仏ヶ浦|下北半島のブルーの海と白い岩の絶景が見られる観光スポット

仏ヶ浦

本州の一番北にマサカリの形をした青森県の下北半島があります。

下北半島の西の端には、仏ヶ浦という海岸沿いに絶景が見られる観光スポットがあります。

距離的に気軽に何度でも行かれる場所ではないのですが、下北半島にお出かけの際は、一度はぜひ見ておくことをオススメしたい観光地の一つです。

 

この記事では仏ヶ浦について紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

仏ヶ浦とは?

仏ヶ浦は青森県の下北半島の西端にある巨大な奇岩が続く景勝地です。

2キロメートルに渡り、海岸沿いの岩が波や風に侵食されて白い岩肌がむき出しになっています。

 

 

仏ヶ浦へのアクセス

仏ヶ浦は本州の北端の大間崎から車で南に1時間ほど下ったところにあります。

 

下北半島の西端にあるため、青森市の中心からは車で3時間半ほどかかります。

船で行く場合は、青森から2時間半ほどフェリーに乗船して佐井村に渡り、佐井村から遊覧船で30分ほどかけて仏ヶ浦に到着します。

 

仏ヶ浦の見どころ

車で行く場合、駐車場から海岸までの遊歩道が設置されています。

写真のような傾斜の木の階段をひたすら降りて行くので平らな道ではありません。

もし歩くのが苦手な場合は遊覧船を利用した方が良いかもしれません。

仏ヶ浦までの遊歩道

 

海岸に到着しました。

仏ヶ浦の海岸

 

海岸は浅瀬になっていて、透き通った青い海が遠くまで続き、真っ白な断崖と山の緑が映えています。

仏ヶ浦の青い海

 

しばらくすると観光客を乗せた遊覧船がやってきました。

仏ヶ浦全体を遠くから見渡すことが出来るので、船で観光するのも良さそうです。

晴れた日で桟橋からは海の色がとても青く輝いています。

 

 

スポンサーリンク

仏ヶ浦のまとめ

いかがでしたか?

白い岩と澄んだ青い海のコントラストが素晴らしく、南国にきたのかと勘違いするほど綺麗な青い海の景色を堪能できました。

次回は遊覧船で仏ヶ浦の海岸沿いを回って見たいと思います。

 

仏ヶ浦周辺のホテル・旅館

下北半島の宿泊施設(じゃらん)

仏ヶ浦から大間崎周辺はホテルの数はそれほど多くないため、民宿に宿泊するという手もあります。

私は仏ヶ浦を観光した後、急遽当日の予約となってしまいましたが民宿みやのに運良く空きがあり、宿泊することができました。

 

大間崎|本州最北端の岬と海の幸の料理が人気の民宿みやの

 

民宿みやのでは地元でとれた海の幸を食べきれないほどの量で出して下さいました。

新鮮な海の幸の食事が食べられるのは民宿ならではですね。

とてもぜいたくな夕食と朝食をいただきました。

 

周辺の観光スポット

青森県は自然豊かな観光スポットが他にもたくさんあります。

白神山地|青池で有名なブナの原生林が続く世界自然遺産

 

 

リゾートバイトならリゾバ.com