じゃじゃ麺|盛岡駅近くの人気店!白龍とあきをで肉味噌麺とちーたんを食す

白龍のじゃじゃ麺 食べ歩き旅行

じゃじゃ麺って、食べたことがありますか?

 

じゃじゃ麺は、岩手県盛岡市のご当地麺です。

 

ジャージャー麺の甘みのある肉味噌とは違って、じゃじゃ麺の上にのっている肉味噌は、ペースト状で甘みが控えめな味付けです。また使っている麺も中華麺ではなくて、うどんなんです。

 

 

この記事では、岩手県の盛岡駅の周辺で、「じゃじゃ麺」の食べ歩きをしてきた時の様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

盛岡じゃじゃ麺「あきを」

盛岡じゃじゃ麺「あきを」

盛岡じゃじゃ麺あきを

 

まず最初にご紹介するのは、盛岡駅から歩いて14分の場所にある、「盛岡じゃじゃ麺 あきを」です。こちらが「あきを」の入り口です。

食券機で「盛岡じゃじゃ麺・中(450円)」を購入し、カウンター席に座ります。

 

肉味噌がのった「じゃじゃ麺」が到着

あきをのじゃじゃ麺

 

こちらが、あきをの中サイズのじゃじゃ麺です。温かいうどんの麺の上に、肉味噌とキュウリ、ネギが載っていて、紅生姜とすりおろし生姜が添えられています。

酢とラー油、にんにくなどを追加して、食べても良いそうですが、今回はとりあえず出されたままの状態で、かきまぜて食べてみました。

肉味噌といっても、肉が主体の甘辛い味噌がのったジャージャー麺とは違って、じゃじゃ麺の味噌は、味噌の味が全面にくる感じの味付けで美味しかったです。

 

ちーたんの頼み方

じゃじゃ麺の食べ方

 

じゃじゃ麺にはもうひとつ、「ちーたん」というスープがついてくるという特徴があります。ちーたんは、じゃじゃ麺の麺を少しだけ残して作ってもらう、中華風かきたまスープのことです。

あきをのちーたんは無料です。

ちーたんの頼み方ですが、少し麺が残った状態で、無料でついてくる卵をひとつ、お皿に割り入れます。そしてお皿をスタッフの方に渡すと、スープを入れてちーたんを作ってくれます。

 

ちーたんスープ

 

こちらが、できあがってきた「ちーたん」です。

酢を少しだけ入れて飲んでみました。シメにぴったりのスープですね。

 

盛岡じゃじゃ麺あきをのアクセス・駐車場

 
アクセス盛岡駅から徒歩14分
住所
駐車場無し(周辺有料駐車場を利用)

 

「白龍」盛岡駅ビル・フェザン店

盛岡じゃじゃ麺の老舗 白龍(パイロン)

次にやってきたのは、盛岡駅ビル「フェザン」の1階に入っている、「盛岡じゃじゃ麺パイロン(白龍)」です。

お盆の休み期間中に訪問したせいもあって、白龍の店先にはたくさんの人が並んでいました。それで少し時間をずらしたあとで戻ってきたところ、運良く入店することができました。

 

控えめな味付けの白龍のじゃじゃ麺

白龍のじゃじゃ麺

 

こちらが白龍のじゃじゃ麺です。あきをのじゃじゃ麺とくらべると、塩分が控えめな、マイルドな味付けの肉味噌です。

 

白龍はじゃじゃ麺発祥の店です。じゃじゃ麺がどんな麺か知りたい時は、まずこちらの麺を食べて他のお店と食べくらべしてみるのが、良いかもしれません。

 

白龍のじゃじゃ麺メニュー

白龍のじゃじゃ麺も、

 

  • 小(500円)
  • 中(600円)
  • 大(700円)
  • 特大(800円)

 

からサイズが選べます。卵スープの「ちいたんたん」は追加で50円になります。

 

盛岡じゃじゃ麺 白龍のアクセス・駐車場

 
アクセス盛岡駅フェザンおでんせ店1F
住所
駐車場有り(有料)

 

盛岡市のデパート「川徳」

盛岡じゃじゃ麺「あきを」から歩いて3分のところに、盛岡市を代表する老舗デパート「パルクアベニュー・カワトク」があります。

カワトクデパートには、岩手県内の名産品が数多く売られています。品揃えも充実していて、店員さんも親切なので、大好きなデパートの一つです。

カワトクデパートの地下1階にも、「白龍」がテナントで入っています。こちらの店舗は18時がラストオーダですが、デパートの売り場で「白龍のじゃじゃ麺」のお持ち帰りの麺が売られていて、お土産に買うこともできます。

 

カワトクデバートに出かけられた際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

盛岡駅周辺のじゃじゃ麺人気店まとめ

いかがでしたか?じゃじゃ麺は、味噌が特徴のご当地ヌードルです。盛岡駅周辺には、他にもじゃじゃ麺が食べられる店がありますので、いろいろ食べ歩きしてみてください。

 

その他の盛岡のご当地麺

盛岡のご当地麺については、こちらの記事もどうぞ。

 

盛岡名物の三大麺|来たら立ち寄りたくなる人気店を紹介
岩手県の県庁所在地である盛岡市。盛岡の魅力はたくさんありますが、盛岡発祥のご当地フードを食べるのも旅の楽しみのひとつです。 ところで盛岡の三大麺ってご存知...
ヤマトにぴょんぴょん舎、大同苑|盛岡冷麺のおすすめ有名店をご紹介
盛岡に出かけると、食べたくなるのが「盛岡冷麺」です。冷麺の冷たい甘辛いスープが、やみつきになりますよね。 韓国の冷麺とは違って、盛岡冷麺は、コシのある太め...
ご当地うどん|これだけ違う!全国の名物をまとめてみた
毎日食べても飽きないうどん。 日本でうどんがつくられはじめたのは、平安時代です。讃岐出身の弘法大師(空海)が中国から帰国したときに、四国に最初にうどんを伝...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ歩き旅行
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ