屋久島ってどんなところ?世界自然遺産の観光ガイド

hasetetsu/Shutterstock.com

 

屋久島(やくしま)は、九州の一番南にある佐多岬から60キロメートル離れたところにある島です。

屋久島には、九州の最高峰である1935メートルの宮之浦岳(みやのうらだけ)をはじめとして、標高が1000メートルを超える山が46座もあります。

そのため、屋久島は「洋上のアルプス」と呼ばれています。

 

 

また屋久島は南国に生える植物だけではなく、寒い地域の植物も生息しています。

日本列島の亜熱帯から亜寒帯まで、すべての自然を同時に体験できる場所です。

 

この記事では、屋久島の特徴や観光の見どころについて紹介しています。

 

 

 

スポンサーリンク

屋久島ってどんなところ?島の特徴

日本のすべての自然が集まる場所

屋久島は日本で9番目に大きな島です。

外周は100キローメートルで、車で一周すると2時間ぐらいかかります。

屋久島の標高が低いところでは、ガジュマルやマングローブなどの沖縄と同じ南国の植物が、また標高600メートルぐらいまでは、シイ、カシなどの照葉樹林(しょうようじゅりん)が見られます。

 

屋久島

 

それよりも高いところになると、屋久杉(やくすぎ)が生えていて、1600mを超える高層湿原では、高原植物が多く見られるようになります。

 

屋久島には、日本の約7割の種類の植物が生育していて、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。

 

今では日本列島ではほとんど残っていない貴重な照葉樹林も広い範囲で見られることが評価され、1993年に屋久島は世界自然遺産に登録されました。

 

 

雨がとても多く降る屋久島

屋久島は、降水量がとても多い島です。

年間降水量は4400ミリメートルを超えていて、これはなんと東京都の約3倍にもなります。

ちなみに、東京の年間降水量は1500ミリメートルで、この数値は全国平均になります。

 

この雨が多いことが、屋久島のゆたかな自然をつくるもととなっています。

 

 

 

 

 

 

 

屋久島観光の見どころ

屋久杉(やくすぎ)

屋久島でとても有名な木は、屋久杉(やくすぎ)です。

 

屋久島の杉

 

屋久杉は、ふつうの杉の樹齢500年をはるかに超えていて、樹齢2000年以上のものがあります。

1966年に、屋久島で最大の屋久杉といわれる縄文杉(じょうもんすぎ)が発見されました。

縄文杉の樹齢は、2170年以上と推定されています。

 

 

 

なお縄文杉の生えている場所は、屋久島で有名な観光スポットとなっています。

縄文杉までのトレッキングツアーに参加すると、途中の道で、「ウィルソン株」と呼ばれる大きな屋久杉の切り株があります。

ハート形のウィルソン株も、人気の写真撮影スポットとなっています。

 

 

 

屋久杉の寿命が長い理由は?

成長が遅く寿命が長い

屋久杉の寿命が長い理由は、屋久島が花崗岩(かこうがん)でできていて根が地中にのばせないため、栄養がとれにくいからです。

そのため、ゆっくりと時間をかけて成長することしかできません。

成長が遅い分、丈夫な幹が育ち寿命が長くなるそうです。

 

そういえば、ブナも成長が遅く、寿命が長い木ですね。

 

白神山地|ブナの原生林が続く青森と秋田の世界遺産観光

2017.06.27

 

江戸時代に屋久杉は屋根の材料として使われ、大量に伐採されていました。しかし1970年以降、屋久杉の伐採は禁止されています。

 

鹿児島の仙巌園など、屋久杉でつくられたお土産物を販売している観光地を見かけますが、自然に倒れた木を使って制作されているようです。

 

西郷どんと斉彬公の菊人形を鹿児島の島津家別邸・仙巌園で見る

2018.10.23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の世界自然遺産

日本で屋久島のほかに世界自然遺産に登録されているのは、次の3箇所になります。

 

 

小笠原諸島の魅力|東京の世界自然遺産

2017.06.29

白神山地|ブナの原生林が続く青森と秋田の世界遺産観光

2017.06.27

北海道おすすめ観光スポット|世界遺産の知床半島への旅

2017.06.27

 

 

 

屋久島のホテル・旅館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク