こんぴらさんの参拝と参道の食べ歩き

スポンサーリンク
こんぴらさんの本宮 中国・四国の旅

こんぴらさんの愛称で知られる、香川県の金毘羅宮(ことひらぐう)へ、お参りをしてきました。

瀬戸内海を見下ろす琴平山の中腹に、こんぴらさんの本宮があります。そしてその本宮までは、長い石の階段が続いています。

この石段、登るのが一苦労だったりするんですが、そこは昔から人気の参拝地である、こんぴらさん。途中にたくさんの休憩処があって、一休みしやすくなっています。

 

この記事では、こんぴらさんのお参りと、途中で立ち寄ったお店を紹介しています。

 

スポンサーリンク

金刀比羅宮(こんぴらさん)について

海の神様をまつる石段の多い神社

金比羅宮(こんぴらさん)は、香川県の琴平町にある海の神さまをまつっている神社です。

こんぴらさんへは、江戸時代から多くの参拝客が訪れています。ただ、金毘羅宮の本宮や奥社へお参りするには、参道の長い石段を登らなくてはなりません。

 

石の階段は本宮までが785段で、奥社までは1368段あります。

 

金刀比羅宮(こんぴらさん)へのお参り

表参道から大門まで

まずは、こんぴらさんの表参道の入口に車を停めて、仲見世通りを進みます。しばらく歩くと、一之坂の鳥居に到着します。

 

金比羅さん石段

 

ここから、急な登り坂になります。

 

こんぴらさんの登りの石段

 

上り坂が続きます。早朝だったため、参道のお店はまだそれほど開いていません。

 

境内入口の大門に到着

金比羅さんの大門

 

石段をさらに登って行くと、坂の上に大門が見えてきました。ここまでの写真で石段が多い様子が、お分りいただけましたでしょうか?

 

加美代飴(こんぴら飴)

大門をくぐると、金比羅宮の境内に入ります。有難いことに、ここからしばらく平坦な道になります。

大門を通り過ぎてすぐの境内には、傘をさした飴屋さんが並んでいます。この飴屋さんは「五人百姓」と言って、特別にこんぴらさんの境内で、飴の販売を許可されているそうです。

 

こんぴら境内の飴屋

 

歩いていると店番のお姉さんに声をかけられて、飴の味見をさせてもらえました。この飴は「加美代飴(かみよあめ)」というべっこう色の飴で、小さな金色の金づちで割って食べます。

お米を原料としたシンプルな甘さで、なつかしい味がします。美味しかったので、お土産にひとつ買いました。

 

旭社(あさひしゃ)から本宮までの階段

さて、境内をしばらく進んでいくと、旭社に到着します。旭社は以前、こんぴらさんの御本尊を納めていた金堂だった建物です。旭社の右手の道を進んでいきます。

 

こんぴらさんの参道の門

 

ここから、また登りの階段が続いていきます。

 

こんぴらさんは、ペット連れの参拝が可能

階段を登っていく途中、「ペットをお連れの皆さまへ」と書かれた、こんな看板を見つけました。

 

ペット連れの参拝者向け看板

 

江戸時代、お参りに行かれない飼い主の代わりに、犬に代わりにお参りしてもらう「こんぴら狗」という習慣があったそうです。

 

そのため今でも金毘羅宮では、ペットを連れてお参りすることが許可されているようです。

 

本宮までの階段

 

この階段を登ると、本宮に到着します。あともう少し!

 

本宮に到着

 

階段を登り終えて、本宮に到着しました。本宮のある高台からは、讃岐平野が一望できます。

 

神礼授与所で人気の黄色のお守り

こんぴらさんのお守り

 

さて、無事本宮をお参りしたあとは、こちらの神礼授与所に立ち寄りました。

このまぶしい黄色のお守りは、「ミニこんぴら狗守り」といって、いかにもご利益がありそうな、こんぴらさんで一番人気のお守りです。

金運アップを願ってか、アジア人の旅行者の方達もたくさんいらして、お守りを買われていました。

 

笑顔元気くんのお守り

笑顔元気くんのお守り

 

私はこちらの可愛らしいお守り、「笑顔元気くん」を買いました。笑顔元気くんは、こんぴらさんのキャラクターです。金刀比羅宮の宮司さんが、デザインされたそうです。

 

初めて見た時は、この絵は一体何?と思いましたが、見ているとだんだんと愛嬌が感じられる絵ですよね。

 

今ではバックにつけて、いつも持ち歩いている、お気に入りのお守りです。

 

 

金比羅宮(こんぴらさん)の御朱印

金毘羅さん御朱印

 

お守りと一緒に、金刀比羅宮の御朱印もいただきました。参拝の良い記念になります。

 

帰りの階段

 

お参りを済ませて、「笑顔でしあわせ。こんぴらさん!!」の看板に見送られて階段を降ります。

 

こんぴらさん参拝後の食べ歩き

こんぴらさんの参道グルメ

さて、金比羅さんのお参りを無事にすませて、帰る頃には、ちょうど参道のお店が開きはじめました。そのうちいくつかのお店に、寄ってみることにしました。

 

資生堂バーラー「神椿」

資生堂カフェのパフェ

 

まずはじめに立ち寄ったのが、石段を下る途中にある資生堂パーラーの「神椿(かみつばき)」です。こちらで一番人気の「神椿パフェ」は、わらび餅や黒蜜などが入った、和風の味付けのパフェです。

一番上にのっているピンクと黄色、白色のパフパフしたものは、「おいり」と言って讃岐のお餅のお菓子です。

 

紀伊国屋の堅焼きせんべい

舟々せんべい

 

次に訪れたのは、おせんべい屋さんです。創業明治15年の紀の国屋本店の「舟々せんべい」では、写真のような堅焼きせんべいを、1枚から買うことができます。

 

焼きたてのおせんべい

 

お店の人が、焼きたてのおせんべいを渡してくれました。香ばしくて美味しかったです。

 

讃岐うどん&うどん体験教室

大きいアゲのはいったきつねうどん

 

こんぴらさんの参道の入口には、讃岐うどん屋が何軒かあります。今日は「こんぴらうどん参道店(本店)」に入ってみました。デッカいアゲ入りのきつねうどんが、620円でした。

 

中野うどん学校

 

こんぴらうどん参道店の向かい側の通りには、うどんの体験教室を開いている「中野うどん学校」があります。

体験教室ではダンスを踊りながら、生地を足で踏んでうどんを作ります。外国人の観光客も、ツアーでたくさん訪れているようです。

 

讃岐一刀彫り

讃岐一刀彫り

 

金毘羅さんの参道には、地元の伝統工芸品である讃岐一刀彫りの工房&お店があります。そのうちの一軒で、職人さんとおしゃべりしました。

木を掘る職人さんに似ていて、とても良い表情をしている仏像です。

 

こんぴらさんまとめ

毎年参拝したいこんぴらさん

昔から旅人を受け入れて来たこんぴらさんでは、おもてなしの歴史を感じることができます。

毎年、こんぴらさんの参拝を楽しみにされている方の中には、長い石段を登れずに参拝できない方もいらっしゃいます。

 

石段を登れなくても、休憩処でお店の人とおしゃべりをしながら、一緒にきた家族やお友達の帰りを待つ人もいるのだとか。

 

それだけ人気の神社なんですね。楽しかったこんぴらさん(金刀比羅宮)の参拝。今度は、奥社までチャレンジしてみたいです。

 

金比羅宮(こんぴらさん)へのアクセスと駐車場

電車でこんぴらさんまで出かける場合、琴電の「琴平駅」で降りると参道入口まで徒歩で7分、JRの「琴平駅」からは徒歩11分かかります。

金比羅宮に車で出かける場合、高松市から1時間ほどかかります。善通寺インターからは17分です。

 

参道入口の周辺には、いくつかの有料駐車場があります。「タイムズこんぴら前駐車場」の平日の駐車料金は1日500円でした。大型車が入れるほど広かったので、こちらの駐車場に停めることにしました。

 

 
住所
料金場1日500円

 

 

石段の多い観光スポット

石段と言えば、千葉の鋸山や山形の羽黒山も、段数が多いことで知られています。

 

 

 

香川の観光スポット

こんぴらさん参道の入口には、日本で一番古い歌舞伎小屋である、金丸座があります。帰り道こちらで、江戸時代の歌舞伎舞台を見学してみるのも楽しいですよ。

 

 

こんぴら周辺のホテル・旅館

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国・四国の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ