山梨のおすすめ図書館めぐり|ご利用ガイド

韮崎市立大村記念図書館

この記事では、山梨県を旅行中に私が立ち寄った図書館をご紹介しています。

山梨県にはおすすめの図書館がたくさんありますね。

 

スポンサーリンク

山梨県で立ち寄ったおすすめの図書館

1. 韮崎市立大村記念図書館

大村記念図書館は、山梨県の北部にある人口三万人の韮崎市の市立図書館になります。

韮崎駅の目の前にある綺麗なビルの2階にある図書館です。

ビルは韮崎市民交流センターになっていて、コミュニティセンターや観光案内所もあるビルになります。

駐車場は建物内にあり、4時間までは無料です。

この大村記念図書館は綺麗な明るい図書館で、閲覧する机や椅子が豊富にあり、本の閲覧や学習がしやすい場所になっています。

また学習室は別に2部屋あり、60人位がパーティーションで仕切られた机で集中して勉強が出来るようになっています(持ち込みパソコンが使用出来る席も10席ほどあります)。

隣の人との感覚が空いているので、一人の勉強や読書に集中できます。

利用には利用者カードが必要です。

図書館の開館時間は10時から20時まで(土日は9時から)です。

天気の良い日は、この建物の屋上駐車場から綺麗な富士山が見えます。

すぐ横には、平和観音という白い巨大な観音様が見えます。

 

韮崎市立図書館へのアクセス

 

周辺の観光スポット

韮崎市には武田勝頼が築城した新府城があります。

新府城址|土塁に囲まれた武田氏の平山城

 

 

 

山梨県立美術館内にある美術図書館

次にご紹介する図書館は、美術関連の本に特化した図書館です。

山梨県立美術館内には、美術図書館が併設されています。

小さいスペースですが、西洋美術と日本美術関連の本が充実しています。

図書館へは美術館のチケットを買わなくても入れます。

せっかくなので、山梨県立美術館にあるミレーのコレクション展を見た後で、図書館に置いてあるミレーについての本を読んでみるというのはいかがでしょうか?

美術館所蔵のドガや日本版画の資料も閲覧できます。

図書館内には、バッグの持ち込みが出来ないため、荷物は近くの無料ロッカー(100円コイン返却式)に入れてから入室します。

有償のコピーサービスはありますが、えんぴつ以外の筆記用具の使用は不可になっています。

アーティストの伝記漫画等あり、子供向けの本もいくつか置いてありました。

 

美術図書館へのアクセス

山梨県立美術館は、甲府市の芸術の森公園の中にあります。

 

開館時間:9時から17時まで(月曜休日、月曜が祝日の場合は翌日)

無料駐車場があります。

 

周辺の観光スポット

館内の美術館については、こちらの記事をご覧ください。

山梨県立美術館|種まく人などミレーの代表的絵画が見れる美術館

 

またミレーの絵画の解説本はこちらがおすすめです。

 

 

山中湖情報創造館

山中湖情報創造館は、山中湖のほとりにある図書館です。

この図書館は隣に観光案内所の建物があります。

もし富士山周辺の観光の際に観光案内所に立ち寄ることがありましたら、あわせて隣の情報創造館に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

情報創造館には、旅行者にとってもすぐに役に立ちそうな富士山関連の本が多数揃っています。

おそらく富士山についての本では無い本がないのではないかと思うぐらいです。

その他の一般図書も充実しています。

本棚の間隔はせまいですが、色々なジャンルの本がぎっしりつまっていて、本好きにはたまらない空間です。

また並べられている本のちょっとした隙間に、山中湖でバーベキューの匂いにつれられてやってきたキツネの写真や、湖畔の公園の紹介写真などが控えめに飾られていて、山中湖愛も感じられます。

窓際の席や別室に学習コーナーがあり、コンセントも用意されています(Wifi対応あり)。

9時半から21時までと遅くまで空いている図書館です(12月から3月の間は19時まで)

図書館がある場所は、文学の森公園というところで、公園内には三島由紀夫文学館をはじめ5つの施設があります。

 

山中湖情報創造館へのアクセス

無料駐車場があります。

 

周辺の観光スポット

図書館周辺は、富士山や富士五湖があり、御殿場へも車で30分ほどの距離になります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

山梨県には個性的な図書館がありますね。

また立ち寄る図書館が増えましたら、随時更新していきます。

 

 

 

スポンサーリンク