円右衛門|昇仙峡でほうとうと流しそうめんを食べる

円右衛門食べ歩き旅行

ほうとうって、食べたことありますか?

山梨県の名物「ほうとう」は、平べったい太麺を、かぼちゃや野菜と一緒に味噌ベースのスープで煮込んだうどん鍋です。

 

 

この記事では、山梨県の人気観光スポットの昇仙峡で、円右衛門のほうとうと流しそうめんを食べたときの様子を紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

昇仙峡の円右衛門でほうとうと流しそうめんを食べる

テラス席で食べる山梨県の名物

この日は昇仙峡を観光したあとで、昇仙峡ロープウェィ駅の向かいにある「流しそうめん・ほうとう円右衛門」で食事休憩をとることにしました。

 

昇仙峡でハイキング|巨大な奇岩が続く山梨の人気景勝スポット
山梨県にある御岳昇仙峡(みたけしょうせんきょう)に、出かけてきました。 昇仙峡は、5キロメートルの長さの峡谷沿いに、巨大な奇岩を見ることができる山梨の人気...

 

ほうとうと流しそうめん

 

「流しそうめん・ほうとう円右衛門」は、昇仙峡でほうとうが楽しめるお店です。「昇仙峡ほうとう選手権」でも優勝したことのある人気店です。

円右衛門は、写真のように全席がテラス席になっていて、テーブルで流しそうめんも楽しめます。荒川の渓流沿いにあるお店で、川のせせらぎを聞きながら食事を楽しむことができます。

 

円右衛門のカボチャほうとう

赤味噌のほうとう

 

こちらが、円右衛門の「ほうとう(1人前1200円)」です。ほうとうの鍋には、カボチャとネギ、キノコなど具がたくさん入っていて、スープは赤味噌を使っていました。

円右衛門のほうとうは、麺がもちもちで、しっかりした歯ごたえのある食感です。スープの味は見た目ほど濃くなく、いくらでも食べられる美味しさです。

 

薬膳キムチ

コクのある薬膳キムチ

 

ほうとうと一緒に注文した薬膳キムチ(500円)は、地元の漬物屋「昇谷(しょうや)」のキムチです。

キムチを漬け込むタレに、山野草が使われているとのことで、いつも食べているキムチよりも、コクと深みが感じられました。

このキムチは、円右衛門から歩いて5分の「昇谷」のお店で買うこともできます。

 

流しそうめん

円右衛門では、名物のほうとうの他に、流しそうめんも食べられます。流しそうめんは、テーブル席の上に設置されている流し台でも、外に設置された青竹のそうめん台のどちらでも食べることができます。

詳しくはお店のページをご覧ください。

 

流しそうめん ほうとう円右衛門

 

試しにそうめんを一皿(700円)頼んで、青竹のそうめん台に流してみました。そしたらあっというまに無くなってしまい、写真を撮り忘れてしまいました。

 

涼しい風に吹かれながら、外でワイワイそうめんを食べると、美味しさが倍増しますね。

 

そうめんが食べられるお店といえば、鹿児島の指宿で食べられる回転そうめん流しも有名ですね。

 

唐船峡|指宿の名水を使ったそうめん流しのメニューが一年中楽しめる!
指宿市は、鹿児島県の南、薩摩半島にある市です。指宿といえば「そうめん流し」の日本発祥の地として知られています。 そうめんと聞けば夏のイメージですが、ここ指...

 

野外で気軽に流しそうめんが楽しめる、こういうお店がもっと増えてくれたら嬉しいですね。

 

昇仙峡の円右衛門のほうとうまとめ

観光のついでに名物のほうとうや流しそうめんを楽しむ

山梨県には、ほうとうの美味しいお店がたくさんあります。円右衛門のほうとうは、濃い赤味噌のスープが特徴です。また川の音を聞きながら、野外で流しそうめんを楽しみたいあなたには、おすすめのお店です。

また山梨県には、他にもほうとうが楽しめるお店が何軒かありますので、食べ歩きをしてみるのはいかがでしょうか?

 

ほうとう小作清里店のおすすめメニュー|かぼちゃなど野菜タップリで大満足!
山梨名物の、ほうとうをご存知ですか? 先日山梨県のJR清里駅から車で5分の場所にある、「甲州ほうとう小作清里店」に出かけてきました。 この記事で...
ご当地うどん|これだけ違う!全国の名物をまとめてみた
毎日食べても飽きないうどん。 日本でうどんがつくられはじめたのは、平安時代です。讃岐出身の弘法大師(空海)が中国から帰国したときに、四国に最初にうどんを伝...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ歩き旅行
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ