ブナの原生林がつづく白神山地に足を踏み入れる

スポンサーリンク
北海道・東北の旅
eye-blink/Shutterstock.com

白神山地(しらかみさんち)は、青森県と秋田県の県境にある、1000メートル級の山岳地帯です。

白神山地には、世界最大級のブナの林が手つかずで残っています。天然のブナ林は貴重で、白神山地は現在では、世界遺産として登録されています。

 

 

この記事では、ブナの原生林がつづく白神山地の特徴と見どころについて紹介しています。

 

スポンサーリンク

白神山地の特徴

手つかずのブナの原生林に囲まれた白神山地

昔の日本には、ブナの木がそこらじゅうに生えていました。

しかしブナの木は曲がりやすく材料には使いづらいため、ほとんど杉やヒノキに植え替えられてしまいました。

 

 

白神山地にも同じように杉やヒノキを植える計画がありましたが、地域の人々が反対して、1989年には林野庁に保護地域に指定されました。

その後1993年に、白神山地は世界自然遺産に登録されています。

 

白神山地に生息する希少な動物たち

 

白神山地には、天然のブナの木がある場所に多く生息する

 

  • 日本カモシカ
  • ツキノワグマ
  • ニホンザル
  • クマゲラ
  • イヌワシ
  • シラガミクワガタ

 

などの貴重な生物が住んでいます。

 

カモシカは、シカではなく、ウシ科の動物です。確かにシカというより、見た目が牛とヤギに似ていますよね。

 

白神山地の見どころ

限られた観光ルートのみ入山できる白神山地

白神山地の大きさは、約1300平方キロメートルあります。

このうち人の影響を受けていない、169キロ平方メートルのエリアが、世界自然遺産に登録されています。169キロ平方メートルのうち、4分の3が青森県側で、4分の1が秋田県側に属します。

現在白神山地を観光するには、あらかじめ用意された遊歩道以外の場所は、入山禁止もしくは届出が必要になっています。

 

白神山地ビジターセンター

白神山地ビジターセンター

 

白神山地の観光をする時は、まずはこちらの白神山地ビジターセンターに、立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

青森県の岩木山の近くにある白神山地ビジターセンターでは、白神山地の紹介をおこなっていて、旅行者も足を踏み入れることができるエリアについて、詳しく案内をしてくれます。

 

ブナの原生林について学べる展示ホール

ブナの年輪

 

白神ビジターセンター内には、ブナの一生がわかる展示コーナーがあります。豊富な資料があり、ブナの木とその生態について詳しく学ぶことができます。

 

ブナは成長が遅く、寿命が長い木です。成長のピークは100歳以上で樹齢が200年、300年を超えるブナの木もあります。

 

展示室には無料で入れますので、ぜひご覧になってみてください。

 

白神山地ビジターセンターのアクセス・駐車場・営業時間

 
アクセス
住所
営業時間8:30~17:00(11月から3月までは、9時から16時30分)
駐車場有り(無料)

 

世界遺産の径「ブナ林散策道」を歩く

白神山地ビジターセンターから、一番近い場所にある白神山地の散策ルートは、暗門の滝の周囲にある「世界遺産の径 ブナ林散策道」です。

 

ブナ林散策道

 

暗門の滝は、現在立ち入りが制限されていて、ガイドを付けて散策することを勧められますが、その手前にある「ブナ林散策道」でしたら、ガイド無しでも気軽に散策することができます。

ブナ林散策道は、小回りコース15分、大回りコース45分の2つのルートから選べる、1周2キロメートルの高低差のあるコースですが、散策路がきちんと整備されていますので、たくさんのブナの木に囲まれながら、ゆっくりウォーキングを楽しむことができます。

 

アクアグリーンビレッジANMONのアクセス・駐車場

暗門の滝への散策や、ブナ林散策道を歩く場合は、車をアクアグリーンビレッジの駐車場に停めると便利です。

 
アクセス白神山地ビジターセンターから車で22分
住所
営業時間9:00~16:00
駐車場有り(無料)

 

青池

また日本海側からは、「リゾートしらかみ」という観光用の電車を使って、白神山地の西の端にある、十二湖(青池)へ行くことがでいます。

青池は水深が9メートルの青い神秘的な池として、人気の観光池です。

 

白神山地のブナの原生林まとめ

ブナの天然の林の中で自然を学ぶ

日本には現在、人の手が加えられていない森林は、ほぼ無いと考えた方がよいそうです。けれども白神山地は、元々人が簡単に入り込める場所ではなかったため、大掛かりな木の伐採や植林を免れることができました。

 

白神山地に来たら、天然のブナの林の中をぜひ歩いてみてください。自然について学べる良い機会になると思います。

 

そのほかの世界自然遺産

現在日本の世界自然遺産のうち、人の影響をほとんど受けていない原生的な森林地帯は、白神山地の他に、知床と屋久島があります。

 

知床半島|世界遺産の自然と動物たちの暮らし
アイヌのことばで、シリエトク(地の果て)の意味をもつ知床半島は、北海道の北東部にあるオホーツク海に突き出した半島です。 知床半島には手つかずの自然が残って...
屋久島の見所|洋上のアルプスと呼ばれる世界遺産
屋久島(やくしま)は、九州の一番南の佐多岬から60キロメートル離れたところにある島です。 屋久島は日本のすべての気候帯の自然が体験できる場所として知られて...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
北海道・東北の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ