稲庭うどんの食べ方|温冷どちらでも美味しい秋田の干しうどん

稲庭うどん食べ歩き旅行

秋田の名物、稲庭うどん。稲庭うどんは冷たくしても温かくしてもどちらも美味しくいただけるうどんです。

 

 

この記事では、秋田県で稲庭うどんを食べ歩きしてきたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

天ざる稲庭うどん(レストラン樹楽里)

冷たい稲庭うどんと天ぷらの相性ばっちり!

クリプトンの稲庭うどん

 

まずご紹介するのは、冷たい稲庭うどんです。秋田空港近くにある、ホテルクリプトン内のレストラン樹楽里(きらり)では、のどごしの良い冷たい稲庭天ぷらうどんが食べられます。

ざるの稲庭うどんに、揚げたての天ぷらがついています。稲庭うどんは、うどんのように太くなくて、つるっと喉越しがよく、また一般的なそうめんのように細すぎないので、つゆにほどよく絡んで食べ応えがあるんですよね。

稲庭うどんの特徴をよく知るには、稲庭うどんを冷たくして食べるのがおすすめです。

 

かけうどん(佐藤養助 秋田店)

稲庭うどんの老舗で食べる温うどん

佐藤養助のかけうどん

 

さて次は、温かい稲庭うどんを食べます。稲庭うどんの老舗としても有名な「佐藤養助」のお店が、秋田駅から歩いて行ける場所にあります。こちらの佐藤養助の秋田店で、シンプルな温かいかけうどんを注文しました。

稲庭うどんはコシのある麺なので、冷たい状態のまま食べるのが主流ではあります。ただ稲庭うどんは平打ち麺で、太さもあるので、温かいうどんにしても、柔らかくなりすぎずに食べることができます。

それでいてつるっとしたのどごしはそのまま感じることができますので、温かい稲庭うどんもぜひ試してみてください。

このように稲庭うどんは、冷たくても温かくして食べてもそれぞれ良さを感じられるご当地うどんです。

 

稲庭うどんはどこで買えるの?

秋田県の道の駅や空港・駅のお土産ショップで買える

稲庭うどん

 

稲庭うどんは、あなたの住んでいる地元のスーパーでも買えますが、やはり本場秋田県のお店の、稲庭うどんの品揃えは豊富です。

秋田県では、こんな風に山盛りに稲庭うどんが売られているのをよく見かけます。

 

稲庭うどんの切れ端もたくさん売られている

稲庭うどんの切れ端

 

特にこちらの写真のような、讃岐うどんの切れ端は、秋田県に出かけないと、なかなか売っているところを見る機会がありません。讃岐うどんの切れ端はお得なので、つい買ってしまいます。

秋田県内で稲庭うどんが買える場所では、秋田空港内のお土産ショップか、「道の駅象潟ねむの里」がおすすめです。

 

秋田空港|観光でお土産を買うならココ!おすすめの名産品も紹介
秋田県に観光に出かけた帰り道、お土産をどこで買おうか迷ったあなたに、おすすめしたい場所があります。それは、秋田空港にあるお土産ショップです。 秋田空港のお...
象潟|陸に九十九島が浮かぶ鳥海山のふもとの景勝地
山形県と秋田県の県境に標高が2236メートルの鳥海山(ちょうかいさん)という山があります。 その鳥海山から北に30キロほど離れた海岸沿いに、象潟(きさかた...

 

稲庭うどんのブランド

稲庭うどんのメーカはいくつかありますが、通販で買うとすれば、老舗の佐藤養助の稲庭うどんがおすすめです。

 

 

また通販ではあまり見かけませんが、真壁屋の稲庭うどんも美味しいですよ。

 

稲庭うどんの食べ方・作り方

冷・温麺ともに、一旦冷水でシメる

稲庭うどんは、たっぷりのお湯で、5分ほど茹でてから、一旦ざるにとり、冷水でもみあらいしてぬめりをとります。

冷たいうどんで食べる場合は、そのままいただきます。定番の醤油ベースのつゆの他に、ごまだれを使ったり、薬味にしょうがやもみじおろし、梅干しやみょうがなど、いろいろ試してみるのもいいですね。

また温かいうどんで食べる場合は、一旦ぬめりを取ったあとで、温かいつゆに入れて食べるとコシがある美味しい稲庭うどんを楽しめますよ。

 

その他のうどん記事

全国のその他のうどんについては、こちらの記事もどうぞ。

 

ご当地うどん|これだけ違う!全国の名物をまとめてみた
毎日食べても飽きないうどん。 日本でうどんがつくられはじめたのは、平安時代です。讃岐出身の弘法大師(空海)が中国から帰国したときに、四国に最初にうどんを伝...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ歩き旅行
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ