永平寺|門前町の胡麻豆腐が人気!福井の禅の道場

永平寺中部(北陸・甲信)の旅

福井県に、鎌倉時代に、道元(どうげん)がたてた永平寺(えいへいじ)というお寺があります。道元は曹洞宗の開祖で、座禅修行をすることに悟りを見出したお坊さんです。

永平寺では多くのお坊さんが生活をしていて、朝の読経から始まり、そうじや食事など生活のすべてが修行になります。

 

 

この記事では、永平寺の見どころについて紹介しています。

 

スポンサーリンク

永平寺とは

曹洞宗の大本山

福井県にある永平寺は、1244年に道元によって開かれたお寺です。

永平寺は、山に囲まれた場所に70近くの建物がある曹洞宗の大本山になります。多くの修行僧がここで住み込みで、座禅やお勤めの修行をされています。

 

永平寺の見所

吉祥閣(きちじょうかく)

永平寺に到着すると、まずはじめに通用門から吉祥閣に入ります。吉祥閣は、信徒の方及び一般の人の研修道場になっていて、写経や食事、座禅などの修行体験をすることができます。

 

傘松閣(さんしょうかく)

永平寺の見学コースの初めには、傘松閣があります。こちらには、絵天井がかかれた156畳もある大きなお部屋があります。

 

仏殿(ぶつでん)

傘松閣から僧堂を通り過ぎると、曹洞宗の御本尊のお釈迦様が祀られている仏殿があります。

廊下を歩いていると、修行僧の方が作務(さむ)とよばれる作業をされていらっしゃる風景を目にします。

 

永平寺の食事

永平寺では食事も修行のひとつ

仏殿の奥には、大庫院(だいくいん)があります。この一階には、食事をつくる典座寮があります。

永平寺では修行の一つとして、普段とる食事も修行の一部として、とても大事にしています。

食事の際は、応量器が使われています。応量器(おうりょうき)とはこんな感じの積み重ねられるお椀のことを言います。

 

 

永平寺の門前町の胡麻豆腐

胡麻豆腐付きの定食

永平寺の参拝のあと、参道沿いでお昼を食べることにしました。永平寺の参道には、精進料理が食べられるお店がいくつかありますが、それらのお食事処で出される料理も、華美ではなく手のかかったお食事が多かったです。

特に永平寺周辺でしか食べられない、生のごま豆腐がとても美味しいです。

 

永平寺参道のお食事

 

こちらは生の胡麻豆腐ではありませんが、同じお店で販売されているお土産用の胡麻豆腐になります。

 

 

永平寺のまとめ

日常のすべてが修行の永平寺

永平寺では、一般の方も座禅や写経など修行体験をすることができます。当日受付もされているようですので、吉祥閣にある受付で確認されてみてください。

今回永平寺やその参道のお店を訪問して、日常の生活がすべて修行という印象を強く感じました。

また永平寺では2019年秋に、観光客も泊まれる座禅体験などができる新しい宿泊施設がオープンするそうです。

 

永平寺へのアクセス・駐車場

 
住所
駐車場無し(周辺の有料駐車場を利用)

 

永平寺周辺のホテル・旅館

 

 

永平寺周辺の観光スポット

永平寺から車で30分ほどの距離のところに、福井県立恐竜博物館があります。

 

恐竜博物館の滞在時間は?|福井県に恐竜のジオラマや化石を見にいこう!
今から2億2千5百年前からおよそ一億年のあいだ、地球上に存在していた恐竜という巨大ないきもの。そんな恐竜について学べる施設が、福井県の勝山市にあります。 ...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中部(北陸・甲信)の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ