさみが感じられず、ソースをかけなくてもそのままで十分美味しいです。

沼津はアジの取扱量が多いので、これだけ新鮮なアジが食べられるのでしょうか?お刺身とフライ、それぞれの味が楽しめてバランスが良い食事でした。

 

Tシャツでアジフライファンを公言したくなるぐらい、ずうのアジフライは美味しかったです!

 

 

沼津港のお土産ショップを見る

たくさん並ぶひもの屋

沼津港の干物屋

 

さて、アジ定食のランチで満足したあとは、市場周辺を散策します。干物屋は何十件もあって、お土産を買う前に試食もできます。

宅配も頼めますので、色んなお店で味見されてみると良いかと思います。やっぱり生産量一位のアジの干物が、お土産には良いかなぁ。

 

 

駿河湾の深海魚が集まる沼津港

深海魚にフォーカスした「港八十三番地」

沼津港の港八十三番地の入口

 

さて、沼津港でもうひとつ忘れてはいけないのが、「港八十三番地」です。港八十三番街は、「深海魚」にフォーカスしたエリアとなっています。

沼津港に面した駿河湾は、日本一深い湾です。

一般的に200メートルより深い所を泳いでいる魚を「深海魚」と呼ぶそうなんですが、駿河湾の海は一番深い所で2500メートルもあるのです。

港八十三番地では、深海に生息する魚をメニューとして提供するお店が集まっています。

 

深海魚が食べられるお店

深海魚バーガーを売っているファーストフード店

 

港八十三番地には、「深海魚バーガー」を売るファーストフードのお店もあります。サメや金目鯛、アカムツやカサゴも深海魚なんですよね。

 

沼津港深海魚水族館(シーラカンスミュージアム)

「港八十三番地」には深海魚の水族館もあります。

沼津港深海水族館・シーラカンス・ミュージアム」では、生きた化石と言われる大変貴重なシーラカンスの標本や、駿河湾の深海魚などを展示しています。

 

 

世界に一つだけの深海水族館
沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム館長 石垣幸二 監修

 

沼津港まとめ

箱根・伊豆・熱海などの観光地にも近い沼津港

沼津港には他にも海鮮かき揚げ屋や、浜焼き食堂など、食事するお店がたくさんあります。

周辺には伊豆や熱海、箱根など観光地が数多くあることから、途中の休憩・食事スポットとしても気軽に立ち寄ることができる場所だと思います。

また港八十三番地で美味しそうな深海魚のメニューも見つけたので、次に来た時はチャレンジしてみたいと思います。

沼津港へのアクセス

静岡県の沼津港への行き方

 
アクセス沼津港は東京から車で2時間ほどかかります。JR沼津駅からは歩いて28分、バスでは15分ほどで沼津港に到着します。
住所
駐車場沼津港周辺には、駐車場がいくつかあります。料金や場所など、詳しい案内はこちらの沼津港の公式サイトをご覧ください。

 

沼津港周辺の観光スポット

静岡県には、伊豆半島に富士山、御殿場アウトレットなどの観光スポットがあります。

 

御殿場プレミアム・アウトレット|富士山麓のショッピングモール
先日、静岡県の御殿場市にある、大きなショッピングモールに出かけてきました。 御殿場プレミアム・アウトレットという富士山の麓の広大な敷地にあるショッピングモ...

 

その他の観光グルメの記事

海の幸グルメや道の駅・サービスエリアのグルメ記事はこちらをご覧ください。

 

お土産リスト|全国の道の駅・サービスエリア編
車での移動中、よく道の駅や高速道路のサービスエリアに立ち寄ります。 そのときはいつもお土産コーナーをのぞいて、お菓子やおつまみを買ってみては、味くらべをし...

 

沼津港周辺のホテル・旅館

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東海・関西の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ