宮島観光|厳島神社の参拝に弥山登山・名物の牡蠣料理まで

Boris-B /Shutterstock.com

 

 

11月の中旬、広島県の宮島(厳島)へ出かけてきました。

宮島は、日本を代表する観光地のひとつで、世界遺産に登録されています。

今回は宮島の厳島神社への参拝と、島の中心にそびえる弥山(みせん)の頂上へ登ってみました。行きは途中までロープウェイを使い、帰りは登山道を歩きで下りています。

帰りには、宮島名物の牡蠣ともみじ饅頭もいただきました。

 

この記事では、厳島神社と弥山の観光にかかった時間やルートについて紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

厳島神社(いつくしまじんじゃ)について

広島県にある宮島は、昔から聖なる島として信仰の対象でした。

宮島のシンボル、厳島神社は飛鳥時代の593年に創建され、現在の大きさの社殿は平安時代の1168年に平清盛によって造られています。

厳島神社の社殿は、潮が満ち引きするところ。厳島神社の社殿と大鳥居は海の中に建てられています。

島の土地は神聖で、その上に建物を建てることを避けるために海上に社殿が造られたと言われています。

厳島神社と、そのまわりの弥山原始林は世界文化遺産に登録されていて、緩衝地帯(バッファゾーン)は、宮島全体にわたります。

緩衝地帯(バッファゾーン)とは、世界遺産の登録区域に外部から影響が及ばないよう指定、保護されている地域のことを指します。

世界遺産に推薦する際には、この緩衝地帯を設けることが求められています。

 

キッズペディア 世界遺産

キッズペディア 世界遺産

3,888円(12/11 12:35時点)
発売日: 2015/11/20
Amazonの情報を掲載しています

 

 

厳島神社へのアクセス

JR広島駅から宮島口駅まで電車で25分、宮島口から宮島へはフェリーで15分で到着します。

 

車で出かけられる場合は、宮島口駅周辺に1日500円から1000円の料金で停められる駐車場があります(平日・週末で料金変動あり)。

 

宮島フェリーの割引チケット

宮島へ行く船便はJRフェリーと宮島松大汽船の2社が運行しています。

どちらも宮島までの乗車料金と乗船時間は同じ片道180円。

JRフェリーは9時から16時の便が大鳥居の近くを通り、宮島松大汽船は、セット割チケットなどの販売をしています。

今回は、宮島松大汽船が発行している、「宮島弥山アクティブチケット」を購入してみました。

このチケットは宮島への往復のフェリー代と、片道の宮島ロープウェイがついて料金が1000円です。

宮島ロープウェイの通常の片道料金が1000円なので、実質往復のフェリー代が無料になるというものです。

他にも往復のロープウェイとセットの乗船チケットも販売されています。

 

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

宮島口ー弥山 選べるお得なチケット発売(宮島松大汽船)

 

 

宮島へ到着後、厳島神社へ参拝する

海に浮かぶ赤い大鳥居

朝8時台の便にのり、宮島の桟橋には15分で到着しました。

船を降りてから400メートルほどの参道を歩き、厳島神社へ向かいます。

参道のお店はほとんど閉まっていましたが、通りは参拝客で混んでいました。

鹿が観光客を出迎えてくれています。

石の鳥居をくぐり抜け、最初に目に入るのが、正面の砂浜にたつ朱色の大鳥居です。

ちょうど干潮時で海水はなく、大鳥居のところまで歩いていけます。

皆引き寄せられるように、赤い木の鳥居の方へ進んでいました。

近くで見るとかなり大きな鳥居です。

現在の大鳥居は、8代目で143年前に建てられたものです。

高さは16メートルで、重さが60トンです。

 

 

厳島神社の本殿を参拝

まずは厳島神社を参拝します。

厳島神社の社殿は、平安時代の貴族が住んでいた屋敷と同じ「寝殿造り」という建築様式で海の中に建てられています。

神社の廻廊(廊下)にはわずかなすきまが作られていて、床に海水が上がってきた時に、海の水を逃すような工夫がされています。

また海に浸かっている柱の部分はどうしても傷んできてしまうため、定期的に点検しながら根継ぎという方法で取り替えているそうです。

廻廊を歩いていると、神社の方がアオサを掃除している光景が見られました。

毎日の事なので、大変な作業だと思います。

 

平安時代から現在まで続く高舞台での舞楽

さて手水社でお清めし、海の神様である三女神様をお祀りしている本殿にお参りした後、授与所で御朱印をいただきました。

その後正面の高舞台まで歩いていきます。

こちらの高舞台では、楽器の演奏と共に、舞楽が舞われます。

この場所で平清盛が皇族や貴族を厳島に招き、華やかな行事を行っていました。

厳島神社ではその平安時代の文化を伝える舞楽の行事が現在でも年に何度か行われています。

高舞台はひらけた位置にあり、360度ぐるりと辺りの景色を楽しむことができます。

200メートル先には大鳥居、そして右手には五重塔と千畳閣と呼ばれる豊臣秀吉を祀った豊国神社が見え、本殿の後ろには弥山がそびえています。

その後、絵馬を奉納する菅原道眞公がまつられている天神社と能楽堂の前を歩きながら、出口の方へ向かいます。

 

 

弥山(みせん)頂上へ登山

さて、厳島神社への参拝が終わったら、今度は弥山へ向かいます。

弥山の山頂へはいくつか登山ルートがあり、また山頂途中までは宮島ロープウェイが運行しています。

今回登りはロープウェイを利用します。

厳島神社の参拝出口から宮島ロープウェイ乗り場までは、徒歩で16分ほどの距離です。

出発駅である紅葉谷駅(もみじだにえき)は、紅葉谷公園を通り抜けた場所にあり、公園入口から無料送迎バスも出ています。

案内板が所々にあり、たくさんの人が同じ方向へ向かっているので、歩きでいかれても道に迷わずに乗り場までたどりつけるかと思います。

 

宮島ロープウェイで獅子岩まで

紅葉谷駅へ到着しました。ここからロープウェイを使います。

まずは、紅葉谷駅(もみじだにえき)から8人乗りの客車で、榧谷駅(かやたにえき)まで10分間ロープウェイに乗車します。

途中真下に広がる原始林を眺めながら、上に上にと登っていきます。

標高が535メートルと聞きそれほど高く感じなかったですが、海抜0メートルのところから登るとなると、結構大変そうですね。

紅葉で色づき始めた景色を真上から眺めながら、この距離を歩いて登らずにロープウェイを利用して良かったと思いました。

榧谷駅に到着しました。すぐに乗り換えて、獅子岩駅に向かいます。

今度は大きな30人乗りの客車で、4分の乗車です。

出発してすぐに、ロープウェイの窓から瀬戸内海の絶景が見えてきます。

動画を撮りましたので、良かったらご覧ください。

ロープウェイの進行方向を向いて左側に乗ると写真が撮りやすいです。

 

獅子岩展望台

獅子岩駅に到着後、まずは駅建物の隣にある獅子岩展望台に向かいます。

さきほどのロープウェイから見えた瀬戸内海の景色がさらに目の前に広がり、その眺めに感動します。

点在する島々の近くには、牡蠣の養殖用の牡蠣筏(かきいかだ)が並んでいます。

広島県は牡蠣の日本一の生産量の県ですね。

 

 

弥山山頂への登山

さて、ここから弥山頂上に向かって歩いていきます。

獅子岩駅を出発して、最初に7分下りの道が続き、次に登りが23分と、合計30分ほどの道のりになっています。

下りはあっという間ですが、登りに変わってペースが一気に落ちます。

13分ほどで、弥山本堂と霊火堂(れいかどう)がある広場に到着しました。

弥山は空海(弘法大師)によって開山された山です。

弥山本堂には空海の仏像がまつられていて、向かいにある霊火堂には、消えずの火といって、弘法大師が修行した時に焚いた護摩の火が、千200年間燃え続けています。

広場の上には、鬼の神様がまつられている三鬼堂(さんきどう)という御堂があります。ここではお地蔵さんも少しやんちゃなお姿をしています。

そこから石段をゆっくり登っていくと、周りに大きな岩がたくさん現れて来ました。

不動岩を通り、くぐり岩の手前で、下山する登山者の方達に道をあけて待っていると、もうそこだよと声をかけられます。

 

弥山山頂からの眺め

弥山の頂上に到着しました。

頂上は広く、登山客がたくさんいます。

中央には大きな展望台がもうけられていて、その一番上の階からは360度の絶景が楽しめます。

また展望台の2階は広いテラスになっていて、お弁当をここで食べるには最高の場所です。

今回は飲み物とお菓子で、休憩をとりました。

しばらくのんびりと眺めを楽しんだあとで、下山することにしました。

 

弥山からの主な下山ルートは3つ

弥山本堂がある広場まで戻り、そこから下山のルートが分かれます。

下山ルートは、主に次の3つのコースがあります。

 

  1. 紅葉谷コース 下り50分  (登り1時間半から2時間)
  2. 大聖院コース 下り1時間 (登り1時間半から2時間)
  3. 大元コース  下り1時間半(登り2時間から2時間半)

 

紅葉谷コースが初心者向けで、大聖院は石段が多く、大元コースは原始林の中を歩く長めの道とのことでした。

今回は途中の見晴らしが良いとのことで、大聖院のコースで下りて見ることにしました。

 

大聖院下山コースで下山する

大聖院と大元コースは、霊火堂横のこちらの標識の矢印の方向へ下っていきます。

途中仁王門すぎたところで、再びコースがわかれます。

大聖院コースは、言われている通り、本当に最初から最後まで石段が続いている道のりでした。

ところどころ歩幅が狭い段があるので、転ばないよう気をつけております。

途中、海や厳島神社の赤い大鳥居が見える休憩ポイントがいくつかありました。

遠くに見える鳥居の周りには人が集まっていなかったので、海水が流れはじめてきたようです。

 

 

弥山を下山して再び厳島神社へ参拝

1時間歩き、ゴールの大聖院が見えてきました。

大聖院は真言宗御室派の大本山で、十一面観世音菩薩が安置されていて、戒壇めぐりもできます。

さて、お昼を少し過ぎた13時半頃、厳島神社に戻ってみると、ちょうど海水が神社の境内に流れ込んでくる頃でした。

厳島神社の赤い鳥居

これからどんどん潮が満ちてきて、16時頃には満潮になり、海に浮かぶ神社が見られます。

 

スポンサーリンク

厳島神社の参道で牡蠣づくしの定食ともみじ饅頭を堪能

焼きがきのはやしで牡蠣三景定食を食べる

参道に戻ると、お店が開いていて、たくさんのお客さんで賑わっていました。

ここでランチをとることにしました。

宮島は牡蠣料理が有名なので、牡蠣料理専門店の「焼きがきのはやし」というお店に入り、牡蠣三景定食(2980円)を注文しました。

生牡蠣と焼きガキ、牡蠣ご飯に牡蠣フライと、牡蠣づくしの定食です。

最初に赤い大鳥居の飾りが添えられた生牡蠣が出されました。

生牡蠣のひとつはポン酢と紅葉おろし、もうひとつはすだちをかけていただきました。

甘くてジューシーです。

続いて身がぷりぷりした焼きガキと、牡蠣ご飯にフライが到着しました。

歩いてだいぶお腹が空いていたので、ぺろっと平らげてしまいました。

もっと味わって食べれば良かったかと思いましたが、大満足です。

生牡蠣の味が忘れられず、帰りに参道の別の屋台で、また生牡蠣を注文してしまいました。

2つで400円とお得な値段です。こちらも新鮮で美味しかった。

 

やまだ屋の手焼きもみじ饅頭

次に広島のお土産の定番である、もみじ饅頭のお店、やまだ屋へ寄ってみました。

宮島はもみじ饅頭の発祥の地で、やまだ屋は老舗のもみじ饅頭屋さんです。

こちらのお店では、店頭で宮島のお店限定の手焼きのもみじ饅頭が食べられます。

普通は機械で焼くもみじ饅頭も、職人さんの手で焼かれると見た目は同じですが、食べてみると皮が所カリッとしていて、こし餡がほかほかでトロッと美味しかったです。

何個でも食べられそうで名残惜しいですが、フェリー乗り場に戻り、帰りのフェリーに乗船し帰路につきました。

 

宮島観光の所要時間とまとめ

今回の宮島旅行でかかった所要時間は次のとおりです。それぞれ休憩時間も含めています。

  • フェリー乗船   (15分)
  • 厳島神社に参拝  (40分)
  • 宮島ロープウェイ (40分)
  • 弥山頂上登山   (80分)
  • 下山       (80分)
  • 厳島神社に再度参拝(30分)
  • 参道で食事や買い物(60分)       ↓
  • フェリー帰路   (15分)

 

トータル6時間の宮島旅行でした。

宮島を観光される際、厳島神社の参拝とまたお時間があれば弥山へもぜひ訪れていただきたいと思います。

山頂はいかれなくても獅子岩展望台の景観だけでも素晴らしくおすすめです。

今回は厳島神社と弥山登山を中心に出かけましたが、宮島には他にも参拝・観光名所があり、1日で全部は見切れないほどスポット満載の観光地でした。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

 

宮島周辺のホテル・旅館

 

 

広島県の観光スポット

厳島神社がある広島には、もうひとつの世界遺産があります。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク