御朱印めぐり|お寺や神社の参拝の記念に

御朱印と御朱印帳

神社やお寺への参拝の記念に、御朱印をもらう方が増えてきました。

インスタグラムやツイッター、ブログなどでも、御朱印の投稿写真をよく見かけます。

個性あふれる御朱印がいろいろあるんだなぁと感心しながら眺めています。

私も数年前から少しずつですが、御朱印集めをしています。集めはじめると楽しいですし、いいお土産にもなりますよね。

この記事では私が持っている御朱印帳とその御朱印を紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

御朱印とは

御朱印(ごしゅいん)とはお寺や神社を参拝した後に御朱印帳に押していただく印のことです。

神社やお寺によって印が違い、また季節限定の御朱印もあります。

料金はお気持ちでという所もありますが、一般的に300円から500円ぐらいです。

 

 

 

 

御朱印の一部をご紹介

真田神社 御朱印(長野県)

長野県の上田城にある真田神社の御朱印は、戦国時代の武将、真田氏を題材にしています。

こちらは真田昌幸の兜(かぶと)の昇梯子(のぼりはしご)をモチーフにした御朱印です。

 

真田神社の御朱印

 

春は桜をモチーフにした季節限定の御朱印が提供されています。

 

montestieさん(@montestie)がシェアした投稿

 

 

 

 

奥の院と那智山青岸渡寺の御朱印(和歌山県)

写真の左側が高野山の奥の院の御朱印、右側が熊野那智大社の境内にある那智山青岸渡寺(せいがんとじ)からいただいた御朱印です。

 

熊野那智神社の御朱印

 

 

 

 

大山祇神社の御朱印(愛媛県)

愛媛県の大三島にある大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)の御朱印です。

大山祇神社は山神、海の神を祀っていて、日本一の武具館も併設しています。

 

大山祇神社の御朱印

 

 

スポンサーリンク

御朱印帳とは

御朱印帳は御朱印を押していただく専用の台紙帳です。

お寺や神社で販売されている御朱印帳を買う場合が多いのですが、それ以外のお店や通販でも購入が出来ます。

可愛い御朱印帳がたくさんあるので、買い始めるとキリがなくなってしまうとは思いつつも、色々目移りしてしまいます。

 

 

 

 

私の持っている御朱印帳

私が持っている御朱印手帳は3冊あります。

  • 伊勢神宮の御朱印帳(三重県)
  • 立石寺の御朱印帳(山形県)
  • 真田神社の御朱印帳(長野県)

 

神社とお寺で御朱印帳を別にしているのですが、旅先に三冊とも持って行かれない時は御朱印を押した半紙だけを頂いて帰る場合もあります。

また宗派によって専用の御朱印帳が必要な場合があるかもしれません。その場合は受付の方が教えてくださるかと思います。

 

伊勢神宮の朱印帳(三重県)

旅先で一番よく見かけるのが、伊勢神宮の朱印帳です。

こちらの小サイズの朱印帳は、内宮と外宮どちらの神楽殿でも購入することが出来ます。

シンプルで美しい紫の御朱印帳です。

 

伊勢神宮の御朱印帳

 

 

お伊勢さん参りの記事はこちらから

 

 

立石寺の御朱印帳(山形県)

山形の山寺(立石寺)の御朱印帳です。裏には松尾芭蕉の可愛いイラストが書かれています。

 

山寺の御朱印帳

 

立石寺には松尾芭蕉の銅像が飾られています。

 

 

 

真田神社の御朱印帳(長野県)

真田昌幸が築城した長野県の上田城の場内にある真田神社の御朱印帳です。

 

真田神社の御朱印帳

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回お見せしたのはほんの一部で、他にも個性あふれる御朱印がまだまだあります。

GoogleやTwitter、インスタグラムなどで「御朱印」と画像検索するとたくさんの御朱印が見られますので、よかったら検索してみてください。

 

その他の御朱印がいただける神社やお寺の記事はこちらをどうぞ