宮島で牡蠣の食べ歩き|参道おすすめグルメ

スポンサーリンク
焼きガキのはやし 食べ歩き旅行

広島県は、牡蠣の生産量が日本一の県です。なかでも厳島神社がある島で有名な宮島(みやじま)は、牡蠣の養殖の場として適していることでも知られています。

この記事では、宮島に旅行に出かけた際、厳島神社の参道で牡蠣の食べ歩きをしたときの様子を紹介しています。

 

スポンサーリンク

宮島で牡蠣づくしのランチをとる

焼きがきのはやしで牡蠣三景定食を食べる

厳島神社の参道には、たくさんの牡蠣小屋が並んでいて、いつもたくさんのお客さんで賑わっています。

今回は宮島観光がてら、まずは牡蠣専門店でランチをとることにしました。

宮島で有名な牡蠣料理専門店のひとつ、「焼きがきのはやし」というお店に入ります。そこで人気メニューの「かき三景定食(2,980円)」を注文しました。

かき三景定食は、生牡蠣と焼きガキ、牡蠣ご飯、牡蠣フライと、牡蠣づくしの定食です。

 

赤い大鳥居の飾りが添えられた生牡蠣のお皿

最初に、赤い大鳥居の飾りが添えられた、生牡蠣が出されました。外国人観光客も多いので、このような演出はインスタ映えもして喜ばれると思います。

生牡蠣は3つあったので、ひとつはポン酢と紅葉おろし、もうひとつは、すだちをかけていただきました。とても甘くてジューシーな生牡蠣でした。

 

 

焼きガキにフライと牡蠣ご飯

続いて身がぷりぷりした焼きガキと、牡蠣ご飯にフライが運ばれてきました。焼きガキは、身がプリプリとして、苦味がアクセントな大人な味です。

ここに来る前に、宮島中を歩いてだいぶお腹が空いていたので、カキフライに牡蠣ご飯も、あっというまにぺろっと平らげてしまいました。もっと味わって食べれば良かったかと思いましたが、大満足です。

 

別のお店でも生牡蠣を注文

焼きがきのはやしで食べた、生牡蠣の味が忘れられず、参道にある「焼きがきじゃけぇ〜」という名前の屋台風のショップで、また生牡蠣を注文してしまいました。

焼きがきじゃけぇ〜の生牡蠣は、2つで400円とお得な値段です。こちらも新鮮で、あっという間にお腹の中に入りました。

大ぶりの生牡蠣が格安で食べられるお店は、めったに出会えません。宮島に滞在して、このままずっと生牡蠣を食べ続けたいと思うぐらい、美味しかったです。

 

牡蠣以外の宮島参道グルメ

やまだ屋の手焼きもみじ饅頭

宮島には、牡蠣以外にも美味しい食べ物がたくさんあります。

牡蠣の次は、広島のお土産として定番のもみじ饅頭のお店、やまだ屋へ寄ってみました。宮島は広島の定番のお土産である「もみじ饅頭」の発祥の地で、やまだ屋は老舗のもみじ饅頭屋です。

宮島のやまだ屋本店では、店頭限定で手焼きのもみじ饅頭が食べられます(一皿2個入り200円)。

普通は機械で焼くもみじ饅頭も、職人さんの手で焼かれると見た目は同じですが、食べてみると皮がところどころカリッとしていて、こし餡がトロッとほかほかとしていていました。

手焼きのもみじ饅頭も、いくつでも食べられそうで名残惜しかったですが、帰りのフェリーの乗船時間になってしまいましたので、ここで帰路につくことにしました。

 

 

やまだ屋の桐葉菓(とうようか)も、お土産にすると喜ばれる人気の商品です。

 

 

宮島の牡蠣食べ歩きのまとめ

いかがでしたか?宮島に出かけられた際は、ぜひ宮島の牡蠣やもみじ饅頭を楽しんでくださいね。

毎年2月には、宮島でかき祭りも開催されます。

宮島の厳島神社や弥山の観光の様子は、こちらの記事でも紹介しています。

 

厳島神社の観光所要時間|おすすめの散策ルート
11月の中旬、広島県の宮島(厳島)へ出かけてきました。 宮島は、日本を代表する観光地のひとつで、世界遺産に登録されています。 今回は宮島で厳島神社へ...
弥山山頂から360度の眺めを楽しむ|宮島ハイキング
広島県の観光名所である、宮島(みやじま)の中心には、弥山(みせん)と呼ばれる昔から信仰の対象となっている山があります。 弥山の山頂から広がる瀬戸内海の眺め...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ歩き旅行
このサイトの管理人
ガイドメモ

フリーランスガイドをしています。国内の旅行スポットについて、自分のメモを、記事にて紹介しています。

ガイドメモをフォローする
ガイドメモ