小笠原諸島の魅力|東京の世界自然遺産

小笠原諸島は東京の世界自然遺産です。

今まで大陸と地続きになったことがないため、小笠原諸島にしかいない動植物が生息していることや、独自の生物の進化の過程が見られことが評価されて、2011年に世界自然遺産として登録されました。

登録後は観光客が増えて、現在は年におよそ18000人の人が島を訪れています。

この記事では小笠原諸島の特徴とアクセス方法について紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

小笠原諸島について

小笠原の歴史

小笠原諸島は、1670年に日本人に最初に発見されました。

1830年にはじめて、アメリカ人を含む太平洋諸島の出身者達二十数人が、小笠原諸島に定住しはじめます。

その後1876年に日本領となり、日本人が移住しはじめます。

太平洋戦争時に一時、島民は本州に疎開しましたが、1968年に島に戻りました。

 

 

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

中村 風詩人
1,620円(10/16 19:28時点)
発売日: 2018/04/26
Amazonの情報を掲載しています

 

 

太平洋の孤島群

小笠原諸島は、30あまりの島々で、人が住んでいるのは、父島と母島のみ。

他の島は無人島です。

 

小笠原諸島

Kazumi Hiros/Shutterstock.com

 

 

小笠原諸島にしかみられない生物たち

小笠原諸島には、

  • メグロ
  • オガサワラシジミ(チョウ)
  • シマアカネ(トンボ)

など、小笠原でしか見ることができない鳥や昆虫がいます。

 

この鳥は希少野生動植物種に指定されているメグロです。

 

小笠原諸島のメグロ

 

また哺乳類や爬虫類の数は少なく両生類は生息していないなど、生物の種類は限られています。

外来種の攻撃に弱く、絶滅の危機にある生物も多いため、小笠原では日々様々な外来種を防ぐとりくみが行われています。

 

 

小笠原諸島のアクティビティ

小笠原諸島では、

  • シーカヤック
  • シュノーケリング
  • 農園体験
  • スターウォッチング

などの海や山の自然を満喫できるアクティビティが用意されています。

 

島内をサイクリングしたり、レンタカーを借りることもできます。

 

 

小笠原諸島へのアクセス

飛行場の建設が検討されているとのことですが、現在は小笠原諸島には船で行くしか交通手段がありません。

東京の竹芝と小笠原諸島の父島の間は、「おがさわら丸」というフェリーが週に1便運行しています。

 

竹芝客船ターミナルへのアクセス

 

竹芝から父島までは片道24時間かかります。

父島から母島に行く場合は「ははじま丸」という船を利用します。

ははじま丸は1日1便運航していて、片道2時間かかります。

 

 

その他の世界自然遺産

 

 

 

参考にした本

 

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

西村幸夫
24,624円(10/16 08:01時点)
発売日: 2016/04/01
Amazonの情報を掲載しています