割子そばの食べ方|出雲の「たばら食堂」でいただく

割子そば 食べ歩き旅行

割子蕎麦(わりごそば)って、食べたことありますか?

 

割子そばは、鳥取県の名物「出雲そば」の冷たいバージョンのお蕎麦のことです。

 

割子そばは、このような丸い形の器に入って、出されます。

 

この記事では、出雲の「たばら食堂」で、割子そばを食べたときの様子を紹介しています。

 

出雲の名物割子そば

出雲大社の帰り道にたばら食堂に寄る

この日の午前中は、出雲大社にお参りに行ってきました。

出雲大社|全国の神様があつまる「神在月」に参拝する
旧暦の10月、島根県の出雲大社(いずもたいしゃ)にお参りに出かけてきました。 日本では旧暦の10月を「神無月(かんなづき)」といいます。なぜ神無月なのかと...

 

出雲では、割子そば(出雲そば)が有名です。せっかく出雲まできたので、参拝の帰り道、地元で割子蕎麦が食べられる「たばら食堂」に立ち寄りました。

 

 

たばら食堂の「割子そば」

お食事処たばらの割子そば

 

こちらが注文した、割子そば(冷) 630円です。薬味は海苔と鰹節に、ネギとモミジおろしがついてきました。

 

上から写真を撮っているのでわかりづらいですが、3段重ねの丸い器の中に、それぞれお蕎麦が入っています。

 

蕎麦のつゆは、ダシがきいていて、甘みが感じられます。

 

割子そばの食べ方

器につゆ(だし)をかける

おいしい割子そばの食べ方

 

それでは、割子蕎麦の食べ方について説明します。

まずは、3段重ねの器の一番上のそばに、お好みで薬味をのせます。そして蕎麦を蕎麦つゆにつけるのではなくて、蕎麦つゆを、直接器にかけて食べます。

1段目の器を食べ終えたら、今度は余ったつゆを、2段目の割子の器にかけて食べます。それを3段目の器まで繰り返すのです。

 

なぜこのような食べ方になったのか?

なぜ割子蕎麦は、このような食べ方になったんでしょうか?それには次のような理由があります。

昔は外で蕎麦を食べるときに、手で持ち運べるお弁当サイズの重箱に入れて、持ち歩いていました。そのため、蕎麦つゆを捨てなくてもすむように、このようなエコに食べる方法が始まりました。

 

「割子」とは重箱のことを指すので、割子蕎麦と呼ばれるようになったんだそうですよ。

 

出雲そばの食べ方まとめ

いかがでしたか?出雲そばは、外で持ち歩くために食べ方があのように独特だったんですね。確かに合理的な食べ方ですし、暖かい季節に、外で食べるお蕎麦も美味しそうです。

 

 

たばら食堂のアクセス・駐車場

 
アクセス出雲大社から車で19分、出雲インターからは車で5分です。
住所
営業時間11:00~20:00(定休日:火曜日)お昼休憩あり
駐車場無料駐車場が完備されています。

 

その他のグルメ記事

全国各地のグルメ記事は、よかったらこちらもお読みください。

 

吉田のうどん|甲府周辺の人気店を紹介
吉田のうどんは、山梨県の富士吉田市のご当地うどんです。富士吉田市以外でも、山梨県内で食べられるお店があります。 この記事では、甲府...