歌舞伎を初めて見る時は「一幕見席」から試して見る手もあり

日本の三大伝統芸能といえば、能と文楽、歌舞伎です。

このうち先日初めて「歌舞伎」の公演を見る機会がありました。

当日ふらっと立ち寄った東京銀座の歌舞伎座で「一幕見席」という当日券が買えましたので入ってみました。

敷居が高いイメージの歌舞伎ですが、当日券を買って気軽に公演を見る方法もあります。

 

この記事では歌舞伎座の「一幕見席」で初めて歌舞伎を見た時の様子を紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

歌舞伎座で一幕見席を買う

築地市場から銀座まで歩いていく途中で、歌舞伎座の前を通りかかりました。

人が並んでいるので近くに寄って見たところ、ちょうど一幕見席という当日券が販売されたばかりの様子でした。

こちらが券を購入する人の列です。外国人の観光客らしき人たちも3割ぐらいいました。

歌舞伎座の当日券に並ぶ人

 

列に並んでいる人の数も少なく、それほど待たなくても良さそうだったので、当日券(一幕見席)を買ってみることにしました。

 

 

一幕見席(ひとまくみせき)とは?

一幕見席とはどんな席のことを言うのでしょうか?

 

歌舞伎座では、当日一つの幕だけ見る券のことを、「一幕見席」と呼んでいます。

4階で90の椅子席と60の立ち見席が用意されています。

歌舞伎座:一幕見席について(松竹株式会社)

 

一般的に歌舞伎のチケットを買うと三幕分のストーリーを見ることができます。

そのうち一つの幕だけを見ることができる当日券のことを「一幕見席」と呼ぶんですね。

 

当日券の演目と料金

さて、歌舞伎座の正面玄関のチケット売り場に並んだところ、5分も掛からずに一幕見券が入手出来ました。

お昼からの上演で演目は、

伊勢音頭恋寝刀(いせおんどこいのねたば)

 

というお話しです。

一幕見席の料金は1,500円かかりました。

 

 

 

 

歌舞伎の公演を見る

4階の受付と客席

少し待ち時間があったので、歌舞伎座タワーの地下1階で、お土産売り場などを見学して時間をつぶしました。

集合時間となり歌舞伎座4階の受付に行くと、チケットを購入した順番に客席に案内されます。

 

一幕見券は受付が4階になります。

 

私は購入した順番が90番目より前だったので、立ち見席ではなく椅子席に座れました。

 

購入した順番が90番目以降だと立ち見席になります。

 

4階の席から舞台までの距離感は、こんな感じでした。

歌舞伎座の4階の客席

 

公演が始まってからの写真撮影は禁止です。

 

初めての歌舞伎を見た感想

初めての歌舞伎公演を見た感想ですが、舞台装飾も歌舞伎役者の所作も優雅で、

まるで美術館で、動く浮世絵を見ているような気分になれます。

私が座っていたのは4階席だったので、歌舞伎役者の声は聞こえますが、セリフの意味がはっきりとは聴き取れませんでした。

おそらく言い回しに慣れていないせいもあるかもしれません。

またどんなストーリーなのか知らずに見てしまったので、途中主人公が人を切っていくオドロオドロしい場面には、びっくりさせられてしまいました。

やはりあらすじぐらいは知っておいた方がもっと楽しめるのではないかと思います。

 

 

 

幕見席でも「字幕ガイド」が1000円で貸し出しされていたので、次回はそちらを利用してみることにします。

 

 

スポンサーリンク

一幕見席まとめ

いかがでしたか?

今回は特に予備知識もなく、たまたま立ち寄って当日券を購入して観劇しました。

歌舞伎がどんなものか気軽に知ることができるという意味で、幕見席というのは良くできたシステムだと思います。

 

また歌舞伎の舞台についてもっと知りたい方は、こちらの記事もご参考ください。

 

 

 

周辺の観光スポット

 

 

 

 
業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH