古都京都の文化財の一覧|1200年の歴史がある世界遺産

スポンサーリンク
東海・関西の旅
EQRoy/Shutterstock.com

京都が「京都」と呼ばれはじめたのは、平安時代後半からのことです。

それ以来、明治維新までの千年の間、京都は天皇が住む都でした。

 

 

そのため京都には、数多くの歴史的建造物があります。

 

 

スポンサーリンク

1200年の歴史を持つ京都

世界遺産に登録された京都17箇所の文化財

京都が都になったのは、今から1200年以上前の794年です。そのうち、

東寺、二条城、仁和寺、延暦寺、醍醐寺

など17箇所の歴史ある建物が、古都京都の文化財として、1994年に世界遺産に登録されました。

 

古都京都の文化財の一覧

1. 学問と修行の道場である比叡山と延暦寺

延暦寺は、比叡山に最澄が785年に庵をつくったのがはじまりとされています。

それ以降日本仏教の最高学府として鎌倉初期まで、

 

  • 空也 (浄土教の先駆者)
  • 法然 (浄土宗の開祖)
  • 親鸞 (浄土真宗の宗祖)
  • 一遍 (時宗の開祖)
  • 栄西 (臨済宗の開祖)
  • 道元 (曹洞宗の開祖)
  • 日蓮 (日蓮宗の宗祖)

 

などの仏教の祖師たちが、比叡山で学びました。

 

2. 上賀茂神社

上賀茂神社は、奈良時代の678年に創建されたとても古い神社です。

 

3. 下鴨神社

下鴨神社は京都で最も古い神社のひとつです。

 

4. 東寺(教王護国寺)

京都のシンボルといえる東寺の五重塔は、日本の五重塔では一番高い55メートルです。

東寺は真言宗の総本山です。

 

5. 仁和寺

桜で有名な仁和寺は、宇多天皇が887年に完成させて移り住みました。

 

6. 石庭で有名な龍安寺

龍安寺は、室町時代の1450年に建てられた禅寺です。

龍安寺には座禅をする場所として枯山水と呼ばれる石だけでつくられた庭があります。

 

7. 金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺は1395年から98年にかけて、足利幕府3代将軍の義満が大北山の麓にきずきました。

金閣寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)といいます。

金箔をぬった豪華な建物を一目見ようと、多くの観光客が訪れています。

1950年に放火によって消失しましたが、5年後の1955年に再建されています。

 

8. 銀閣寺(慈照寺)

銀閣寺は、京都の街の北のはずれにあるお寺です。

銀閣寺という名前は通称で、正式には東山慈照寺(じしょうじ)といいます。

金閣寺を建てた足利義満の孫の足利義政が、銀閣寺を建てました。

 

9. 元は別荘であった平等院

平等院は、栄華物語で極楽浄土のようだったとされる法成寺をお手本につくられました。

平安時代の貴族である源融(みなもとのとおる)の別邸を藤原道長が別荘とし、その後1052年に寺院となって、平等院と名付けられました。

平等院のある宇治は、京都と奈良を結ぶ交通の要所だったため、何度も戦に巻き込まれ、鳳凰堂や観音堂などを残して消失してしまいます。

 

10. 醍醐寺

伏見にある醍醐寺の御本尊は薬師如来像になります。

 

11. 西芳寺(苔寺)

西芳寺には、西芳寺庭園として知られる苔で覆われた回遊式庭園があることで有名である。

 

12. 天龍寺

観光客に人気の庭園がある天龍寺は後醍醐天皇のために足利尊氏が創建したお寺です。

 

13. 清水寺

京都に来たら、まずここか金閣寺に訪れる人がほとんどなのではないかというぐらい人気の清水寺。

 

14. 宇治上神社

宇治上神社には、現存最古の神社建築である本殿があります。

 

15. 西本願寺

西本願寺は、お西さんの愛称で親しまれている浄土真宗本願寺派の本山になります。

 

16. 二条城

二条城は、江戸時代はじめに徳川家康が京都に創建した城になります。

 

17. 高山寺

高山寺は奈良時代に建てられた釈迦如来が御本尊のお寺になります。

 

京都周辺のホテル・宿泊施設

 

 

周辺の観光スポット

 

古都奈良の文化財|東大寺や薬師寺など世界遺産の名所を見に行く
奈良には東大寺の大仏や薬師寺をはじめ、歴史的な観光名所がたくさんあります。 奈良時代、奈良には「平城京」という日本の首都がありました。平城京にゆかりのある...
姫路城の見どころ|仕掛けがたくさん!美しい白鷺城
日本ではじめて世界遺産に登録された、姫路城(ひめじじょう)。 この記事では、美しい姫路城の見どころを紹介しています。 白鷺城...

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東海・関西の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ