古都奈良の文化財|東大寺や薬師寺をはじめとした世界遺産

東海・関西の旅
b-hide the scene/Shutterstock.com

奈良には東大寺の大仏や薬師寺をはじめ、歴史的な観光名所がたくさんあります。

奈良時代、奈良には「平城京」という日本の首都がありました。平城京にゆかりのある歴史的な建造物は、古都奈良の文化財として世界文化遺産に登録されています。

 

 

この記事では、世界遺産に登録された古都奈良の文化財について紹介しています。

 

古都奈良の文化財

平城京について

710年に奈良に新しい都、平城京(へいじょうきょう)が誕生します。

平城京は10万人が住んでいたという大都市で、都には東大寺をはじめ多くの寺院が建てられました。

 

世界遺産の構成資産

古都奈良の文化財の構成資産は次のとおりです。

  1. 東大寺(とうだいじ)
  2. 興福寺(こうふくじ)
  3. 春日大社(かすがたいしゃ)
  4. 春日山原始林(かすがやまげんしりん)
  5. 元興寺(がんごうじ)
  6. 薬師寺(やくしじ)
  7. 唐招提寺(とうしょうだいじ)
  8. 平城宮跡(へいじょうきょうあと)

 

平城京にかかわる寺社や遺跡、文化的景観などが構成資産として登録されています。

 

平城宮跡

平城京は唐の長安京をお手本にした約25キロ平方メートルの大きさの都です。

この平城京の都の中に建てられた天皇の住まいがある場所を平城宮といいます。

平城宮の跡地は現在、平城宮跡歴史公園となっていて大極殿や朱雀門が復元されています。

 

東大寺と大仏

平城京で724年に即位した聖武天皇が東大寺を造営しました。

当時は飢饉や疫病、乱で多くの人たちが苦しんでいたため、仏教の力で国家を見守ろうと、東大寺の大寺院を建てられました。

こちらは東大寺の大仏殿(金堂)です。

東大寺の大仏殿

 

東大寺の大仏殿(金堂)は、世界最大の木造建築です。

大仏殿は、源平の戦いで焼き討ちにあって消失する前は、現在のおよそ1.5倍の大きさでした。

 

大仏殿の中には、14.7メートルの高さの大仏(奈良の大仏)がまつられています。

 

奈良の大仏

Leonid Andronov/Shutterstock.com

 

東大寺の大仏づくりには、当時の日本の人口の半分の数である、のべ260万人がかかわったとされています。

 

興福寺

興福寺は、平城京に都を移す中心的人物であった、藤原不比等が、厩坂寺(うまやさかでら)と呼ばれる寺を平城京に移して、興福寺と名付けます。

興福寺は平安時代まで繁栄した藤原氏の氏寺(菩提寺)になりました。

興福寺の国宝館には、天平時代の彫刻で有名な、国宝の阿修羅像が展示されています。

 

春日寺

春日山は、古代から聖なる山として信仰の対象でした。

春日山のふもとにある春日神社は、平城京の守護のため建てられました。

 

元興寺

元興寺は、日本で最初のお寺である飛鳥寺を、718年に平城京へ移転、新築したものです。

 

薬師寺

薬師寺は奈良の7大寺のひとつです。

金堂や講堂、三重の塔が左右対称につくられています。

薬師寺の金堂には薬師三尊像がまつられています。

はじめは藤原京に建てられましたが、718年に平城京に移されました。

 

唐招提寺

律宗の開祖、鑑真のために建てられたのが唐招提寺(とうしょうだいじ)です。

鑑真は仏教を広めるため日本に招かれた、唐の高僧です。

 

古都奈良の文化財まとめ

平城京の後、時代は平安に

飛鳥時代から奈良時代は、都を移すこと(遷都)がさかんに行われた時代でした。

平城京の後に長岡京へ都はうつりますが、その10年後、京都に平安京がつくられ以後千年以上つづく平安時代の幕開けとなります。

 

周辺の観光スポット

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東海・関西の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
スポンサーリンク
  data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"
スポンサーリンク
ガイドメモ