つくば温泉喜楽里(きらり)別邸でのんびり日帰り入浴

スポンサーリンク
つくば温泉喜楽里の館内マップ 観光ガイド・コラム

都市の茨城県つくば市にある、日帰り温泉施設「つくば温泉 喜楽里 別邸」に出かけてきました。

つくば温泉 喜楽里 別邸は、関東で21店舗を構える日帰り温泉のチェーン店の1店舗で、2018年4月にオープンしてから1年たったばかりの、新しい施設です。

スポンサーリンク

つくば温泉 喜楽里 別邸

駐車場から建物入り口まで

喜楽里(きらり)の広い駐車場に入ると、高い木々に囲まれた風情のある施設の建物が見えてきます。入口に入ると、まず目につくのは、脇に展示してある、温泉掘削用に使用されたドリルでした。こちらのつくば温泉に使われているのは、地下1620メートルから湧き出ている温泉で、泉質は、ナトリウム塩化物泉です。

靴箱のキーで清算まで自動対応可能

喜楽里に入館すると最初に下駄箱に自分の靴をいれます。そしてその下駄箱の鍵がバンドキーになっています。このキーをかざして館内の施設の利用、また飲食の会計が自動計算されるしくみになっています。合計の料金は帰りに精算機で支払います。

かまど炊きごはんとおかずを提供する食事処

館内に入ってすぐ目の前には、お食事処「ごはん家風玄(ふくろ)」があります。まずはここで食べてから入浴することにしました。風玄の店内は広く、カウンターとテーブル席、掘りごたつの畳の席から、空いている好きな席を選ぶことができます。

美明豚のメンチカツ定食

着席してメニューの中から注文したのは、自家製美明豚のメンチカツ御膳(980円)です。
美明豚(びめいとん)は、茨城のブランド豚で、風玄では、美明豚を使った生姜焼きや豚丼、カツなどのメニューが提供されていました。臭みがなくジューシーなメンチカツでした。

バリエーション豊富な内風呂

さて、腹ごなしがすんだところで、温泉に入ることにします。こちらの内風呂は、コンパクトながらも、バリエーション豊富な湯船が揃っていて、順番にすべて試してみたくなります。

ボタンを押すと断続的にトントンと振動を感じる電気風呂や、ジェットバス、高濃度炭酸風呂などの湯船に区切られていました。こちらの炭酸風呂は、高濃度とうたっているだけあって、身体中に小さな炭酸の泡がみるみるうちに付着して、血行が良くなる感じがします。

寝ころび湯のある露天風呂

露天風呂は湯船が2つと、寝ころび湯がひとつあります。女性用の寝ころび湯の前には、クレイパックが用意されていて、鏡の前で顔を白く塗った状態で、そのままのんびり寝ころび湯につかることができます。

サウナ

内風呂に設置されているサウナは、ロウリュウサウナになります。ロウリュウサウナは石の上に水をかけて、水蒸気を浴びるタイプのものです。テレビ画面を眺めながら、汗をかくことができます。

岩盤浴「温熱房」

お風呂をひととおり試したあとは、お風呂場の向かいにある、「温熱房」に向かいます。ここは追加料金が280円(土日祝日300円)かかりますが、気軽に岩盤浴が楽しめるコーナーになっています。温泉入浴と交互にあわせて利用すると、たっぷり汗を流すことができるかと思います。

スマホも充電できるお休み処

休憩所では、リクライニングができるチェアーに、USBケーブルを差し込める充電端子がついていて、ここで汗がひくまで、のんびり寝ながらスマホやタブレットの閲覧ができます。

帰り際に軽く腹ごしらえ

入浴と休憩がすんだあと、お食事処「ごはん家 風玄(ふくろ)」に再度立ち寄って、お風呂上がりのジュースと、黒カレーうどんを食べて帰途につきました。

つくば温泉 喜楽里 別邸のまとめ

つくば温泉喜楽里 別邸は、関東近辺の他の大型日帰り温泉施設と比べるとややこじんまりとはしていますが、温泉にあって欲しい設備やサービスが十分に揃っています。夜12時まで営業しているので、気づくと遅くまで長居してしまうことも多いです。

新しく綺麗な施設でもあり、連休などは混みそうですが、つくばに旅行に出かけると、つい立ち寄りたくなってしまう魅力があります。

つくば温泉喜楽里別邸のアクセス・駐車場・入館料

 
アクセスつくばエキスプレス「研究学園駅」から徒歩15分。
住所
営業時間9:00~24:00
入館料中学生以上1000円(休前日1200円)
駐車場有り(無料)

周辺の観光スポット

国立科学博物館|筑波実験植物園で3000種類の草木花に親しむ
茨城県のつくば市に、国立科学博物館の研究施設である、筑波実験植物園(通称:つくば植物園)があります。 つくば植物園には、3000種類を超える草木花が植えら...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
観光ガイド・コラム
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ