諏訪大社に温泉など諏訪湖周辺の観光スポット

諏訪大社上社本宮

諏訪湖は長野県で最大の湖です。

大きさは13.3キロ平方メートルあります。

諏訪湖は浅い湖の一つで、最大水深が6.5メートルだそうです。

諏訪湖は糸魚川ー静岡構造線が通っているフォッサマグナ上に出来た断層湖と呼ばれています。

ちなみに日本で一番深い田沢湖の最大深度は423メートルあります。

 

田沢湖の周辺観光|日本一深い湖を一周ドライブする

 

さて、諏訪湖は夏に2回開催される50万人が訪れる花火大会で有名ですが、その他にも見所がたくさんあります。

この記事では、諏訪湖の観光スポットを紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

諏訪湖周辺の観光スポット

諏訪湖の周りを歩いてみる

諏訪湖にきたら、湖の周りを散策してみるのはいかがでしょうか?

諏訪湖の周りには湖畔公園が所々にもうけられています。

無料駐車場がついていますので、車をとめて湖の周りをウォーキングしたり、ジョギングする人も見かけます。

また諏訪湖にも歩いて6分の上諏訪駅の市営駅前駐車場も、3時間まで無料で車が停められます。

上諏訪駅には観光案内所もあります。

 

 

諏訪大社4社

諏訪大社は飛鳥時代に天皇が風の神としてまつりはじめた神社です。

諏訪湖をはさんで諏訪市側に上社と、下諏訪側に下社があります。

上社と下社それぞれに2つの宮があります。

諏訪大社の各宮の御朱印の初穂料は500円で、4宮すべての御朱印を集めると記念品(落雁)がもらえます。

 

上社(本宮・前宮)

上社の御神体は後方にそびえる山になります。

 

下社(春宮・秋宮)

下社の御神体は木になります。

春宮が杉の木で、秋宮がイチイの木です。

拝殿の奥にご神木があります。

 

諏訪大社では7年に一度式年造営が行われていて、新しく造られた社殿を囲む様にして立つ御柱(おんばしら)も新しいものに取り替えられます。

その御柱を人力で引いて建てるお祭りを「御柱際」と呼ばれます。

御柱際についてはこちらの記事もどうぞ。

 

日本の有名なお祭り

 

本宮へのアクセス

 

前宮へのアクセス

前宮につづく参道の手前に駐車場があります。

 

春宮へのアクセス

春宮へは秋宮から徒歩で17分ほどの距離にあります。

下諏訪駅から車で4分、徒歩で12分です。

駐車場は門の手前にあります。周辺の道が少し狭い道もあるので、車に気をつけましょう。

 

秋宮へのアクセス

黒色の外観が見事な神社です。

秋宮への参拝客用の無料駐車場は門のすぐ脇にあります。

もし満車の場合は周辺にもいくつかあります。

 

片倉館

片倉館は諏訪湖のほとりにある日帰り温泉施設です。

片倉館の内風呂は千人風呂と呼ばれ、立って入るめずらしい温泉です。

片倉館についてはこちらの記事でも紹介しています。

 

片倉館へのアクセス

 

 

ハルピンラーメン

ハルピンラーメンは、諏訪市に数店舗ある地元のローカルラーメンです。

にんにくと赤唐辛子を少し使ったピリ辛のあっさりとした味噌ラーメンの味です。

麺は細麺で、くせがなく食べやすいです。

またチャーシューは脂身がほとんどなくて食べやすく、個人的には好きなチャーシューです。

お冷がジャスミンティーなのもさっぱりして良いです。

にんにくラーメンとハルピン新ラーメンが定番とのことです。

 

ハルピンラーメン(本店)へのアクセス