瀬戸大橋の観光|展望台から眺めるパノラマの景色

スポンサーリンク
瀬戸大橋 中国・四国の旅

本州から車を使って、四国に出かける時に使うルートは3つあります。

ひとつめは兵庫県から徳島県に渡る、「明石海峡大橋」を使ったルート。次は広島県から愛媛県に向かう、「しまなみ海道」。

そして3つ目が、岡山県から香川県に向かう「瀬戸大橋」です。瀬戸大橋は、3つのルートの中で一番最初に開通しました。

 

 

この記事では、瀬戸大橋について紹介しています。

 

スポンサーリンク

瀬戸大橋について

本州と四国をはじめて結んだ海の大橋

瀬戸大橋(せとおおはし)は本州と四国をはじめて結んだ、長さが9.4キロメートルの橋です。

昭和53年に工事を着工し、10年後の昭和63年4月10日に開通しました。

瀬戸大橋の建設には、5千人を超える延べ人数が参加したと言われています。

瀬戸大橋の開通時は記念イベントとして、10万人の人が歩いて瀬戸大橋を渡りました。

ちなみに今年は瀬戸大橋の開通から数えてちょうど31年目にあたります。

 

瀬戸大橋の建設

以前「プロジェクトX」というNHKのテレビ番組で、瀬戸大橋の建設にかかわった人達の特集をしていました。

橋をつくる際、まずは瀬戸内海の海中に「ケーソン」と呼ばれるコンクリートの基礎をつくらなければなりません。

このケーソンを設置する時に、大変な苦労をされているようです。

 

瀬戸大橋の観光

瀬戸大橋の中間地点にある与島パーキングエリア

瀬戸大橋から四国側を見た風景

 

瀬戸大橋は、岡山県の倉敷市から香川県の坂出市まで続いています。

こちらは瀬戸大橋の途中にある与島パーキングエリアから、香川県の坂出市方向を見た景色です。

与島は瀬戸大橋のちょうど半分ぐらいの場所にある瀬戸内海の島です。

 

与島パーキングエリアから眺める瀬戸大橋

与島パーキングエリアの屋上には、展望台があり瀬戸内海の島々や、香川県の讃岐富士とよばれる飯野山まで見渡すことができます。

 

与島パーキングエリアの讃岐うどん

与島パーキングエリアは香川県にあるので、パーキングエリア施設内のフードコートで讃岐うどんが食べられます。

自分でトッピングを選んで、コシのある讃岐うどんをいただきました。

 

サービスエリアの讃岐うどん

 

香川県出身の要潤さんはうどん県副知事だそうです。

 

瀬戸大橋サービスエリアのうどん県ポスター

 

与島パーキングエリアのアクセス・営業時間

 
アクセス坂出市から車で15分
住所
営業時間24時間(与島プラザは8:00-21:00)
駐車場有り(無料)

 

瀬戸大橋の観光まとめ

四国へ旅行へ出かけた際は、片道に瀬戸大橋を利用して、帰りは別のルート(明石大橋やしまなみ海道)を通るという旅行も良いかもしれません。

瀬戸大橋を渡るときは、ぜひ与島パーキングエリアに立ち寄って、瀬戸大橋のパノラマの眺めを楽しんでみてください。

 

瀬戸大橋周辺のホテル・宿泊施設

 

 

瀬戸大橋周辺の観光スポット

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国・四国の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ