紀伊山地の霊場と参詣道(熊野・吉野・高野山)

日本最大の半島である紀伊半島は、その面積のほとんどが紀伊山地で占められています。

紀伊山地には、

  • 吉野・大峰
  • 高野山
  • 熊野三山

と3箇所の霊場があります。

これらの霊場に参拝するための道が

  • 大峯奥駆道(おおみねおくがけみち)と
  • 熊野参詣道(くまのさんけいみち)

になります。

紀伊山地の三つの霊場と参詣道が世界遺産に登録されたのは、2004年になります。

 

スポンサーリンク

紀伊山地の霊場

吉野山

吉野山は修験道の総本山です。

修験道とは山岳信仰と仏教があわさった宗教のことで、厳しい修行をおこなうことで知られています。

吉野山は奈良に近く、天皇や貴族がよく参詣に訪れていました。

吉野山と言えば、桜が有名ですね。

修験道の開祖である役行者(えんのおずの)がサクラの木に蔵王権現(ざおうごんげん)の像を刻み、吉野山の金峯山寺の本尊としました。

 

吉野山の桜

Sean Pavone/Shutterstock.com

 

以来、桜の木は神の木とされ、金峯山寺の参詣者が吉野山にサクラの苗を植えはじめました。

今では吉野山で3万本の桜が見られるようになりました。

 

 

高野山

高野山は、空海が816年に金剛峰寺を修験者が悟りを得るための道場としてひらきました。

高野山も吉野山と同じく、信仰の場として、皇族や貴族から信仰されるようになります。

 

高野山についてはこちらの記事もどうぞ。

 

 

真言密教の聖地 高野山へ行こう! (単行本)

真言密教の聖地 高野山へ行こう! (単行本)

田中 ひろみ
1,404円(10/16 08:01時点)
発売日: 2014/06/28
Amazonの情報を掲載しています

 

 

熊野三山

熊野三山は

  • 熊野本宮大社
  • 熊野速玉大社
  • 熊野那智大社

の三つの大社の総称です。

熊野三山も修行の場として信仰されてきました。

907年に宇多天皇が参拝して以来、貴族や武士が訪れはじめ、また15世紀ごろになると、庶民も参詣するようになりました。

熊野三山うち、熊野那智大社は、女人禁制がなく誰でも参拝を受け入れていました。

 

 

スポンサーリンク

霊山に向かう参詣道

大峯奥駆道

吉野山から大峰山脈を経て、熊野に行く道は、大峯奥駆道(おおみねおくがけみち)と呼ばれています。

大峯奥駆道は、霊場に向かう参詣道の中でも、最もけわしい道といわれています。

ここで修験者たちは、きびしい修行をおこないます。

修行の中には、崖の淵から身をのりだす荒行なども含まれます。

 

熊野参詣道

Basico/Shutterstcok.com

 

 

熊野参詣道

熊野三山の霊場へ参拝する道は、熊野参詣道(くまのさんけいみち)と呼ばれています。

熊野参詣道の道はいくつかありますが、そのうち

  • 中辺路(なかへち)
  • 大辺路(おおへち)
  • 小辺路(こへち)

が世界遺産に登録されていて、もっとも利用されているのは、中辺路になります。

 

周辺の観光スポット

紀伊半島周辺の観光スポットについてはこちらの記事をどうぞ

 

参考にした本

 

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

世界に誇る日本の世界遺産(全8巻セット)

西村幸夫
24,624円(10/16 08:01時点)
発売日: 2016/04/01
Amazonの情報を掲載しています

 

修学旅行で行ってみたい日本の世界遺産(全5)

修学旅行で行ってみたい日本の世界遺産(全5)

清原 工, 本田 純, 鈴木 しのぶ, 清野 賢司, 倉部 きよたか, 原 靖一, 小松 亮一
16,200円(10/16 04:53時点)
発売日: 2007/03/28
Amazonの情報を掲載しています