大山祇神社|しまなみ海道の旅で立ち寄る瀬戸内海のパワースポット

大山祇神社

しまなみ街道を渡っていると、途中でそれぞれの島に立ち寄ってみたくなりませんか?

しまなみ海道沿いの島で一番大きな島を大三島と言います。

大三島には大山祇神社といって海の神様として有名な神社があります。

また併設されている武具館には、あの源頼朝と源義経の鎧や刀など、国宝に指定されている大変貴重な武具をみることができます。

 

スポンサーリンク

大山祇神社とは?

大山祇(おおやまずみ)神社は、古事記、日本書紀には山の神(農業神)として、海神としてまつられてきました。

また瀬戸内海で活躍をした三島水軍の守護神として信仰され、奉納された甲冑・刀などは常設展示され、日本一の武具館としています。

 

大山祇神社へのアクセス

大三島インターチェンジから車で13分の距離にあります。

 

大山祇神社の見どころ

天然記念物の大楠

国の天然記念物として指定されているご神木の大きな楠になります。

樹齢がおよそ2600年と言われています。

 

 

拝殿と御本殿

拝殿の奥では神主さんがお勤めをされていらっしゃいました。

大山祇神社の本殿

 

 

大山祇神社の宝物館

大山祇神社にお参りした後は、隣接する宝物館を見学します。

宝物館は国宝館と紫陽殿、海事博物館の入場料がセットで、1000円かかります。

入館すると義経と弁慶の刀が展示されていて、早速テンションがあがりました。

2階には源頼朝の鎧に相対して、義経の鎧が展示されています。

義経の鎧は刺繍や扇の飾りなど細かな細工が施されていて、大変古く色あせてはいながらもこれまで見た中で一番美しい鎧でした。

平日ということもあってか、宝物館はあまり人がいなかったのですが、東京で展示されれば、行列が出来るのは確実ではないかと思われるほど芸術的な鎧だと思います。

 

 

 

 

大山祇神社周辺のホテル・旅館

しまなみ海道の宿泊施設(じゃらん)

 

周辺の観光スポット

大三島には、甘いみかんが売られている道の駅や、無料で塩作りの工場見学ができる伯方の塩の工場、また瀬戸内海のしずかな砂浜海岸があります。

しまなみ海道を旅行される方は、大三島に立ち寄られてみるのも楽しいかと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク