黒曜石体験ミュージアムでアクセサリー作りに挑戦!

スポンサーリンク
黒曜石キーホルダー作り体験 おすすめの観光スポット

黒曜石の原石って、ご覧になったことはありますか?

黒曜石(こくようせき)は、その名のとおり、「黒くて光り輝いている石」のことです。黒曜石は、鉄が発見される前、石器として長い間使われていました。

 

 

そういえば、どこかの国のドラマで、黒曜石が怪物退治に使われていた話もありましたね……。

 

さて、長野県の中部にある長和町には、星糞峠(ほしくそとうげ)と呼ばれる黒曜石の産地があります。そしてここには、黒曜石について学べる、黒曜石体験ミュージアムが建てられています。

 

この記事では、黒曜石体験ミュージアムで、黒曜石アクセサリーの制作体験した時の様子をまとめています。

 

スポンサーリンク

黒曜石体験ミュージアムについて

黒曜石とは?

黒曜石とは、溶岩からできた、黒い色の天然のガラスです。金属が使われる前の、石器時代や縄文時代にかけて、人間は黒曜石を長い間道具として使ってきました。

 

長野県にも黒曜石の主要な産出地がいくつかあり、黒曜石が長野県の石に指定されています。

 

 

黒曜石とは何か?を学べるミュージアム

長和町にある、「黒曜石体験ミュージアム」は、黒曜石の原石や、石器が展示されている博物館です。このミュージアムでは黒曜石が石器として、人間にどのように利用されてきたか、学習することができます。

 

黒曜石体験ミュージアムの正面

 

こちらがミュージアムの入り口です。黒曜石体験ミュージアムの隣には、明治大学の黒曜石研究センターがあります。

人里離れた山の中にある博物館で、平日ということもあり、訪れる人は少ないのではないかと思いましたが、駐車場には開館後すでに車が数十台停まっていました。

 

黒曜石体験ミュージアムで黒曜石について学ぶ

最初に黒曜石の展示室を見学

旧石器時代の黒曜石の採取

 

ミュージアムでは、まず黒曜石の展示コーナーを見学します。

旧石器時代、上の写真のように星糞峠には、たくさんの黒曜石のかけらがおちていました。そのため、人々は簡単に河原などで黒曜石の原石を拾うことができたようです。

 

北海道には、いまでも河原で黒曜石が見つかる場所もあるみたいですよ!

 

縄文時代になると、落ちている黒曜石が少なくなってしまったため、今度は地中を掘って、黒曜石の採掘がさかんに行われるようになりました。

 

黒曜石は、産地によって透明度が違う

光をあてた黒曜石

 

こちらが星糞峠で発掘された、黒曜石です。星糞峠の黒曜石は、他の産地のものとくらべて、透明度が高いことで知られています。

 

黒曜石の透明度は産地によって、かなり違うんですね。

 

黒曜石はどれも皆同じというわけではなくて、産地によって色や透明度、そして模様にも違いがあります。

 

黒曜石体験ミュージアムのアクセサリー製作体験

たくさんのアクセサリー体験コースから選べる

黒曜石製作体験コース

 

さて、ミュージアムを一通り見終わったら、次は黒曜石のアクセサリーの製作体験にチャレンジしてみましょう。

黒曜石体験ミュージアムでは、上の写真のように、黒曜石の原石を使って矢じりや、ペンダント、ブレスレット、キーホルダーなど、たくさんの製作体験コースがあります。

この中から自分の好きなものを選んでみましょう。

 

席が空いていれば、体験コースを申し込んですぐに始められますよ。

 

黒曜石の原石からキーホルダーを作る

矢じりの形に黒曜石を削る

黒曜石の原石のかけら

 

今回は体験コースの中から、黒曜石の原石のかけらを削る、キーホルダー作りに挑戦してみます。まずはいくつかある黒曜石の原石のかけらから、自分の好きなものを選びます。

私は三角形の矢じりの形にしたかったので、こちらの黒曜石を選びました。

黒曜石は、とても硬い石です。そのため、初心者でも削りやすいように、ある程度まで形ができた状態の石が、体験キットとして使われています。またキーホルダーの紐を通せるように、あらかじめ穴もあけられています。

 

割った後の黒曜石

 

それでは、選んだ石を石割り用のペンシルを使って、少しずつ割っていきましょう。黒曜石はかたいので、手に力が入ります。ミュージアムのスタッフの方にも、時々手伝っていただきながら、石の周囲を削っていきます。そしてなんとか写真のような三角形の形に、整えることができました。

 

光をあてた黒曜石

 

本当はこんなふうに、周りだけでなく、全体の厚みも薄くして半透明の透き通った状態を作りだしたかったのですが……、コツをつかんでいないと、変なところを割ってしまいそうで難しかったので、ここまでにしました。

昔の人は鹿のツノなどを使って、黒曜石を削っていたようです。本当に硬いので、慣れるまでだいぶ修行が必要かもしれません。

 

できあがった黒曜石のキーホルダー

黒曜石のキーホルダー

 

さて、こちらが紐を通してできあがったキーホルダーです。少し不恰好ですが、自分が作った作品は、それだけで愛着がわきますね。

なおこちらのキーホルダーを作る体験料金は、600円です。製作時間は、30分から1時間を見ておけばよろしいかと思います。

 

黒曜石体験ミュージアムショップ

黒曜石のお土産物が並ぶショップ

黒曜石のお土産物売り場

 

こちらが、黒曜石体験ミュージアム内にある、お土産物売り場です。製作体験をしなくても、こちらで黒曜石のネックレスやブレスレット、根付けなど買い求めることができます。

また自宅でもできる黒曜石の原石のかけらや、道具・材料一式が入ったアクセサリーキットなども売られています。

ちなみにこちらのショップで販売されている黒曜石は、星糞峠(長和町)産と北海道産のものがあります。星糞峠の黒曜石が欲しい方は、透明度が高いものを選ぶと良いでしょう。ちなみに製作体験で使った黒曜石は、産地が北海道のものです。

 

長和町産の黒曜石

 

こちらが長和町でとれた、黒曜石の根付けアクセサリーです。300円ほどで購入できました。

こんな感じのツルツルの状態にするには、手で削るのではなく、研磨機をかける必要があります。

 

黒曜石体験ミュージアムまとめ

鉄よりも長い間、人間が石器の道具として利用してきた、黒曜石。

長野県に住んでいて、黒曜石が県の石とは知ってはいましたが、実物を見る機会は正直、それほど多くありませんでした。

黒曜石体験ミュージアムでは、黒曜石の原石に触ったり、加工方法について知ることができる良い機会でした。

体験教室には、黒曜石のネックレス、ブレスレット作りの他にも、黒曜石の彫刻やオブジェづくり、琥珀のアクセサリーや勾玉作りなどのコースもあります。

また次回訪問した時は、別のアクセサリーの製作体験にチャレンジしてみたいと思います。

 

黒曜石体験ミュージアムのアクセス・駐車場・入館料

 
アクセス黒曜石体験ミュージアムへは、東京から車で高速で3時間です。諏訪南インターから45分、佐久中佐都インターからは50分の距離です。
入館料大人300円
住所
営業時間9時から4時30分(冬の間も開館しています。)
駐車場有り(無料)

 

 

黒曜石体験ミュージアム周辺の観光スポット

黒曜石体験ミュージアムのすぐ目の前には、ブランシュたかやまスキー場があります。

 

ブランシュたかやまスキー場|長野のスキー専用ゲレンデ
あなたのお気に入りのスキー場は、どこですか? よく出かけるスキー場を決めるときって、どのように選んでいますか? 私はウィンタ...

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの観光スポット
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ