琵琶湖|古代湖の自然や生態系について学べる琵琶湖博物館

琵琶湖博物館

日本で一番大きな湖である琵琶湖(びわこ)。

琵琶湖は世界で30しかない古代湖のひとつです。

古代湖とは、10万年以上前から存在していて、かつその湖でしか生息していない固有種がいる湖のことを指します。

さて、その琵琶湖の湖畔に、琵琶湖博物館という大きなミュージアムがあります。

ここでは琵琶湖についての膨大な展示資料を見ながら、古代湖の自然や生態系について学ぶことができます。

大人も子供も一日中楽しむことができます。

この記事では琵琶湖博物館について紹介しています。

 

スポンサーリンク

琵琶湖博物館について

琵琶湖博物館は滋賀県立のミュージアムです。

琵琶湖のなりたちや、そこで生息する植物や動物、魚、また人間のくらしについて展示をしています。
また琵琶湖を一望できる展望トレイルやレストランなども併設しています。

 

琵琶湖博物館の営業案内

料金 大人 750円(高校生・大学生400円、中学以下無料)
営業時間 9時から17時まで(月曜日定休)

博物館では年間パスポート代が1400円です。

またパスポート購入で、1枚入場券がプレゼントされるので、大人二人以上だとパスポートの値段と一緒になります。

 

 

琵琶湖博物館の展示内容

A展示室 琵琶湖のおいたち

最初のA展示室は、琵琶湖のおいたちについてわかる展示内容になっています。

日本列島がなりたちから始まって、古代の琵琶湖が北上して現在の位置に落ち着くまでの流れが理解できる内容になっています。

これらの展示を見ると自分たちが普段接している自然がいつも同じ状態ではないこと実感させられます。

またレプリカを使った魚の解剖実験なども体験できるルームもあります。

 

B展示室 人と琵琶湖の歴史

B展示室では、琵琶湖で暮らす人々の生活がわかる展示内容になっています。

琵琶湖の湖の中の発掘調査が進んでいて、縄文時代や弥生時代の古代の人たちがどのように暮らしていたのか理解できます。

弥生時代に使っていた木の道具が水の中だと腐りにくく長持ちしたおかげで、当時の道具が多数発掘されているようです。

 

C展示室 湖のいまと私たち

こちらのC展示室では、琵琶湖についての基本的な情報や、琵琶湖の自然が私たちの暮らしにどのようにかかわっているか、知ることができます。

琵琶湖についての疑問がここでだいぶ解消されるのではないかと思います。

 

D展示室 ディスカバリールーム

ディスカバリールームは、子供のための体験展示ルームです。

実際に五感でわかる展示品が飾られています。

例えばにおいをかんでみようのコーナーでは、オオサンショウウオの結構強烈なニオイをかぐこともできます。

 

E展示室 おとなのディスカバリー

こちらは2018年に新しくリニューアルした大人の体験展示ルームになります。

本格的な図書資料も利用でき、楽しそうな体験机が設置されています。

例えば、土器に縄模様をつけてみる体験や、骨格や魚、水鳥のスケッチができるコーナもあります。

おとなのディスカバリーという名前がですが、実際は小学生高学年から幅広い年代の人が楽しめそうです。

この部屋だけでも半日は過ごせるのではないかと思うぐらい充実しています。

また学芸員の方が当番制で窓口にいらっしゃるので、なにか質問があれば聞いてみてよいそうです。

 

水族展示室

琵琶湖にいる淡水魚や水鳥、また琵琶湖でしか生息していない固有の生物が展示されています。

また琵琶湖以外の古代湖の紹介もされています。

ロシアの世界遺産となっているバイカル湖は、面積が31720平方キロメートルと、琵琶湖(670平方キロメートル)の47倍もあります。

琵琶湖も車で一周するのに5時間かかるほど大きな湖なのに、バイカル湖を観光するのにどれぐらいの日数がかかるのでしょうか。

 

野外展示

樹冠トレイルからは、琵琶湖を一望できます。また植物や花、動物についての案内板もありました。

 

レストラン

レストランは琵琶湖を眺められる場所にあり、お蕎麦やカレー、定食などを提供しています。

またブラックバスとマスの天ぷら丼など珍しいメニューがありました。

レストラン以外にも、自動販売機のドリンクを買って休憩できるカフェテリアなどがあります。

また博物館内にもところどころに椅子や机があり、疲れた時にすぐに座れる場所は多くありました。

 

ミュージアムショップ

誕生石や世界の鉱石と種類が豊富に販売されていました。

化石ってこんなに気軽に買えるんですね。

博物館の展示を見た後だと、どれか一つ欲しくなってしまうかもしれません。

アンモナイトや恐竜の化石、2億5千年前のスギの化石など珍しいものが売られていました。

 

 

スポンサーリンク

琵琶湖博物館まとめ

いかがでしたか?

古代湖の琵琶湖には400万年も前に生まれた生物が住んでいます。

長い歴史の中で琵琶湖とかかわりのある自然や生物は数多くあり、資料も豊富にあります。

そのため博物館内の展示内容をすべて見ようとすると、1日だけだと足りないかもしれません。

ざっと見るだけでも展示室ごとに30分、じっくり見ようとすると各1時間以上必要で、トータルで3時間から7時間はかかります。

情報量が多いので、パスポートを買って複数回にわけてみるのが良いのかも。

家の近くにこのような博物館があれば、何度も通ってしまうかもしれません。

近隣の方少しうらやましいなと思いました。

琵琶湖の観光の前にこの博物館に寄って見ると、琵琶湖についてより興味が湧いてくるかと思います。

 

関連記事(湖の観光スポット)

西湖ネイチャーセンター|青木ヶ原樹海ツアーと洞窟体験

田沢湖の周辺観光|日本一深い湖の一周ドライブ

 

 

琵琶湖博物館へのアクセス

大津インターから、車で30分の距離になります。

 

 

 

周辺の観光スポット

彦根城、安土城跡が近くにあり、また京都からも車や電車で1時間の距離です。