伊勢神宮のお参り|外宮と内宮の順番で御朱印を頂く

伊勢神宮内宮東海・関西の旅

「お伊勢さん」の愛称で親しまれる伊勢神宮は、三重県を代表する観光名所です。

一生に一度はお伊勢さんにお参りしたいと、毎年800万人以上の人たちが伊勢神宮に訪れています。

 

 

この記事では、伊勢神宮の2つの正宮(内宮と外宮)へ順番に参拝して御朱印をいただいてきたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

伊勢神宮の二つのお宮

伊勢神宮の内宮と外宮

伊勢神宮には二つの正宮があります。ひとつが内宮で、もう一つが外宮です。

 

内宮(ないくう)天照大御神(あまてらすおおみかみ)
外宮(げくう)豊受大御神(とようけのおおみかみ)

 

内宮には天照大御神、外宮には豊受大御神がそれぞれまつられています。

 

伊勢神宮のお参りの順番

さて、伊勢神宮のお参りの順序としては、外宮から内宮の順に訪問するのが正式といわれています。

 

外宮(豊受大神宮)へお参り

農業や衣食住の神様をまつる外宮

それでは、まずは伊勢神宮の2つの正宮のひとつ、外宮を最初にお参りしてみましょう。

外宮は、日本神話に出てくる豊受大御神をまつる神社です。豊受大御神は「とようけびめのかみ」と呼ばれ、農業や衣食住を守る神様になります。

 

外宮へのアクセス・駐車場

 
アクセス外宮へはJR・近鉄伊勢市駅から徒歩5分です。
住所
駐車場駐車場は外宮第1駐車場か外宮第2駐車場が近くて便利です。2時間までは駐車料金は無料です。

 

外宮の北御門から正宮まで

伊勢神宮の外宮は、朝の5時から参拝することができます。今回私は車を、外宮第1駐車場に停めました。朝7時に到着したので、混雑もなくスムーズに停められました。

 

 

それでは外宮の裏参道の入口にある、北御門から外宮の正宮をめざして進んでいきます。

 

古殿地と三ツ石

正宮までつづく道には、途中神聖な場所である「古殿地(こでんち)」や「三ツ石(みついし)」があります。

古殿地は、前回のお宮の建て替え前に正宮が建てられていた場所です。伊勢神宮は「式年遷宮(しきねんせんぐう)」といって20年ごとに社殿を新しく建て替えています。

三ツ石は、お祓いをおこなう場所です。

 

豊受大御神をまつる正宮

 

北御門からゆっくり歩いて、10分ほどで正宮に到着しました。

こちらが、豊受大御神をまつる正宮の前です。中での写真撮影は禁止されています。

 

伊勢神宮の御朱印と朱印帳

外宮の正宮を参拝したあとで、外宮神楽殿に戻って記念の御朱印を頂きます。

外宮神楽殿は、お守りや祈祷、御朱印の受付を行なっていて、朝の8時から受付を開始しています。

外宮の神楽殿には内宮の神楽殿にあるものと同じ、小さいサイズの朱印帳が販売されています。

伊勢神宮の御朱印については、詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

真田神社の御朱印をはじめ神社やお寺のオリジナルの御朱印をご紹介!
お寺や神社の参拝の記念に、御朱印をもらう方が増えてきましたよね。インスタグラムやツイッター、ブログでも、御朱印の投稿写真をよく見かけるようになりました。 ...
御朱印帳をどこで買うか決めるのも旅の楽しみのひとつ
御朱印帳は、神社やお寺で御朱印を押していただくときに使う台紙帳です。 御朱印帳って、どこで買うか迷ってしまいませんか?旅の思い出として長くとっておくものな...

 

静かな朝の時間帯に参拝をすませるのがおすすめ

外宮神楽殿

 

鳥の鳴き声と、自分の玉砂利を踏む音だけが聞こえる、静かな外宮(げくう)の朝のお参りでした。この後は内宮(ないくう)へ向かいます。

 

内宮(皇大神宮)へお参り

天照大御神をまつる内宮

次に伊勢神宮の内宮に向かいます。内宮には太陽の神様である、天照大御神(あまてらすおおみかみ)がまつられています。

内宮の御神体は、八咫の鏡(やたのかがみ)という三種の神器のひとつになります。

 

内宮のアクセス・駐車場

 
アクセス内宮へは伊勢市駅または宇田山田駅からタクシーで10分です。
住所
駐車場有り(有料)

 

車の場合は、内宮の入口に近い、A1からA4の駐車場に停めるのが便利です。週末や連休などは、駐車場手前の伊勢街道が、長時間の渋滞になる場合があります。

 

内宮の入口、宇治橋

宇治橋(内宮)

 

内宮の入り口である、宇治橋手前の鳥居です。右側通行の看板が立っています。

 

五十鈴川の御手洗場

途中見事な松が植えられている、「神苑(しんえん)」と呼ばれる庭園を通り過ぎて、手水舎に到着します。

 

五十鈴川御手洗場

 

手水舎でお清めしたあとで、前方に透明度が高い水が流れている、五十鈴川という川があります。こちらの五十鈴川の御手洗場でも、手を清めます。

 

正宮入口

内宮の正宮

 

こちらが内宮の正宮入り口の鳥居です。こちらから先は写真撮影が禁止となっています。

外宮と同じく、御神体が祀られている正殿は奥にあり、一般の人は入ることができません。

 

御朱印は内宮神楽殿で

内宮の御朱印は、境内の中心にある内宮神楽殿でいただくことができます。こちらの受付時間は、朝の8時から午後4時までです。

 

御朱印帳をどこで買うか決めるのも旅の楽しみのひとつ
御朱印帳は、神社やお寺で御朱印を押していただくときに使う台紙帳です。 御朱印帳って、どこで買うか迷ってしまいませんか?旅の思い出として長くとっておくものな...

 

伊勢神宮の参拝まとめ

一度は参拝したい伊勢神宮

いかがでしたか?

伊勢神宮は、毎日たくさんの参拝客が訪れますが、外宮と内宮は境内それぞれが100ヘクタール近くあり、かなり広いため、それほど混雑した感じはせず、静かに見学することができます。

伊勢神宮は、建物自体が、普段よく見る神社とは違う、神聖な雰囲気を醸し出しています。ヒノキの社殿は「唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)」という昔の建築方式で20年ごとに新しく建て替えられています。

日本古来の建築について興味がある方にも、おすすめの観光名所です。

 

伊勢神宮周辺のホテル・旅館

 

 

伊勢神宮周辺の観光スポット

伊勢神宮のお参りがすんだら、参拝客で賑やかな「おかげ横丁」で名物を食べ歩きしながら一休みするのはいかがでしょうか?

 

おかげ横丁|伊勢うどん・赤福など名物の食べ歩きと通りの散策
神社やお寺に、お参りした後の楽しみといえば、その土地の名物を食べること。 三重県のお伊勢さんという名前で親しまれている伊勢神宮の内宮(ないくう)の隣には、...
新鹿海水浴場|シュノーケルがしたくなる波の穏やかな青く透き通ったビーチ
旅行をしていると、予期していないタイミングで驚くような綺麗な景色に出会う事があります。 三重県の伊勢市から和歌山県に車を走らせていると、左手に青い海が見え...
橋杭岩から潮岬〜田子の浦まで足をのばす|紀伊半島の最南端の旅
和歌山県の紀伊半島は、日本で一番大きな半島です。 そのため、紀伊半島をぐるりと車で一周しようとすると、思ったよりも時間がかかります。ただ、海岸沿いには絶景...
紀伊山地の霊場と参詣道|世界遺産の吉野・熊野・高野山をつなぐ経路を旅する
紀伊半島は、日本最大の半島です。紀伊半島は、その面積のほとんどが、紀伊山地で占められています。 紀伊山地には、 吉野・大峰 高...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東海・関西の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ