結城紬|つむぎの館と周辺の観光スポット

結城紬の専門店

絹織物のひとつで昔から日本でつくられてきた紬(つむぎ)。

紬は素朴かつ洗練されているところが好きですが、つくるのに手間がかかるので、値段が高いイメージがあります。

全国には紬の生産地が何箇所かありますが、その代表格が茨城県の結城市でつくられた結城紬(ゆうきつむぎ)です。

結城市には、つむぎの館や紬の里など、結城紬を実際に見て、体験できる施設があります。

 

この記事ではつむぎの館をはじめ、周辺の観光スポットをご紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

結城紬とは

結城紬は真綿から手でつむぎだした糸を、縦糸と横糸に使い、織り機を使って人の手でおる絹織物です。

結城紬は、つくるのに時間と手間がかかる分、値段がたかく紬の最高級品と呼ばれています。

結城紬と呼ばれるには、手でつむいた真綿の糸を使い、手でかすりくくりをし、織りは「いざり機」を使うことと条件が決まっています。

また結城紬は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

 

 

つむぎの館

つむぎの館は、明治時代に創業された結城紬の製造卸問屋の敷地内につくられた、結城紬の総合施設になります。

敷地内には

  • 結の見世(ゆいのみせ)と呼ばれる紬の小物ショップ
  • 古民家で結城紬が展示されている陳列館
  • 織りや染めが体験できる織場館

 

などの施設があります。

また隣接して明治時代からつづく結城紬問屋の蔵や土蔵など、文化財として登録してある建物があり、その建物の庭を通り抜けると、結城紬の着物販売店やカフェがあります。

この一角だけでも十分に結城紬を楽しむことが出来ます。

 

結城紬ミュージアム(つむぎの館)

 

周辺のショップ

結城館の周辺には蔵を改装したアートギャラリーや、美味しいパン屋などがあります。

これからどんどんショップが増えてくるのではないかと楽しみな一角です。

 

つむぎの館へのアクセス

JR結城駅から徒歩10分になります。

つむぎの館の正面に無料駐車場があります。

 

 

スポンサーリンク

つむぎの館周辺の観光スポット

紬の里

つむぎの館から車で2分、歩いて8分ほどの場所に「紬の里(つむぎのさと)」という紬の体験工房があります。

こちらではコースターやショールが織れる、機織りの体験や、ハンカチやバッグを藍染めする染色の体験をおこなっています。

機織りをご指導される先生方がみな気さくな感じの方ばかりでした。

小学生・中学生などの団体さんが体験をすることが多いため、事前に予約できるか、電話で聞いてみたほうが良さそうです。

 

はた織り藍染め体験(紬の里)

 

また教室の隅の方には、紬で作った小物などの販売コーナーもあります。

 

 

紬の里へのアクセスと営業時間

営業時間:9時半から17時まで(土日は10時から16時半)

 

 

 

つむぎの館まとめ

最近は紬の着物だけでなく、紬を使った小物やストールなども販売されていて、色もバリエーションが豊富に出てきています。

私も紬の糸を使った格子網目のショールを使っていますが、夏は涼しくとても肌触りが良いです。

紬や結城紬に興味がある方は、つむぎの館を一度訪れてみられると良いかもしれません。