輪島塗の体験教室|塗り太郎で蒔絵にチャレンジしてみた

スポンサーリンク
輪島塗の体験 学ぶ・体験する

石川県には、輪島塗りという伝統工芸品があります。

輪島塗は、大変高価な漆器です。能登半島の輪島市では、輪島塗の工芸品を販売するショップがあり、そこでたくさんの輪島塗の作品を実際に見ることができます。

また輪島市の工房では、体験教室をオープンしている工房もあります。

 

 

今回は輪島塗り工房のひとつで、蒔絵体験をしてきたときの様子を記事にて紹介しています。

 

スポンサーリンク

輪島塗りについて

輪島塗り(わじまぬり)

輪島といえば、伝統工芸品の輪島塗が有名です。

輪島には、漆にまぜて下地にする良質な地の粉がとれていたことから、漆塗りが室町時代から現在まで続けられてきたといわれています。

 

輪島市には、輪島塗りのショップが立ち並ぶ

輪島の朝市の通りにも、いくつか輪島塗の器や工芸品を販売するお店があります。

輪島塗の器の金額をみてみると、普段よく購入する漆塗りの器よりもかなり高額なものが多いです。

なぜ輪島塗りがそれほど高いのかというと、理由があります。

それは、普通の漆塗りの手法にいくつか作業がプラスされているため、出来上がるまでに100以上の工程を経ているそうです。

そのため手間暇がかかっている分、値段がアップしてしまいます。

 

輪島塗りの体験工房

塗り太郎

輪島市では、輪島塗工房で漆塗りの体験教室を開いているところがあります。塗り太郎は、その工房のうちのひとつです。

塗り太郎の体験コースは、職人さんが漆を塗った器に、自分で加飾する蒔絵の体験と、器の表面に溝を彫って、装飾していく沈金体験の2種類から選ぶことができます。

 

漆塗の蒔絵コースを体験する

自分の好きな器を選んで蒔絵を体験する

私は今回蒔絵体験コースに参加してみることにしました。

蒔絵体験コースは、自分で好きな器を選ぶところからはじまります。

お皿や湯のみ、茶碗など、選ぶものによって、金額が変わります。

器と体験料込みで、1000円から10000円までかかると考えておけば良いかと思います。

たくさんある器の中から、悩んだ末、湯のみを選びました。

 

まずは筆で漆を塗る

湯のみのデザインは、椿の花にしました。まずは筆で接着剤がわりになる漆を塗っていきます。

 

色粉を上からかけて、はけで余分なこなをはらう

その上から、色粉をかけていきます。ここでたくさん粉をのせすぎてしまうと、マットな仕上がりになってしまうので、グラデーションをつけたい場合は、慎重に少しずつ様子をみながら、のせていきます。

そしてはけで余分なこなをはらいます。

 

最後に職人さんに仕上げてもらう

あっという間に、1時間ほど時間がたってしまいました。きりがないので、最終的に職人さんに、仕上げをみていただきます。

 

輪島塗の体験

 

出来上がりがこちらです。椿の花びらや葉っぱの陰影が少しだけでていますね。職人さんにアドバイスをいただきながら、ようやく完成しました。

自分ひとりだけだと、難しかったかと思います。

 

輪島塗の体験教室まとめ

体験することで工程が理解できる

実際に自分で作る工程に参加しながら、職人さんに話を聞いてみると、漆器がいかに手間がかかる工芸品なのかがよくわかります。

輪島まできたら、せっかくなので輪島塗の体験に参加されてみられるのはいかがでしょうか?

 

塗り太郎のアクセス・営業時間・駐車場

 
アクセス金沢市から輪島市までは、車で1時間50分。
住所
営業時間8:00~17:00
駐車場塗り太郎から歩いて2分の場所に輪島朝市専用の駐車場あり(1回300円)

 

周辺の観光スポット

輪島塗りに挑戦したあとは、輪島でランチはいかがでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
学ぶ・体験する
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ