象潟|陸に九十九島が浮かぶ鳥海山のふもとの景勝地

象潟の駒留島 北海道・東北の旅

山形県と秋田県の県境に標高が2236メートルの鳥海山(ちょうかいさん)という山があります。

その鳥海山から北に30キロほど離れた海岸沿いに、象潟(きさかた)という秋田県の観光スポットがあります。

象潟は鳥海国定公園の景勝地のひとつで、江戸時代に松尾芭蕉が句を読んだ場所としても知られています。

 

 

この記事では、九十九島の風景を楽しめる秋田の景勝地・象潟について紹介しています。

 

スポンサーリンク

秋田県の象潟について

九十九島が隆起して陸地となった景勝地

象潟は、秋田県の鳥海山のふもとにある景勝地です。

その昔鳥海山の噴火によって、九十九島と呼ばれるたくさんの島が象潟に生まれました。

その後江戸時代に入ってから、地震によって島の周辺が隆起し陸地になった場所です。陸地に島が隆起している様子が、まるで海に浮かんだ島が点在しているように見えます。

象潟は天然記念物に指定されています。

 

象潟へのアクセス・駐車場

 
アクセス象潟は秋田駅から車で1時間ほど南に下った場所にあります。山形県の酒田市からは車で45分ほどの距離です。
住所
営業時間24時間
駐車場有り(無料)

 

象潟の見どころ

象潟庭園

象潟の庭園と島の散策コース

 

象潟の駐車場に到着すると、目の前に九十九島の碑に、池や菖蒲園、松尾芭蕉の像がある庭園があります。松尾芭蕉はこの象潟で、「象潟や雨に西施がねぶの花」という俳句を詠んでいます。

また田んぼのあぜ道には、散策路がきれいに整備されています。

それぞれ案内板のルートに沿って進むと、かつて島だった場所にたどりつき、実際に登って見ることができます。

 

象潟の九十九島の島めぐり

象潟の駒留島

 

庭園から一番近い場所にある島が、駒留島(こまどめじま)と弁天島(べんてんじま)です。

今回は駒留島に登ってみることにしました。駒留島自体は小さく、1分ほどで頂上についてしまいます。

 

九十九島のひとつ、駒留島からの鳥海山の眺め

象潟から見える鳥海山

 

駒留島には松の木が生い茂っていて、晴れた日は写真の様に、鳥海山をくっきりと見ることができます。

 

蚶満寺(かんまんじ)

また象潟の庭園の隣には、蚶満寺(かんまんじ)というお寺があります。拝観料は300円になります。

蚶満寺は、慈覚大師が853年に開創したお寺です。見事な彫刻が施された山門をくぐると、右手にお寺への入り口があります。

 

夜泣き椿

 

蚶満寺の境内に入ると、夜泣きの椿がお出迎えしてくれます。この椿は、蚶満寺の七不思議のひとつで、なぜか冬の夜に咲く椿だそうです。

また蚶満寺の境内を散策すると木登り地蔵、親鸞が腰掛けた石なども見ることができます。

 

象潟の土産物屋

蚶満寺を出て駐車場に戻る途中で、お土産物売り場が2軒ほどあります。店先にはこけしや象潟の民芸品が並んでいます。

お土産を見ていると、店番のお姉さんが、芭蕉の句を詠んでくれたり、東北のこけしのルーツについて話をしてくれたりしてあっという間に時間がすぎてしまいました。

東北ではどの観光スポットに出かけても、大抵こけしがお土産として売られています。その土地ごとに違ったこけしが作られているんだそうです。

立ち寄ったお土産物屋でもそのお店オリジナルのこけしが売られていました。せっかくなのでひとつ記念に買ってみようかなとも思いましたが、家のどこにこけしを飾ろうか散々悩んだ挙句、結局こけしではなく、芭蕉の奥の細道旅日記を買うことにしました。

こけしも可愛いデザインのものがたくさんありますので、コレクションし始めると、はまってしまいそうです。

 

象潟の九十九島全体が見渡せる展望台

象潟ねむの丘

さて象潟の庭園とかつての島に登ってみた後は、すぐ近くの道の駅に出かけて見ました。象潟から車で3分の場所にある、「象潟ねむの丘」という道の駅になります。

時間があればぜひ象潟ねむの丘の道の駅の建物の6階にある展望塔に寄ってみてください。は、展望塔からは象潟(きさかた)九十九島の周辺の土地が隆起している風景を一望することができます。

入場は無料で朝9時から夜の9時まで入館できます。

 

展望台から象潟九十九島の景色を一望できる

象潟全体が見渡せる展望台

 

道の駅ねむの丘の展望台からは象潟の全体像(九十九島があった風景)を一望することができます。

案内板には鳥海山のふもとに点在していた九十九島のそれぞれの名前が表示されています。

現在は土地が隆起して、海は無くなってしまっていますが、周辺の田んぼがちょうど海のようでそれぞれの島が浮かんでいるように見えます。

ちなみに長崎の佐世保にある、九十九島はこちらの九十九島を名前の由来としているようです。

 

展海峰|長崎の佐世保で九十九島が一望できる人気の展望台
長崎県の佐世保にある、展海峰(てんかいほう)に出かけてきました。展海峰は絶景の九十九島が一望できる、展望スポットです。 この記事で...

 

道の駅「象潟ねむの丘」のアクセス・駐車場

 
アクセスJR象潟駅から車で5分。象潟インターから車で15分。
住所
営業時間24時間営業
駐車場有り(無料)

 

象潟の九十九島の旅まとめ

自然の活動が学べる景勝地

秋田県の象潟は鳥海山の噴火や地震での隆起など、自然の活動によって地形が変わることがよくわかる景勝地です。

昔ここにたくさんの島々が海に浮かんでいたのと同じ様に、田んぼの中に、島がぽっこり浮かんでいるめずらしい眺めを見てみるのも楽しいかと思います。

 

象潟周辺のホテル・旅館

 

 

象潟周辺のその他の観光スポット

象潟があるにかほ市には、茶褐色の色の温泉に入れる日帰り温泉施設があります。

 

東北の日帰り温泉|おすすめのくつろぎ湯をピックアップ
旅先での楽しみの一つが、温泉に入ることですよね。 この記事では、旅行中に見つけた東北地方のおすすめの日帰り温泉をご紹介しています。...
日本の国立公園に行こう!北海道から沖縄まで見どころ一覧まとめ
今回は、日本の国立公園について、お話しします。 ところで、国立公園と国定公園ってなにが違うの? ...
国定公園の一覧まとめ|観光名所もあわせて紹介
この記事では、日本の国定公園を紹介しています。 全国には、現在56箇所の国定公園があります。それぞれの観光名所(見どころ)も、あわ...
羽黒山|石段が続く出羽三山で最初に参拝するスポット
山形県には、出羽三山(でわさんざん)という、昔から信仰の対象として知られる山があります。 出羽三山は 羽黒山(はぐろさん) 月山(がっ...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
北海道・東北の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ