白神山地|青池で有名なブナの原生林が続く世界自然遺産

白神山地は、青森県と秋田県の県境にある1000メートル級の山岳地帯です。

白神山地には世界最大級のブナの天然林が手つかずで残っています。

この記事では白神山地の特徴と見どころについて紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

白神山地の特徴

世界遺産登録

昔の日本には、ブナの木がそこらじゅうに生えていました。

しかしブナの木は曲がりやすく材料には使いづらいため、ほとんど杉やヒノキに植え替えられてしまいました。

白神山地にも同じように杉やヒノキを植える計画がありましたが、地域の人々が反対して、1989年には林野庁に保護地域に指定されました。

その後1993年には白神山地は世界自然遺産に登録されています。

 

校庭の木・野山の木6 ブナの絵本 (まるごと発見!校庭の木・野山の木)

校庭の木・野山の木6 ブナの絵本 (まるごと発見!校庭の木・野山の木)

2,916円(10/19 13:28時点)
発売日: 2017/02/17
Amazonの情報を掲載しています

 

 

白神山地に生息する希少な動物たち

白神山地には、ブナの木がある場所に多く生息するウシ科の日本カモシカや、ツキノワグマ、ニホンザル、クマゲラやイヌワシ、シラガミクワガタなどの貴重な生物が住んでいます。

 

 

 

白神山地の見どころ

白神山地ビジターセンター

白神山地の大きさは約1300平方キロメートルです。このうち特に人の影響を受けていない169キロ平方メートルのエリアが世界自然遺産に登録されています。

現在白神山地を観光するには、あらかじめ用意された遊歩道以外の場所は、入山禁止もしくは届出が必要になっています。

青森県の岩木山近くにある白神山地ビジターセンターでは、旅行者も足を踏み入れることができるエリアについて案内してくれます。

 

白神山地ビジターセンター

 

またセンター内にはブナの展示コーナーがあり、ブナの木とその生態について詳しく学ぶことができます。

 

白神山地ビジターセンターへのアクセス

 

 

暗門の滝を見る散策道

白神山地ビジターセンターから比較的近い場所にある散策道は、「暗門の滝遊歩道コース」です。

 

暗門の滝へはガイドを付けて散策することを勧められますが、その手前にある1周2キロメートルの「ブナ林散策道」はガイド無しでも気軽に散策することができます。

ブナ林散策道

 

暗門の滝への散策や、ブナ林散策道を歩く場合は、車をアクアグリーンビレッジの駐車場に停めると便利です。

 

アクアグリーンビレッジANMONへのアクセス

 

 

青池

また日本海側からは、「リゾートしらかみ」という観光用の電車を使って、十二湖(青池)へ行くことが出来ます。

青池は水深が9メートルの青い神秘的な池として人気の観光池になっています。

 

日本の世界自然遺産

現在日本の世界自然遺産のうち、知床と白神山地、屋久島は、人の影響をほとんど受けていない原生的な森林地帯です。

日本には人の手が加えられていない森林はほぼ無いと考えておいた方が良いとのことですが、上にあげた3つの森林地域は人が簡単に入り込める場所ではなかったため、大掛かりな木の伐採や植林を免れることができました。

 

白神山地周辺のホテル・旅館

 

 

周辺の観光スポット

 

 

参考にした本

 

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

西村幸夫
24,624円(10/19 11:14時点)
発売日: 2016/04/01
Amazonの情報を掲載しています

 

東日本の世界遺産 知床、白神山地、平泉など (新版 修学旅行で行ってみたい日本の世界遺産 1)

東日本の世界遺産 知床、白神山地、平泉など (新版 修学旅行で行ってみたい日本の世界遺産 1)

本田 純, 鈴木 しのぶ, 清原 工
3,240円(10/19 13:28時点)
発売日: 2014/02/27
Amazonの情報を掲載しています