快活クラブ|マンガやゲーム無しでも気軽に立ち寄れる飲み放題カフェ

スポンサーリンク
快活クラブ 観光ガイド・コラム

先日快活クラブというネットカフェに初めて入ってみた。快活クラブは、日本全国に366店舗ある、ネットカフェの全国チェーンである。

私は普段あまり漫画を読んだりゲームをすることが少ないので、ネットカフェに立ち寄ったことがなかったが、今回快活クラブに利用してみて、漫画やゲームをしなくても、利用するメリットがいくつかあると思った。

スポンサーリンク

快活クラブの飲み放題カフェ(オープンシート)を利用するメリット

快活クラブには、ブース席以外にも、飲み放題カフェという、会員登録をしなくても利用できるオープンシートがある。このオープンシートを利用するメリットは、以下のとおり。

 

値段が安い

飲み放題カフェ(オープンシート)席だと、3時間で500円程度で利用可能。30分 182円(税抜き)3時間で482円(税抜き)

 

充電可能

飲み放題カフェのシートには、コンセントがついているので、スマホの充電や、パソコン作業が可能。店舗によるのかもしれないが、私が利用した店では、隣の席の間隔も、あまり窮屈には感じなかった。
また自分の席には「ご利用中」と書かれた番号札を置いておけるので、席を確保しておくことができる。

 

旅行系の雑誌の電子書籍が読める

快活クラブには、最新の雑誌が読めるコーナーがある。が、旅行系の雑誌はそれほど多くはなかった。その代わり快活クラブでは、店内のWiFiにつなぐことで、電子書籍を読むことができる。電子書籍の中には、旅行系の雑誌のるるぶが読み放題。

るるぶ(雑誌版とフリーペーパー版)の電子書籍は、1年更新で、フリーペーパー版は、シーズンごとに発行されていて、最新情報が入手しやすい。
雑誌なので、iPadなどのタブレットの大きな画面で閲覧するほうが、読みやすいが、スマホでも拡大すればざっと読む分には、あまり困らない。

電子書籍の中には、スマホだと読みづらいものがあるが、るるぶの電子書籍閲覧サービスは、読みやすい。

 

本の要約サイトflier

快活クラブでは、2019年の2月から、flierの閲覧サービスが利用できるようになった。この本の要約サイトflierもなかなか面白い。ビジネス書や話題の本が10分で読めるように要約されている。本の種類も豊富。スキマ時間がない人には、これで十分なのでは。PDFにして、保存して持ち帰ることも可能。立ち読み感覚で、読むことができる。

 

飲み放題カフェではフードメニューも注文可

飲み放題カフェでは、ドリンクバーが利用できる。ソフトクリームも食べ放題なので、コーラフロートやメロンソーダフロートが作れる。
また飲み放題カフェでは、座った席でフードも注文することができる。モーニングの時間帯は、モーニングを利用することが可能。

 

快活クラブ飲み放題カフェまとめ

30分180円程度の利用から、長時間滞在することが可能。全国に366店舗あり、地方で駐車場付きの店舗も多いので、車での旅行でも立ち寄りしやすい。3時間程度で500円と気軽に利用できる。
あまり混んでいなければ、飲み放題カフェのようなオープンスペースでも、十分満喫できると思う。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
観光ガイド・コラム
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ