大塚国際美術館の所要時間|まわりかたのコツ

大塚国際美術館の陶板画 学ぶ・体験する

徳島にある大塚国際美術館には

  • レオナルド・ダヴィンチの「モナリザ」
  • ゴッホの「ひまわり」
  • フェルメールの「真珠の首飾りの少女」
  • ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」

 

など、誰もが一度はどこかで目にしたことがある、または名前を聞いたことがある1000点以上の名画の陶板画がずらりと並んでいます。

 

この記事では、大塚国際美術館の見学に必要な所要時間とまわり方のコツについて紹介しています。

 

大塚国際美術館の見学所要時間とまわり方

効率よくまわれるいくつかのコース

大塚国際美術館は、大きな美術館で展示ルートを足していくと全部で4キロの道のりになります。

作品も1000点以上余すところなく飾られているため、普段美術館でよくやるようにそれぞれの作品と解説を交互に見ながら歩いていくと、1日ではまわり切ることが不可能に近いです。

もちろんスピードを早めて次から次へと進むこともできますが、情報量が多すぎて、頭がパンクしそうになるかもしれません。

私も実際、展示ルートの終わりの方で現代アートのコーナーに差し掛かった頃には、どの作品もピカソの絵に見えてきてしまうぐらいお腹いっぱいの状態でした。

そのため、大塚国際美術館では時間が限られる入館客でも、できるだけ効率よくまわれるよういくつかの配慮がされています。

 

1. モデルコースをまわる

大塚国際美術館を短時間でまわる一つの方法として、モデルコースが設けられています。

モデルコースとは、それぞれの時代からいくつか展示作品をピックアップしておよそ1時間20分で見学できるように考えられたコースです。

この場合観賞できる作品は、1000点のうち約100点ほどの展示品となります。

 

2. 音声ガイドを利用する

また美術館では、展示品の中から107点ほどの作品の解説が聞ける音声ガイドを500円で貸し出ししています。

こちらの音声ガイドを利用すると、展示品の解説プレートを読まなくてもヘッドフォンから流れてくる説明を聴きながら作品を観賞できるため、ゆっくりと絵に集中する時間がとれます。

音声は2時間分収録されていて、ひととおりまわるのに3時間から4時間見ておかれた方がよろしいかと思います。

 

3. 定時に開催されているガイドツアー

大塚国際美術館では美術ボランティアの方達が作品の説明をするガイドツアーが毎日開催されています。

ガイドツアーの時間はこちらのリンクをご確認ください。

 

観賞のサポート(大塚国際美術館ウェブサイト)

 

1時間と2時間のコースが用意されています。

 

定時のガイドツアーは人気で平日でも毎回たくさんの人が集まります。

人数は多くてもガイドさんはゆっくり作品の説明してくださいますので、あまり聞き取り辛いことはなかったと思います。

勉強熱心なガイドさんが多く、作品についてだけではなく、西洋絵画の見方など美術に関心が持てるようになります。

時間があればぜひガイドツアーに参加されることをおすすめします。

 

大塚国際美術館の所要時間まとめ

西洋画の歴史を効率よく学べる美術館

大塚国際美術館を見てまわるだけで、古代から現代まで西洋画の歴史を理解することができます。

大塚美術館には、1070点を超える陶板画が展示されているので、一度にすべて見るにはまわり方のコツがあります。

この記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

 

大塚国際美術館のその他の記事

大塚国際美術館の概要や見どころについて紹介している記事はこちらをどうぞ。

 

大塚国際美術館|入館料が日本一高いミュージアムの見どころ
日本にはたくさんの美術館があります。 ジャンルも日本画だけでなく西洋画、オリエント、アジアの美術品を展示する美術館も揃っています。 そんな全国各地の...

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
学ぶ・体験する
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
スポンサーリンク
  data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"
スポンサーリンク
ガイドメモ