橋杭岩から潮岬〜田子の浦まで足をのばす|紀伊半島の最南端の旅

田子の浦 東海・関西の旅

和歌山県の紀伊半島は、日本で一番大きな半島です。

そのため、紀伊半島をぐるりと車で一周しようとすると、思ったよりも時間がかかります。ただ、海岸沿いには絶景ポイントがたくさんあり、長時間のドライブでも飽きることがありません。

 

 

この記事では、紀伊半島の最南端にある「橋杭岩(はしぐいいわ)」、「潮岬(しおのみさき)」、「田子の浦(たこのうら)」に立ち寄ったときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

橋杭岩(はしぐいいわ)

国の名勝天然記念物の橋杭岩

早朝の橋杭岩

 

さて、はじめにご紹介するのは橋杭岩です。橋杭岩は、写真のように海岸沿いに900メートルに渡って、岩が並んでいる景勝地です。

 

なぜこれらの岩に橋杭岩(はしぐいいわ)と名前がつけられたかというと、その昔、弘法大師(空海)が橋を作ろうとしたときに、その橋の杭だけが残ったという伝説が由来になっているからです。

 

実際は、噴火したマグマが泥岩層の中で固まって、そのあとに泥岩層だけが波に削られてできたあとになります。

朝日を背景にした岩柱の景色がとても綺麗だとのことで、早朝にもかかわらず、橋杭岩にはたくさんの人が訪れていました。

 

橋杭岩のアクセス・駐車場・営業時間

 
アクセス潮岬灯台から車で12分。
住所
営業時間9:00~18:00(10月から3月までは17:00まで)橋杭岩は24時間鑑賞可能。
駐車場有り(無料)

 

橋杭岩は、潮岬灯台から車で12分(8キロメートル)離れた場所にあります。

橋杭岩を見るには、熊野街道沿いにある「道の駅 くしもと橋杭岩」の駐車所に車をとめるのが便利です。すぐ目の前に、橋杭岩があります。

 

潮岬(しおのみさき)

明治初期に建てられた洋式の潮岬灯台がある岬

紀州半島最南端の崎の岬

 

次に訪れたのは、紀伊半島の最南端であると同時に、本州最南端の場所にある、潮岬(しおのみさき)です。

潮岬の先端には、上の写真に見えるように、潮岬灯台がたっています。潮岬灯台は、明治初期に建てられた洋式の灯台で、全国に16基ある、登れる灯台のうちのひとつです。

 

登れる灯台スタンプラリー|記念品ももらえる!
灯台ファンのあなたに朗報です。またひとつ灯台に出かける楽しみが増えました。 昨年の10月から、全国各地にある、登れる灯台のスタンプラリーがはじまりました。...

 

 

潮岬観光タワーのアクセス・営業時間

潮岬灯台近くの道の駅「潮岬観光タワー」の展望台から、潮岬の全体像が一望できます。時間があれば、こちらにもぜひ立ち寄ってみましょう。

もし潮岬観光タワーが営業時間外でも、駐車場の道路を挟んで向かい側の「潮風の休憩所」から、潮岬灯台の絵になる風景を、写真におさめることができます。

 

 
住所
営業時間朝8:30から16:30まで
駐車場有り(無料)

 

田子の浦(たこのうら)

潮岬から南紀白浜に向かって車を走らせていくと、田子の浦という景勝地に到着します。

ちなみに、「田子の浦」という名前がついた観光地は、静岡県にもありますが、紀伊半島にある田子の浦は「たこのうら」で、静岡県の田子の浦は「たごのうら」と読みます。

 

田子の浦のバス停

 

潮岬から20分ほど車で熊野街道を北に上っていくと、「田子の浦」と書かれたバス停が見えてきました。

 

可愛らしい双子の島:双島(そうしま)

田子の浦から見える双島

 

田子の浦から沖の方に、丸っこい2つの島が見えます。この2つの島は、双子の島と書いて、双島(そうしま)と呼ばれます。双島には、日本ではめずらしい熱帯系のハカマカズラ(わんじゅ)の木が生えています。

双島は船で渡ることができ、磯釣りで人気のスポットです。

 

田子の浦のアクセス

 
住所
アクセス潮岬灯台から車で20分。

 

紀伊半島最南端の観光スポットまとめ

和歌山県の串本町にある海の景勝地

いかがでしたか?紀伊半島の海岸沿いを走ると、このような景色をところどころで見ることができます。

温暖な天気の中、海ぞいのドライブは気持ちいいですね。

今回ご紹介した潮岬と橋杭岩、田子の浦は、すべて和歌山県の串本町(くしもとちょう)という町の観光スポットになります。橋杭岩をはじめとした、串本町の海の景勝地は、「南紀熊野ジオパーク」に属しています。

串本町は人口が1万6千人の町で、お土産にはきんかんとカツオが人気です。

 

 

串本町周辺のホテル

 

 

紀伊半島のその他の観光スポット

紀伊半島には、南紀白浜や世界遺産の霊場があります。

 

とれとれ市場|南紀白浜のお土産を買うならココがおすすめ!
和歌山県の南紀白浜は、白い砂浜の海水浴場に温泉、アドベンチャーランドがある一大観光リゾートです。一年中温暖な気候の、たいへん過ごしやすい場所で、本州では一番早く...
とれとれの湯と崎の湯|南紀白浜の人気の日帰り温泉に入ってみた!
和歌山県の南紀白浜は、紀州半島のリゾート地です。白い砂浜の海岸とともに、日本最古の温泉が有名です。 南紀白浜の温泉は、日本書紀...
高野山で精進料理のランチ|花菱のおすすめメニュー「三鈷膳」を食べる
和歌山県の高野山は、数多くのお寺があつまる仏教都市です。 高野山で宿坊に泊まって、精進料理を食べるツアーが人気ですが、宿泊しなくても、高野山には精進料理を...
紀伊山地の霊場と参詣道|世界遺産の吉野・熊野・高野山をつなぐ経路を旅する
紀伊半島は、日本最大の半島です。紀伊半島は、その面積のほとんどが、紀伊山地で占められています。 紀伊山地には、 吉野・大峰 高...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東海・関西の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ