片倉館の千人風呂|立ったまま入れるモダンな大浴場

スポンサーリンク
諏訪の片倉館 温泉めぐり

長野県に片倉館(かたくらかん)という、日帰り温泉施設があります。

片倉館は、昭和の初期に建てられた建物ですが、当時の状態のまま綺麗に保たれていて、今でも「千人風呂」と呼ばれる大浴場に入ることができます。

 

 

この記事では、片倉館の千人風呂で日帰り入浴を体験してきたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

片倉館(かたくらかん)について

昭和の初期に実業家が建てた片倉館

片倉館は、諏訪湖の目の前にある日帰り温泉施設です。

片倉館は、大正時代から製紙業を営んでいた片倉兼太郎という実業家が、80万円(現在のお金で数十億円)の基金を集め、文化福祉施設として建設した温泉施設です。

 

 

片倉館は今から90年前の昭和3年に建てられ、国の重要文化材として登録されています。当時の建物はそのままの状態で残されていて、今でも片倉館では、日帰り入浴や、食事を楽しむことができます。

 

片倉館の千人風呂

片倉館のモダンな千人風呂

片倉館の千人風呂

 

片倉館の内風呂は、「仙人風呂」と言って、立ったまま入浴することができる、西洋風の大きな内風呂です。

内風呂の深さは1メートルとちょっと。胸の位置まである深さの湯船です。

 

今から100年前の人の平均身長は、現代の平均身長より10センチぐらい低かったそうです。そのため、人によっては肩ぐらいの深さになるかもしれません。

 

黒い砂利が敷き詰められている千人風呂

大理石でつくられた千人風呂は、幅が7.6メートルで奥行きが4メートルの大浴場です。

100人の人が一度に入れるとありますが、立ったままだともっと大人数が入れそうです。

千人風呂の浴槽の足元には、黒い砂利が一面に敷き詰められています。この黒い砂利を踏むと足のツボに刺激がきて、自然と足が動いて端から端まで歩いてみたくなります。

 

大理石とステンドグラスが使われた豪華な内装

片倉館には、千人風呂ともう一つ、ジャグジーの内風呂の2つの浴槽があるのみで、外風呂はありません。けれども大浴室の内装は豪華で、白い大理石と石のタイルの壁に、ステンドグラスがはめこまれていて、十分に目の保養になります。また所々に白い西洋彫刻が飾られていて、美術館にいるようです。

 

日帰り温泉の設備

内風呂から上がると、床には一面にタイルが敷いてあるので、滑らないように少しだけ注意が必要です。

歴史的価値の高い片倉館のお風呂ですが、日帰り温泉の設備はひととおり揃っています。内風呂の洗い場にはボディソープや、リンスインシャンプーが備え付けられていて、また脱衣所にはドライヤー、100円が戻ってくるコインロッカーが完備されています。

 

眺めの良い片倉館の2階と屋上フロア

レトロな雰囲気の休憩所でご当地名物を食べる

片倉館の2階

 

入浴後は、片倉館の2階で一休みしてみましょう。

片倉館の2階は、休憩室となっています。食堂も併設されていて、メニューには、ラーメンにカレー、そば、うどん、ハンバーグ定食などの定番の食事メニューや、おでん、諏訪湖のワカサギの唐揚げや、おやき、野沢菜などのおつまみも揃っています。

 

諏訪湖を一望できる片倉館の屋上フロア

食事の後は、休憩室を通り抜けて片倉館の屋上フロアに上がると、諏訪湖を一望できる景色が目の前に広がっています。

 

片倉館の千人風呂まとめ

昭和初期のモダンな建物で日帰り入浴を体験する

立ったまま入れるお風呂って、めずらしいですよね?また片倉館の内装も見応えがあります。建築費はかなりかかっていそうですが、華美すぎずシンプルで上品なデザインです。

諏訪湖周辺に観光にきた際は、片倉館の千人風呂を体験されてみるのはいかがでしょうか?

 

片倉館のアクセスと営業時間・駐車場

片倉館の営業時間と入館料割引券

入館料:大人650円(小人450円)

こちらの片倉館のサイトから、入館料の割引クーポンが入手可能です。

営業時間:10時から21時(休館第2、4火曜日)

泉質:単純温泉

 

片倉館のアクセスと駐車場

 
アクセス片倉館へはJR上諏訪駅から徒歩で7分になります。また諏訪インターチェンジからは、車で12分の距離になります。
住所
駐車場敷地内には100台が停められる無料駐車場があります。

 

 

その他の日帰り温泉についての記事

長野県のその他の日帰り温泉施設については、こちらの記事をどうぞ。

 

長野のおすすめ日帰り温泉|気軽に立ち寄れるスポットがたくさん!
この記事では、長野県を旅行中に立ち寄ったおすすめの日帰り温泉をご紹介しています。 長野県にもたくさんの日帰り温泉施設があって、どれを選んで...

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
温泉めぐり
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ