歴史を勉強し直したいときに読む本

歴史を感じる関所 学ぶ・体験する

大人になってから、「歴史を学び直ししたい!」と思う時ってありませんか?

私もよくあるんですが、年号とか歴史上の人物の名前って、覚えても直ぐ忘れちゃうんですよね。

そんな時、歴史の年表や事柄が、体系的にまとまっている本があると、いつも手元に置いておきたくなります。

この記事では、私が普段助けられている、歴史の本をいくつか紹介しています。

 

歴史の勉強し直しにおすすめする本

疾風六文銭 真田三代と信州上田

こちらは戦国時代に活躍した真田一族と、居城であった上田城と上田市について書かれた本です。

 

 

上田城を築城した真田氏一族の事を詳しく知りたい場合は、こちらの本がとてもわかりやすいです。

価格は800円ながらも、内容がとても充実していて、写真資料も豊富に掲載されています。

辞典代わりに手元に置いておきたくなる本です。

 

図説 日本史通覧

日本の歴史をもういちど復習しておきたい方には、こちらの本がおすすめです。

 

 

次にご紹介する「山川 詳説日本史図録」と共に、「図説 日本史通覧」は、受験勉強の参考書としてよく使われる本です。

金額が安いのにもかかわらず、400ページを超えるボリュームに、文字数もびっしりと詰まっていて、お得感が感じられます。

本屋で新版が売られていますので、手にとってご覧になられると宜しいかと思います。

 

 

山川 詳説日本史図録

日本の歴史だけでなく建築、美術、工芸作品についてもビジュアル資料が豊富に掲載されています。

 

 

こちらの本も千円以下とコストパフォーマンスに大変すぐれた本です。

 

歴史の学び直し本まとめ

以上、歴史の学び直しにおすすめの本をざっとご紹介しました。

歴史本に限らず、辞書がわりにお手元に置いておくと助かる本ってありますよね。

 

この記事には、今後もどんどん本を追加していきたいと思います。

 

 

関連記事

その他のおすすめの旅行本は、こちらで紹介しています。

 

旅行本のおすすめまとめ
みなさんは、旅に出かけた、またはこれから旅行に行く場所のことをもっとよく知りたいと思うことってありませんか? また観光名所を案内するガイドが、普段どんな本...