中尊寺の見どころ|平泉の黄金色にかがやく世界遺産

スポンサーリンク
中尊寺の入り口 北海道・東北の旅

岩手県の平泉町は、東北地方の南北のちょうど中間の場所にあります。

平安時代にはこの平泉を拠点として、藤原氏が陸奥や出羽を治めていました。藤原氏が平泉につくった寺院や庭園、遺跡が、世界文化遺産として登録されています。

 

 

この記事では、平泉の中尊寺の見どころと歴史について紹介しています。

 

スポンサーリンク

中尊寺について

平泉に100年の平和の時代

中尊寺は天台宗の東北地方の大本山です。平安時代の850年に慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開山されました。

平安時代後期、奥州藤原氏が100年四代に渡り、平泉を拠点として奥州を治めました。

藤原氏初代の藤原清衡(ふじわらのきよひら)は、平和な世にするためこの世の浄土を平泉に作ろうとして、合戦で亡くなった人を供養するため、中尊寺に大伽藍(だいがらん)を建てました。

大伽藍とは、大きなお寺の意味になります。

 

黄金はどこから調達したのか

岩手県を流れる北上川では、8世紀の半ばから砂金がとれていました。

藤原氏の政治の拠点である平泉は、北上川の流域にあり、中尊寺の金色堂の建設にはその砂金が使われました。

北上川でとれた金は、他の地域との交易にも使われたそうです。

 

中尊寺の見どころ

中尊寺の金色堂

中尊寺金色堂

 

平安時代後期の1124年に建てられた中尊寺の金色堂はその名の通り、ほぼすべてが金箔で覆われていて、極楽浄土を表しています。

金色堂には、御本尊である阿弥陀如来三尊像(あみだにょらいさんそんぞう)がまつられています。また金色堂の内部装飾には、蒔絵などの漆工芸や、夜光貝、アフリカゾウの象牙、宝石などが使われています。

 

黄金の島・ジパングの由来となった金色堂

金色堂のことを伝え聞いたマルコ・ポーロが、日本を「黄金の島・ジパング」と呼んだことでも知られています。

金色堂は、戦後は金箔が剥がれた状態のままでしたが、修復作業を行い現在の新しい金色堂へと復活しました。

中尊寺の金色堂は、写真撮影が禁止されています。上の写真に見えるのは新覆堂です。この中に金色堂が納められています。

 

経蔵(きょうぞう)

金色堂のそばに立つ経蔵は、「中尊寺経」が納められていたお堂です。

 

本堂

中尊寺の根本道場で、御本尊は釈迦如来です。中尊寺本堂は、座禅・写経の道場でもあります。

 

旧覆堂

旧覆堂の中

 

金色堂を見たあとは、旧覆堂も見学してみてください。旧覆堂は、今の新覆堂の前に金色堂を覆っていた建物です。

旧覆堂の中では金色堂について案内ビデオが上映されています。また平泉にゆかりのあった源義経の絵が飾られています。

 

讃衛蔵(さんこうぞう)

讃衛蔵は、金色堂と共通の入館券で入場できます。

讃衛蔵には、高さが4.85メートルある阿弥陀如来坐像、二体の薬師如来坐像をはじめとした国宝や重要文化財がおさめられています。

国宝である中尊寺経は、現在讃衛蔵に展示されています。中尊寺経は、金文字、銀文字で書かれている国宝のお経です。

 

中尊寺のハスの池

中尊寺のハスの池

 

中尊寺の坂の上駐車場の隣にあるハスの池です。

4代泰衛公の首桶からハスの種が発見され、その種子から開花したハスだそうです。

 

中尊寺の見どころまとめ

いかがでしたか?中尊寺の見どころはたくさんありますが、なかでも中尊寺の光り輝く金色堂は有名で、毎年多くの観光客が訪れています。

 

中尊寺へのアクセス

中尊寺へはJR東北本線の平泉駅から徒歩で30分、車だと10分です。

平泉前沢ICからも車で10分かかります。

駐車場は周辺にいくつかありますが、一番近いのは「坂の上駐車場(金剛院前駐車場)」になります。

こちらは駐車料金が一回500円かかりますが、金色堂の裏手にあり徒歩2分の距離になりますので、あまり歩きたくない人にはオススメの駐車場です。

 

 

少し歩いても大丈夫な方は中尊寺金色堂から徒歩で10分の場所に公共の駐車場も2箇所あります。

中尊寺第1、第2駐車場

駐車場の料金は400円です。

 

平泉周辺のホテル・旅館

 

 

周辺の観光スポット

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
北海道・東北の旅
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ